PRODUCTS
[ 製品情報 ] > [ ワープロ・日本語変換ソフト ] > [ 一太郎12 ]








インテリジェントドキュメントプロセッサ

一太郎12



一太郎12

情報が一太郎に集まりだした!
日本語と蓄積された情報がドキュメントを切り札にする。
一太郎は、単なる表現ツールだったワープロから、インテリジェントドキュメントプロセッサへと進化しました。 もはや、個人の中にあるイメージやアイデア、日本語力だけでドキュメントの作成を完結させたのは昔の話。 インテリジェントドキュメントプロセッサ「一太郎12」は、インターネット上の情報やパソコンが持つ辞書情報や日本語力などをも味方にし、ドキュメントのクオリティと作成スピードを圧倒的に向上させるソフトです。

※この製品は販売終了しました。最新バージョンはこちら



特長/機能紹介

一太郎の日本語力が自己表現力を最大化
一太郎12は「恥をかかない日本語力」搭載。要の日本語入力は「ATOK15」。かしこい変換と省入力機能強化により入力効率を大幅にアップします。その他、文書チェック機能や定型文挿入機能などの日本語機能が冴えています。


「知識」が集まる!!文書にアイデアと説得力
「ナレッジウィンドウ」が情報の窓口として機能強化。史上最大のデータベースであるインターネットの情報やパソコンが持つ辞書情報、そしてインターネットディスク上のファイルを映し出し、知的文書作成を可能にします。


情報をレイアウト。アイデアをデザイン。
集めた情報や自分のイメージやアイデアをビジュアル化する新機能を多数搭載。ホームページ上の情報をドラッグ&ドロップで、引用元を明確にしながら文書に貼り付ける「ネットレポート」。表計算ソフトのように表枠でセル計算が出来る「表枠計算」機能。など


進化し続けるインターネットディスク!
進化し続けるオンラインストレージサービス「InternetDisk」に、さらに新機能が追加。新機能「リモートリリース」で、外出先で受けた資料送付の依頼も、携帯電話からInternetDiskを操作して簡単に処理できます。


高度な技術は全て"使いやすい" のために
ナレッジウィンドウに、利用した機能の履歴を表示する「コマンド履歴」。話し言葉で、一太郎の操作を問い合わせる「自然言語ヘルプ」。その他「桁数表示」「マルチワークシートビュー」「環境ファイルマネージャー」など、ユーザーニーズを反映させた便利な機能を多数追加しました。

製品構成

インテリジェントドキュメントプロセッサ
「一太郎12」

日本語変換ソフト「ATOK15」

インターネットメールソフト「Shuriken 2.2」

ネットワーク対応スケジュールソフト「Sasuke 2.1」
価格
標準価格:
 希望小売価格:20,000円(税別)
キャンペーン版 *12万本限定
 希望小売価格:9,800円(税別)
キャンパスキット(*1):
 希望小売価格:8,000円(税別)
バージョンアップ版
 希望小売価格:8,000円(税別)
(*1)中学生以上の生徒・学生および、小学校以上の教職員の方対象。

一太郎12

動作環境
OS
・Windows(R) XP Home Edition/Professional
・Windows Millennium Edition
・Windows 98
・Windows 2000 Professional(Service Pack 2以上)
・Windows NT(R) Workstation 4.0(Service Pack 6a以上)
※上記各OS日本語版に対応します。
※Windows 95では利用できません。
※ATOK15で音声入力する場合は、Windows NTは動作保証外です。
CPU
・Windows XPの場合 300MHz以上
・Windows Meの場合 Pentium(R)150MHz以上
・Windows 98の場合 Pentium以上
・Windows 2000の場合 Pentium133MHz以上
・Windows NTの場合 Pentium以上
※ATOK15で音声入力する場合は、Pentium ll 333MHz以上必要です。
メモリ
・Windows XPの場合 128MB以上
・Windows Meの場合 64MB以上
・Windows 98の場合 32MB以上
・Windows 2000の場合 64MB以上
・Windows NTの場合 40MB以上
※ATOK15で音声入力する場合は、Windows XPでは256MB以上、Windows Me/98では64MB以上、Windows 2000では96MB以上必要です。
ハードディスクの必要容量
・最小 145MB以上
・標準 310MB以上
・すべて 360MB以上
※ サンプルファイルをハードディスクにコピーして利用する場合は、別途40MB以上必要です。
※ATOK15の音声入力で、語彙を追加したりエンロールを行うと、さらに追加の空き容量が必要になります。
※ お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。
ATOK15音声入力:
音声入力するには、お使いのOSに対応した音声認識ソフトが別途必要です。
・対応音声認識ソフト
ViaVoice for Windows, Premium/Pro USB/Standard Version 9 日本語版、 ViaVoice for Windows, Premium/Pro/Standard Version 8 日本語版、 ViaVoice Pro USB/Pro/Standard ミレニアム 日本語版、 SmartVoice(Ver4.0) i/cに対応しています。 (ViaVoiceはJ-Editionを含みます。)
※ 音声認識ソフトの動作環境は上記の内容とは異なります。  音声認識ソフトのパッケージやホームページなどをご覧ください。
・音源/マイクロフォン
お持ちの音声認識ソフトに準じます。
※より高速のプロセッサを使用したり、メモリを追加すると、パフォーマンスが向上します。
日本語入力システム
・日本語変換ソフト「ATOK15」搭載。お使いのOSに対応した他の日本語入
 力システムも利用可能です。




*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*「花子」「一太郎」「Shuriken」「Sasuke」は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
*Pentiumは、米国インテル社の商標または登録商標です。
*Microsoft、Windows、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は、各社の登録商標もしくは商標、または弊社の商標です。



update : 2004.04.05