特長1:Windows Vistaにマッチした、新インターフェース
特長2:ATOK Lab.の研究成果を反映した最新の変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」
特長3:ビジネスに役立つ辞書・辞典・文例を収録
その他の特長を見る

発売日
123

特長・機能紹介

開発者からのメッセージ

動作環境・製品構成

価格



関連製品

ATOK 2007 for Windows

関連サイト

日本語パワーアップサイト「ATOK.com」


※本製品は販売終了しました。最新バージョンはこちら。
 (掲載情報は2008年2月時点のものです)

特長1 Windows Vistaにマッチした、新インターフェース
新しいオペレーティングシステムへの対応に合わせて、ATOKのユーザーインターフェースを見やすく、美しく変更しました。また、新たにWindows Vista搭載されるフォントの「JIS X 0213:2004」対応に合わせ、表示可能になった漢字が選べるようになります。
※「JIS X 0213:2004」対応のフォントを使用していない環境においては、正しく表示されない場合があります。
※Unicodeに対応していないアプリケーションでは、正しく表示できない場合があります。


■新しいインターフェース
新しいインターフェース
●Windows XPでも同様に見やすく、読みやすくなります。

■JIS X 0213:2004対応
屏風 <環境依存文字:屏>

特長2 ATOK Lab.の研究成果を反映した最新の変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」
ATOKがバージョンを経るごとに磨いてきた伝統的なアルゴリズムをバックボーンとするかな漢字変換エンジンに、最先端の自然言語処理研究チーム「ATOK Lab.」から生み出された日本語処理技術の研究成果を組み合わせた、強力なかな漢字変換エンジンです。
ATOKハイブリッドコアによる変換例
「ATOK Lab」

特長3 ビジネスに役立つ辞書・辞典・文例を収録
「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」「『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例」「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.2」の3タイトルを収録。いずれもビジネスでATOKをお使いの方に役立つモノばかりです。

■会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK
会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK

※東洋経済新報社『会社四季報 2007年1集』の上場企業名を登録しています。

■『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例
『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例

■明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.2
明鏡国語辞典 ジーニアス英和/和英辞典 /R.2

特長4 同音異義語の指摘でミスを防止
印象が似ている同音語を持つ単語を変換したとき、よく似た同音語を提示して注意を喚起しつつ、別の同音語を選択しやすくしました。

■同音語の使用ミスを事前に防止

特長5 最新用語を一発変換
人事や経理で利用される用語、証券取引に関する用語、海外地名や時事用語を拡充しました。
変換例

特長6 より精度の高い変換候補を表示
前後の文節から、候補ウィンドウに表示される候補順を動的に切り替えます。

■動的候補の並び替え
動的候補の並び替え

特長7 日付入力を思い通りに
日付入力支援機能を大幅強化。お客様のご要望にお応えし、さらに機能向上を図っております。入れたい日にちを確認しながら入力できる「日付入力パレット」追加を追加しました。

■日付入力・カレンダーパレット
日付入力 カレンダーパレット

特長8 駅名や路線などが検索できる「乗換案内 駅名変換辞書 for ATOK」搭載!
ジョルダン株式会社の「乗換案内」に収録されている駅名データをベースにした、駅名変換辞書が新登場。正確な駅名を入力できる変換辞書、うろ覚えの駅名を最初の数文字入力するだけで表示する省入力データ、駅についての詳細情報を電子辞典として表示することが可能です。
※収録データ:ジョルダン株式会社『乗換案内 2006年12月』の駅名を登録しています。

■乗換案内 駅名変換辞書
乗換案内 駅名変換辞書


開発者からのメッセージ
ATOK製品開発部 竹原宗生

「ATOK 2007」はバージョンを重ね、今年で"20"という区切りの製品を開発することができました。
従来の変換エンジンに「ATOK Lab.」での研究成果を組み合わせた「ATOKハイブリッドコア」を搭載し、シンプルでありながらWindows Vistaのリッチなグラフィック環境にも自然にとけ込む新しいユーザーインターフェースデザインを採用しました。
最新のOSにも対応した新時代の日本語入力システムをぜひ手にとってお使いいただきたいです。


123


update : 2008.02.10