Ark SiteFor Developers Arkアーキテクチャ
TOP イベントレポート 関西Javaセミナー

2000.9.8 @富士通・関西営業本部

登場人物プロフィール:
一太郎Ark広報担当。今回のカンファレンスで講演を行った。


2000年9月8日Javaコンソーシアム主催「関西Javaセミナー」が行われました。
大阪での開催は2度目、ぜひ大阪で!という強い要望によって実現しました。
参加者は約100名、申込者のほとんどが出席し、最後まで熱心に受講されました。


富士通様のJavaによるシステム構築事例や手法、日本IBM様のXML概説に引き続き、「Java/XMLにおけるデスクトップ製品の現状と方向性」と題して約35分、Ark、Muffin、Chocoを実際に使いながら解説を行いました。
ArkユーザやMuffinをダウンロードをした方は約20名ほど、またChocoはほぼ全員見たことがないとのことでした。

今回は機能やコマンドを理解していただくことを目的とはしませんでした。
説明資料そのものを現在ArkサイトにあるHTMLデータや既存のExcel、PowerPointデータを読み込んで、HTML4.0、XHTML、XML1.0データとして完成させ、それをArkなど各アプリケーションで見ていただくことで、「使えるツール」であることを実感していただくことを目的としました。

受講者のおひとりから「動作速度が遅い、C言語より表現力がない、日本語処理がまだ貧弱、事例も少ないだからJavaはまだダメと言うのは、新技術から遠ざかりたいが為の言い訳でしかなかった、目が覚めました」とのご意見をいただきました。


いままで首都圏以外では、最新の話題に関してどうしても一歩遅れがちでした。
ですが、インターネットが普及した現状では、地域差は関係ありません。
逆に地方こそ最先端技術に対しどん欲に取り込んで、優位に立つべきではないでしょうか。
そう言った意味でも、ぜひArkやMuffinをソフトウェア研究・開発の良い材料として利用してもらいたいと思っています。


TOP イベントレポート 関西Javaセミナー