変換辞書をめぐるFAQ

Q「打ち合わせ」と「打合せ」、送り仮名はどちらを使えばよいのでしょうか。
A

ATOKの標準辞書や変換プログラムは、内閣告示「送り仮名の付け方」(昭和48年6月18日)を規範として、そこから著しく逸脱しない範囲で可能な限り送り仮名の設定を行っています。この例では、「打ち合わせ」が「送り仮名の付け方」の本則、「打合せ」が許容に対応しています。一般的には、〈本則〉に従う方が無難だと思われます。

なお、ATOKの設定は、初期設定が〈本則〉="本則"に設定されており、〈許容〉のうち少なく送る方を"省く"として設定を変更することができます。なお、〈許容〉には、下記解説 Bのように一部多く送ってもよいものがあるため、"送る"という設定を用意しています。

ジャストシステム

解説

「送り仮名の付け方」でいう〈本則〉とは、送り仮名の付け方の基本的な法則のことで、

(1) 活用のある語は、活用語尾を送る
(2) 活用語尾以外の部分に他の語を含む語は、含まれている語の送り仮名の付け方によって送る
(3) 派生・転成語はもとの語の送り仮名の付け方によって送る
(4) 副詞・連体詞・接続詞は最後の音節を送る
(5) 複合語は単独の語の送り仮名によって送る

などのことをいいます。

一例を示すと、「動く」「浮く」が (1) による本則、(1) の送り方から導かれる「動かす」「浮かぶ・浮かべる」が (2) による、「動き」「浮き」「遠く(←遠い)」「大きさ(←大きい)」などが (3) による、「必ず」「去る」「及び」などが (4) による本則の送り方。(5) に属する本則として、「書き抜く」「打ち合わせる」などがあります。

〈許容〉とは、慣用として行われるもので、本則以外にこれによってもよいものをいい、
A) 誤読のおそれがない限り本則の送り仮名を省いてもよいもの
B) 本則よりも多く送ってもよいもの
とがあります。
A) として「書抜く」「打ち合せる・打合せる」「入江(←入り江)」「雨上り(←雨上がり)」などが、B) として「表わす(←表す)」「行なう(←行う)」などがあります。B) はごく少数の語に限られています。

一般には、「書き抜く」対「書抜く」、「打ち合わせる」対「打ち合せる」「打合せる」の場合、多く送る送り方が〈本則〉に従っており、少なく送る送り方が〈許容〉を優先していることになります。新聞・放送・雑誌・教科書のほか、書籍でも、今は一般に〈本則〉に従い記述されています。〈許容〉は、かなり盛んに使用される時期もありましたが、昭和48年に「送り仮名の付け方」が施行されてからは、衰勢の一途をたどっています。今では、法令と公用文が、一部の名詞に限って行っているにすぎません。

〈本則〉に従うと、語形が長くなる(ひいては、表現が締まらない)という欠点がありますが、誤読・難読が回避できるうえに、表記が簡素化されて、書きやすくなるという長所をもっています。一方、〈許容〉を優先すると、許容に従う一つ一つの語を取り決めるとともに、その一つ一つを覚えていなければならないという問題があって、〈本則〉に比べると、かなり高級かつ面倒な送り方となっています。その意味では、初心者には、〈本則〉がおすすめでしょう。

「送り仮名の付け方」は「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送など、一般の社会生活において、「常用漢字表」の音訓によって現代の国語を書き表す場合のよりどころ」であり、「科学・技術・芸術その他の各種専門分野や個々人の表記」に強制力はないため、ATOKでは、送り仮名の選択はユーザーにゆだねられています。しかし選択に当たっては、上に説明したような事情も考慮に入れて、〈私は本則に従う〉というように、ふだんから自分の従う立場を決めておくのがいいと思います。とはいえ、そのときどきの事情に応じて、読み手のことも考えて、自らの表現意図に合ったものを適宜使い分けることが必要になる場合もあるのではないかと思います。放縦に流れない範囲での柔軟さはいつの場合でも必要ではないでしょうか。

ジャストシステム・ATOK監修委員会

FAQ一覧へ