特長

外部データベース連携
(基幹システムと直接連携)

基幹システムなどの外部データベースとの直接連携も、UnitBaseはノンプログラミングで設定できます。
取り込み時には、データ加工処理(クレンジング)ができ、取り込みスケジュールの定期実行や差分更新なども可能です。

※本機能は、Enterpriseライセンス専用機能です。

連携モデル

  • 01 基幹システムの情報補完

    アクセスに制限の多い基幹システムから、情報システム部門側が許可したデータを、定期更新で利用可能。 一般メンバーが利用しやすいサブシステムをかんたんに構築できます。

  • 02 マスターデータの更新取り込み

    各部門の更新した情報をUnitBaseに取り込み、業務にすぐ反映できます。 スケジュールに沿った自動更新ならば、常に最新情報の利用が可能。 信頼できるデータを参照したシステムが構築可能です。

対応データベース

  • Microsoft SQL Server 2012 / 2014 / 2016 / 2017 / 2019
  • ORACLE Database 11g / 12c / 18c / 19c
  • PostgreSQL*  9.5 / 9.6 / 10 / 11 / 12
  • MySQL* 5.6 / 5.7 / 8.0
  • *2021年3月より提供予定。

社内の「やりたい」ことを、
リードタイムなしで実現する。

現場と情報システム部門のチカラを最大限に引き出す
ノンプログラミングでできる業務改革ソリューション