日本語ワードプロセッサ 一太郎2007 日本語ワードプロセッサ 一太郎2007 オフィス統合ソフト JUST Suite 2007
TOPへ > OpenDocument形式に対応

一太郎2007 OpenDocument対応モジュール 精度向上版! 画像、作図など変換対象データが大きく改善されます

一太郎2007 OpenDocument対応モジュールの精度向上版を公開しました。
一太郎2007は、OpenDocument形式に対応しており、一太郎で作成した文書ファイルからデータを抽出したり、追加・変更などの処理ができ、さらに抽出したデータを他のアプリケーションで活用できるなど、ドキュメントの高い再利用性があります。 本モジュールを導入することで、OpenDocument形式で変換できるデータ形式をさらに増やすことができます。

モジュールのダウンロードはこちら

OpenDocumentとは?

OpenDocumentは、XML形式のファイルフォーマットであり、e-ビジネス標準の開発、統合および採用を推進する非営利国際コンソーシアムであるOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)から標準として認証されたロイヤリティ・フリーのファイル形式です。
OpenDocumentにはテキスト(odt)、表計算(スプレッドシート、ods)、プレゼンテーション(odp)、ドロー(odg)、データベース(odb)の各形式があり、今回一太郎が対応するのはodt形式です。
OpenDocument形式は仕様が公開されているため、OpenDocument形式に対応するアプリケーション同士でのデータ交換が容易に行うことができ、アプリケーションを超えたデータの活用が見込まれます。

一太郎2007OpenDocumentフォーマット活用法

XMLの構造は、データの抽出や差し替えが容易なので、ドキュメントからデータを抽出したり、逆にドキュメントのある部分に追加、変更できることが最大のメリットです。
OpenDocument形式ファイルを操作できるようなプログラムを作れば、データを取り出したり、別のアプリケーションで利用することが可能になります。詳しくはこちらをご覧ください。
「こんなことが可能になる!」サンプルでよくわかる活用事例

モジュールのダウンロードについて

本モジュールは「一太郎2007」「JUST Suite 2007」「一太郎ガバメント2007」「JUST Suite ガバメント2007」の製品登録ユーザー様向けにご提供しています。
※ 一太郎2007 体験版は対応しておりません。

ダウンロード方法
下のボタンをクリックして、下記の手順でダウンロードしてください

1. ご使用許諾条件を読み、条件内容に同意してください。

2. 登録済みのUser ID、User ID用パスワードを入力してください。

3. ダウンロードページで、モジュールをダウンロードしてください。

モジュールのダウンロード ご使用条件をお読み下さい
Jライセンスのユーザーはこちらへ>>

変換対象データ
一太郎2007で作成したデータの中から以下のものを、OpenDocument形式で保存することができます。

OpenDocument形式で保存できるデータ
・文字データ ・文書スタイル ・ヘッダー、フッター
・文字飾り、段落飾り(スタイル)
・レイアウト枠(スタイルと飾りへの対応) ・画像枠 ・オブジェクト枠
・図形(オートシェイプ) ・ふりがな(ルビ)の属性 
・ブックマーク(テキストマーク) ・リーダ
※太字は、一太郎 OpenDocument対応モジュール 2.0で新規対応または強化したデータ

インストール後の操作方法
1. OpenDocument形式で保存する方法
(1) 一太郎2007 [ファイル]メニュー − [名前を付けて保存] を選択する。
(2) 保存形式から「OpenDocument形式」を選択し、ファイル名を入力して[OK]ボタンを押す。

「.odt」という拡張子のファイル形式で保存されます。

2. OpenDocument形式のファイルを読み込む方法
(1) 一太郎2007 [ファイル]メニュー − [開く] を選択する。
(2) OpenDocument形式(.odt)のファイルを選択できるようになります。

BACK PAGE TOP NEXT


update : 2007.10.02