ATOKの歩み

1979年
7月
ジャストシステム創業
1981年
 
最初のパソコン用日本語処理システムの開発に着手
1982年
10月
8ビットマイコンの標準OS「CP/M」用日本語処理システム「KTIS」をデータショウで発表
1983年
10月
「KTIS」(「JS-WORD」に搭載)
ATOKの前身-KTIS(ケイティス)誕生。
KTISとはKana-Kanji Transfer Input Systemの頭文字。
先読み単語・熟語変換方式を採用した「JS-WORD」はNECのPC-100にバンドルされた当社開発、ASCII販売のワープロソフト。
1984年
5月
「KTIS2」(「JS-WORD Ver.2」に搭載)
文節かな漢字変換システムを採用。
1985年
2月
「ATOK3」(「jX-WORD太郎」に搭載)
初代ATOK-ATOK3誕生。ATOKは「エイトック」と読む。
Advanced Technology Of Kana-Kanji transferの頭文字。連文節かな漢字変換システム採用により変換精度が飛躍的に向上した。
1985年
8月
「ATOK4」(「一太郎」に搭載)
MS-DOS上の他ソフトに組み込んで使えるようFEP化。一太郎での日本語入力環境を他ソフトでも実現した。
1986年
5月
「ATOK5」(「一太郎Ver.2」に搭載)
自動変換、複合連文節変換、複合単文節変換、一括変換の4つの変換方式を採用。
1987年
6月
「ATOK6」(「一太郎Ver.3」に搭載)
ATOKのAPI(application program interface)を公開。他社のアプリケーションからもATOKを制御して使用可能に。
1989年
4月
「ATOK7」(「一太郎Ver.4」「一太郎dash」に搭載)
EMS(拡張メモリ)にいち早く対応。環境に応じた辞書(S,M,L)、メモリ消費を押さえたサブセット版プログラムを提供。
1992年
1月

ATOK監修委員会発足
ATOK監修委員会設置。
辞書編纂から変換候補の順位付け、AI変換用例など、日本語をコンピュータで扱うための様々なテーマを時代を見据えながら議論し、製品に反映していくための組織として発足。
ATOK8の語彙の選定・表記、AI用例は、この委員会の議論が反映されている。

○初代委員
座長 紀田順一郎
委員 近藤泰弘
委員 栗岩英雄
委員 矢澤真人
委員 高本條治

1993年
4月
「ATOK8」(「一太郎Ver.5」に搭載)
AI変換機能の搭載により、飛躍的に変換効率が向上した。「第3回日経BP技術賞 情報システム部門賞」を受賞。
1995年
1月
「ATOK9」(「一太郎Ver.6」に搭載)
ローマ字入力時のアルファベットの入力ミスや、カナ入力時の濁点・半濁点などの入力ミスを自動修正する自動入力補正機能「JAC」を搭載。
1996年
9月
「ATOK10」(「一太郎7」に搭載)
慣用句や仮名遣いの誤り、ら抜き表現などを入力変換時にリアルタイムで校正する「JUST MEDDLER」を搭載。
1997年
2月
「ATOK11」(「一太郎8」に搭載)
変換確定した単語の意味情報を元に、現在入力中の話題(分野)を抽出し、話題にあった最適な同音語を使い分ける文脈解析変換を搭載。
1998年
9月
「ATOK12」発売(「一太郎9」に搭載)
日本語変換の基本性能を徹底的に見直し、“SuperATOKエンジン”を新たに開発。
文脈解析をさらに強化させ、文中の「それ」や「これ」のさす意味を理解し、より適切な変換候補の提示を可能とした。
1999年
11月
「ATOK13」発売(「一太郎10」に搭載)
漢字や記号のマウスによる手書き入力が可能な「手書き文字入力」、文脈から判断が難しい同音語の使い分けを変換候補窓 に表示する「同音語選択支援」機能を搭載。さらに変換履歴データを参照し、入力する単語を予想してポップアップ提示する「推測変換機能」、指定したファイ ルやフォルダ、クリップボードから未登録語やAI用例を抽出してユーザー辞書に自動的に学習させる「AI辞書トレーナー」機能等により、変換効率・速度が 向上した。
2001年
2月
「ATOK14」発売(「一太郎11」に搭載)
文節区切りの精度アップ、接頭語・接尾語処理の強化、学習による副作用への対応など変換エンジンを強化。
語彙の強化としては、トレンド辞書としてより身近な時事的用語を収録した辞書を搭載。また、人名辞書を追加し、人名の入力支援を行う。
「AI辞書トレーナー」においても強化を行い、メールやWebページを対象とした自動学習が可能になった。
さらにWindows 2000/NTのマルチユーザー環境にも対応し、移動ユーザープロファイルでの利用が可能となった。
2002年
2月
「ATOK15」発売(「一太郎12」に搭載)
多様な日本語表現への対応第一弾として「話し言葉関西モード」を搭載。
慣用表現や専門用語などを収録した省入力データで推測変換を強化し、さらなる入力効率の向上を実現。
候補ウィンドウからドクターマウスの辞書を参照して、単語の意味を確かめる機能を追加し、同音語の使い分けがよりいっそう簡単に。
アプリケーション別に設定を切り替える機能も追加し、入力シーンにあわせたカスタマイズが可能になった。
2003年
2月
「ATOK16」発売(「一太郎13」に搭載)
確定済みの文節に対して同音語の選択誤りを指摘し正しい候補への訂正入力を支援する「フィードバック変換」に対応。
Word/Excelからの単語登録、Outlook Expressのアドレス帳を辞書化、表示中のWebページを学習、Excel関数入力支援ツールなど、Microsoft Officeとの連携機能搭載。
話し言葉だけではなく文語表現への対応も始める。「話し言葉北海道東北モード」「話し言葉九州モード」に対応。
2004年
2月
「ATOK17」発売(「一太郎2004」に搭載)
体感的な変換精度が向上。使用頻度の高い同音語について共起用例を拡充することで体感的な変換精度の向上をはかる。
主にJIS第三・第四水準漢字を含む人名を中心に登録した辞書の追加を行う。
一太郎、WordなどUnicodeに対応したアプリケーション上での人名入力などがより快適に。
「話し言葉中部北陸モード」に対応。
2005年
2月
「ATOK 2005」発売(「一太郎2005」に搭載)
「訂正学習」機能を搭載。入力ミスを修正した結果を記憶しておき、再び同じ入力ミスをしてしまったとき記憶しておいた修正情報をもとに誤りを修復した候補を提示。入力にかかる時間を大幅短縮できるようになる。
謙譲語と尊敬語の混同を指摘するなど、文書作成のサポートを強化。
「話し言葉中国四国モード」に対応。
2006年
2月
「ATOK 2006」発売(「一太郎2006」に搭載)
変換エンジンがさらに向上。不自然な文節区切りになることが少なくなる。
今日、昨日、一昨日、明日、明後日まで、日付時刻の入力が可能。 西暦・和暦の相互変換も対応。
また、「推測変換」機能を強化。
入力した読みから推測変換候補が複数表示され、続けて文字を入力すると絞り込みができる「推測候補モード」も搭載。
「話し言葉関東モード」に対応。全国の主な話し言葉に対応。
2007年
2月
「ATOK 2007」発売(「一太郎2007」に搭載)
「ATOK Lab.(エイトックラボ)」の研究成果を反映した最新の変換エンジン 「ATOKハイブリッドコア」搭載。
前後の文節に応じて変換候補の並び順を動的に制御する最適候補提示機能により、人名の変換などがより快適に。
日付入力パレットを追加し、日付入力支援機能を強化。
Windows Vistaの大きな特徴としてあげられる「JIS X 0213:2004」への対応に合わせ、同音語用例ウィンドウで印刷標準字体・簡易慣用字体の識別情報を表示。
第三・第四水準漢字も手書き文字の認識ができるようになった。
2008年
2月
「ATOK 2008」発売(「一太郎2008」に搭載)
変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」では、機械学習を用いた統計的言語処理を大幅に強化。校正支援機能には、間違いやすい「カタカナ語」の指摘機能を追加。
加えて、複数回の「確定アンドゥ」に対応するなど、利便性も追求。
さらに、新しい機能拡張の仕組み「ATOKダイレクト」を搭載し、ATOKからWeb上の情報を活用できるツールとしても進化した。
2009年
2月
「ATOK 2009」発売(「一太郎2009」に搭載)
変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」の進化で、より自然な変換が可能になり、校正支援には、四字熟語の誤りを指摘する機能を追加。「文語モード」の強化で、表現力豊かな文章作成を支援する。
また、日本語入力だけにとどまらず、英語入力支援機能を搭載し、英文入力の際に英単語を推測表示したり、リアルタイムで英単語のスペルチェックを行ったりできるようになった。
2010年
2月
「ATOK 2010」発売(「一太郎2010」に搭載)
変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」は文脈処理の強化で同音語選択の変換精度を高め、カタカナ語の入力支援、校正支援の重ね言葉の指摘が加わった。
英語入力支援機能では、推測入力の精度向上やスペルチェック機能を強化により目的の単語を見つけやすくなった。
2011年
2月
「ATOK 2011」発売(「一太郎2011 創」に搭載)
変換した結果に合わせて変換モードを切り替える「スマートモードチェンジ」、入力のクセにあわせた入力支援や校正支援"敬語"の指摘機能を大幅強化した。
変換候補・推測候補の選択ウィンドウの操作性もアップ。
加えて、設定したRSSフィードからフレーズを抽出する「おまかせキーワードチャージャー」を搭載。ATOK Sync アドバンスのサービス開始。
2012年
2月
「ATOK 2012」発売(「一太郎2012 承」に搭載)
推測変換を全面刷新し「ASエンジン」を導入。変換精度だけでなく、推測変換で表示する候補の精度が格段に向上。
校正支援も変換前に指摘できるようになり、入力し直すことが減少。
また、ATOKキーワードExpressのサービスを開始。キーワードの自動更新で日々かしこくなります。
監修委員
座長 紀田順一郎
委員 高本條治
委員 鳥飼浩二
委員 井島正博
委員 荻野綱男
2013年
2月
「ATOK 2013」発売(「一太郎2013 玄」に搭載)
Windows 8の登場に合わせ、タッチキーボードでも通常のキーボードを使ったタイピングでも、普段使いの言葉を快適に入力できるツールへ進化。
スペースで変換せずそのまま文字を確定した場合まで、恥ずかしいミスを未然に防げる入力ミス補正を搭載。
また、入力中に使える電子辞典検索機能を拡張し、Web上においた辞典で意味の検索できるサービスを開始。
2014年
2月
「ATOK 2014」発売(「一太郎2014 徹」に搭載)
日本語オフで入力してしまった文字列を変換したり、誰にでも伝わりやすいカナカナ語の「言い換え表現」の提案、桁数の多い数値を入力するときに間違えにくい「漢数字」をコメント表示する数値入力ナビゲートなど、ストレスフリーの入力環境を提案。
パソコン性能に応じて「アクセルモード」を自動的に最適化。さらなるスピードが加わった。
クラウドに推測変換の辞書をおき、大規模な推測候補の提供を開始。
2015年
2月
「ATOK 2015」発売(「一太郎2015」に搭載)
入力を先回りする推測変換を、次から次へと続けて候補表示するように大幅変更。変換辞書には、ご要望の多い理工学・法律・人文科学の専門用語を大幅に拡充。
また、意味の似たことばを探せる連想変換機能は、一覧性が向上。
クラウドを経由して、後方一致のことばまで探し出して入力できる「ナントカ変換」を開始。前方一致の推測変換とあわせて、今入力したいことばをすばやく見つけ出せるように。
2016年
2月
「ATOK 2016」発売(「一太郎2016」に搭載)
場面にふさわしいことばを参照先から優先的に表示する「ATOKインサイト」、手の位置のずれまでも補正できる補正して変換できる「ATOKタイプコレクト」を導入。
また、入力中だけでなく閲覧中にもATOK連携電子辞典を便利に使えるように拡張。
2017年
2月
「ATOK 2017」発売(「一太郎2017」に搭載)
変換エンジンを10年ぶりに刷新。ディープラーニング技術を取り入れた新変換エンジン「ATOKディープコアエンジン」で、変換・推測変換性能の底上げを実現。
日本語オフのままで入力した場合の文字列操作も、日本語のようだと判断したときだけ操作ガイダンスを提示するように改善。