変換辞書をめぐるFAQ

Q「舌鼓」が、「したづつみ」で登録されるなど、間違いだと思われる読みで登録されている場合があるようです。「したつづみ」だけで登録すべきではありませんか。
A

ATOKでは「したづつみ」を〈誤用〉とはみなさず、〈慣用〉形、あるいは、〈俗用〉形と考えています。標準辞書の登録方針として、表記形の選択が広くお客様の表現意図にゆだねられるよう、多くの場面で〈慣用〉〈俗用〉と呼ばれているものも登録しています。また、一般には〈誤用〉とみなされている読みも、適宜、お客様の注意を喚起する注記を表示したうえで、変換するようにしています。

ジャストシステム

解説

誤用か正用かの判断は難しく、簡単には断定できませんが、「舌鼓」の場合、ATOK監修委員会としては、正式の形として「したつづみ」があり、慣用的な俗用形として「したづつみ」があるという立場をとっています。

「したづつみ」は誤用から生じた語ですが、日本の代表的な国語辞典でこれを〈誤用〉とするものは1冊もありません。このことから見ても、ATOKが、「したつづみ」でも「したづつみ」でも変換できるということは、むしろ理にかなったことだと思われます。

「したつづみ」は、「舌」+「鼓(つづみ)」からなる語です。これがかりに連濁を起こすとすると、下接の「つづみ」の部分が「づづみ」となって、「したづづみ」という語形が成立するはずですが、現実にはそうはなりませんでした。これは、「つづみ」のように、下接部に濁音を含む語は連濁を拒絶する性質があるために、「したつづみ」の形で、清音のままとどまったという次第なのです。これは、ごく普通の現象で、「あわせ+かがみ」「かすり+きず」などが、「あわせががみ」「かすりぎず」とならないのと同じです。ライマンの法則といわれるものですが、すでに江戸時代に本居宣長の指摘があります。

一方、俗用形あるいは慣用形といわれる「したづつみ」をみると、「つづみ」の「つ」と「づ」が入れ替わった形になって、「したづつみ」が成立していることが分かります。もとの形を修正までして成立する連濁などは正式の連濁ではないというわけで、成立当初は誤用とされたものでしょうが、「したづつみ」には、発音のしやすさという長所があります。この長所が支えとなって、徐々に市民権を得て、今日の、〈慣用〉の認定を得たものと思われます。

「他人事」を「たにんごと」と読む場合も、巷間ではしばしば〈誤用〉とされることがありますが、国語辞典では〈慣用〉〈俗用〉と認めるのが一般的です。ATOKもその立場をとって、「ひとごと」でも「たにんごと」でも変換できるようにしています。

なお、正真正銘の〈誤用〉と考えられる「ふいんき」などについては、《雰囲気「ふんいき」の誤り》というメッセージを出して、誤用を指摘して入力者の注意を喚起するとともに、変換の効率を高めることも心がけています。実際に打鍵して、いろいろなケースを試してみてください。

ジャストシステム・ATOK監修委員会

FAQ一覧へ