PRODUCTS

[ 製品情報 ] > [ ワープロ・日本語入力 ] > [ 速攻!翻訳マスター ]








日英・英日翻訳ソフト

速攻!翻訳マスター



速攻!翻訳マスター

一太郎・ATOKにベストマッチ!
高精度の日英・英日翻訳ソフト新登場!
「ビジネス文書を英訳しなくちゃいけない」「辞書を引かずに英語の言い回しが分かればいいのに」─こんな時、大活躍するのが「速攻!翻訳マスター」です。
一太郎文書をそのまま翻訳したり、ATOKで入力している日本語を英文に変換できたりと、一太郎・ATOKとの連携が万全です。英日・日英翻訳共に高精度の翻訳エンジンを採用し、翻訳がより手軽で身近になりました。

*本製品は販売終了しました。最新の製品情報はこちら
 (掲載情報は2004年2月時点のものです)




特長/機能紹介

日英・英日ともに高精度の翻訳を実現
日英翻訳は、32万語の辞書を搭載し、構文解析だけでなく意味解析での翻訳を行うことで高精度な翻訳を可能にしました。
英日翻訳では、23万5千語の辞書を搭載し、英英→英日→日日と独自の3段階処理を行うことで高精度の翻訳を実現しました。
※日英翻訳:ブラザー工業株式会社製、英日翻訳:シャープ株式会社製を搭載


一太郎文書をまるごと翻訳
一太郎文書を翻訳すると、翻訳結果を同ファイル内に新シートとして追加し、元文書と翻訳文書の比較を行うことができます。文字飾りやレイアウトも引き継がれるので、英文のビジネス文書を手軽に作成することができます。カーソル位置の段落のみの翻訳も可能です。


ATOKで入力した文章がそのまま英文に
ATOKで入力した日本語が、変換すると同時に英文に翻訳されます。ちょっとした英語表現を調べる時などに大変便利です。同音異義語の候補が複数表示されているときも、候補を選択すれば英語が表示されます。


ホームページやメールも翻訳
Internet Exprolerで閲覧している英文のホームページを翻訳して、日本語で閲覧することができます。OutlookやOutlook Expressのメールを翻訳することも可能です。


他アプリケーションとの連携も万全
「Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)」文書を、元のレイアウトを保ったまま翻訳することができます。また「Adobe Acrobat」「Acrobat Reader」との連携でPDFファイルを翻訳することも可能です。

製品構成

日英・英日翻訳ソフト「速攻!翻訳マスター」
価格
速攻!翻訳マスター
 希望小売価格:14,800円(税別)


速攻!翻訳マスター
動作環境
OS
Windows(R) XP Home Edition/Professional
Windows(R) Millennium Edition
Windows(R) 98
Windows(R) 2000 Professional
Windows NT(R) 4.0
※上記各OS日本語版に対応します。
CPU
・Windows XPの場合 PentiumII 300MHz以上
・Windows Me/98/2000/NTの場合 Pentium 200MHz以上
メモリ
・Windows XPの場合 128MB以上
・Windows Me/98/2000/NTの場合 64MB以上
ハードディスク必要容量
・約85MB
対応アプリケーション
・一太郎13、ATOK16
・Internet Explorer 5.0/5.5/6.0
・Microsoft Word 97/98/2000/2002
・Microsoft Excel 97/2000/2002
・Microsoft PowerPoint 97/2000/2002
・Microsoft Outlook 2000/2002
・Adobe(R) Acrobat(R) 4.0/5.0
・Adobe Acrobat Reader(R) 4.0/5.0

その他
*速攻!翻訳マスター のご購入後のサポートは、ブラザーコールセンターで受け付けます。
提供媒体
・CD-ROM




企画・販売:株式会社ジャストシステム
開発:ブラザー工業株式会社
*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*「一太郎」「ATOK」は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
*Pentiumは米国インテル社の登録商標です。
*Microsoft、Windows、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
*Adobe、Acrobat、Acrobat ReaderはAdobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は、各社の登録商標もしくは商標、または弊社の商標です。



< BACK << HOME



update : 2004.04.05