UnitBase ホワイトペーパー

あらゆる決裁をデジタル化するUnitBase活用術

企業活動のDXを推進しようにも、「紙を使った決裁ワークフロー」がボトルネックとなり、思うようにいかないケースは少なくありません。

本資料では、決裁ワークフローの完全デジタル化のポイントをご紹介します。

バックオフィス業務担当者のためのDX入門

これからのビジネスを大きく変える概念として、デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めています。DXと聞くと「loTやAlなどの先端技術を用いて売上を伸ばす」といったイメージもあるかもしれません。しかし実は、バックオフィスを中心とした業務フローの改善にこそ大きな効果があります。

本資料では、バックオフィス業務でDXを実現するための2大ポイントをご紹介します。

864人中35人が"ひとり情シス"
少数情シスのための業務効率化ガイド

UnitBaseは社内からのスキマ業務を多岐にわたって効率化するシステム開発プラットフォームです。
プログラミングいらずで開発工数を大幅に削減します。
基幹システムではカバーしきれないスキマ業務に対応するため、多くの現場で期間を補完する小規模なシステム(=サブシステム)が用いられています。

「現場ニーズ対応型」とは何か?「現場ニーズ対応型」に見られる3つの課題とは?わかりやすく解説しています。

新型コロナ禍にスピード対応したUnitBase活用事例2選

新型コロナの感染拡大を受けて、リモートワークの情報環境整備が間に合わず休業や自宅待機を強いられた企業は少なくありません。一方で、新しい状況に対応した情報システムを迅速に構築し、事業を継続できた企業もありました。

本資料では、ノンプログラミングWebデータベースソフト「UnitBase」を用いて新型コロナの難局に対応した事例をご紹介しています。

便利で不便なExcelを脱却するUnitBase

ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、バックオフィス領域におけるデジタルトランスフォーメー ション(DX)の実現がどの企業にとっても重要な課題となっています。
従来はExcelをはじめとする表計算ソフトがさまざまな役割を担ってきましたが、これからのDX時代、Excelヘのこだわりはむしろ業務変革の妨げとなります。

本資料ではExcel頼みの落とし穴と、UnitBaseに代替する方法・メリットを解説します。

Accessを“使い続ける”課題やリスクを
スッキリ一掃脱Access成功事例6選

データ周辺業務で活躍する「Access」。しかし、利用しているバージョンは古いものも多い実情がAccess利用者1101名に調査したところわかってきました。便利に使えるソフトであるからか、惰性で使われているような側面もありそうです。
そしてついに、Windows7のAccessも含まれたOffice2010は2020年10月13日に延長サポートが終了します。セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、大きなリスクを抱えることに。今、システムのリプレースをどうするかという「2020年問題」が話題になっています。本資料では脱Accessし、企業課題を解決した6社の事例を紹介します。
ぜひダウンロードしてご覧ください。

新型コロナに負けない情報共有のケーススタディ

わずか2時間でサンプル提示、8日後に全国で運用開始!
コロナの業務影響を素早く共有

UnitBaseを導入いただいた「株式会社竹中工務店様」の成功事例をご紹介いたします。

リモートワークにおける情報共有のケーススタディ

半日でシステム作成できたから
導入から2週間でリモートワーク利用を実現

UnitBaseを導入いただいた「ヤンマー舶用システム株式会社様」の成功事例をご紹介いたします。

情報資産を損なわずにリモートワークを実現する
UnitBaseの使い方

社会情勢の変化に伴い、リモーとワークを導入する企業が急速に増えている昨今。
リモートワークを円滑に実施するためには、情報共有やタスク状況の把握を徹底して行う必要があります。

本資料では、リモートワークを成功させるUnitBaseの活用方法を解説します。リモートワークの環境整備に苦慮している情報システム担当者、特にセキュリティポリシーなどの事情でクラウド型システムを使用できない方は、ぜひご一読ください。

「情シス頼み」から卒業しよう!現場で業務システムを開発するメリットと注意点

これまで企業システムの多くは、情報システム部門が中心となり開発・管理されてきました。しかし業務の情報が進んだことで情シスの負担も増え、現場が求めるシステム開発・改修が遅れるケースも増えてきました。
そうした中、クラウドやノーコードツールといった導入ハードルの低いサービスが登場し、現場部門が自らシステム開発をすることが可能に。実際、IT先進国のアメリカでは「現場主導のシステム開発」が急速に進んでいます。

本資料では、情シスの負担を軽減しつつっ各種業務のシステム化を実現する「現場主導のシステム開発」について解説しています。

働き方改革を推進するUnitBaseの活用法

働き方改革が本格始動し、企業は「時間」や「場所」にとらわれない多様な働き方を受け入れていく必要があります。しかし多様な働き方の実現に欠かせない、業務システムの改修・開発コストが障害となり、改革が進まないケースも少なくありません。

そうした事態を防ぐべく、本資料では働き方改革をスムーズに進めるためのポイントと、改革を支援するUnitBaseの活用方法を紹介します。

成功事例10選付
~属人性ゼロ改革推進のための教科書~

「働き方改革」関連法案が施行され、業務効率化が企業の必須課題に。そしてその主役は情報システム部門によるITを使った生産性向上です。
しかし「情シス部門に何ができるのか?」「人員が足りない」「業務の属人化に危機感がある…」今回はそんな悩みを抱え、考ながら、戦っている情シスのための教科書になっています。さらに本ホワイトペーパーでは改革を実現した企業事例を10件、まとめてご紹介。

ぜひダウンロードしてご覧ください。

社内のスキマ業務を効率化する
UnitBase活用ガイド[基礎編]

基礎システムではフォローしきれない社内のスキマ業務を埋めるため、顧客や案件、問い合わせなどの情報管理に、基幹とは異なる小規模なシステム(=サブシステム)を活用する現場が目立ちます。
しかしサブシステムの乱立はトラブルのもとになりやすく、頭を悩ませている情報システム担当者も多いようです。
そんな企業におすすめなのが、ノンプラミング型のシステム開発プラットフォーム「UnitBase」です。

本資料では、現場と情シスの業務を効率化するUnitBaseの有用性を解説。情報システム部門の体制や方針に合わせた社内展開パターンもご紹介します。ぜひダウンロードしてご覧ください。

社内のスキマ業務を効率化する
UnitBase活用ガイド[情シス主導トップダウン型編]

サブシステムを活用する現場が増えていますが、無秩序な導入はトラブルのもと。情報システム部門の体制や方針に合わせて、社内展開する必要があります。

「情シス主導のトップダウン型」とは何か?「情シス主導のトップダウン型に見られる課題」とは?そして、その課題解決に適したツールは何か?

「情シス主導のトップダウン型」を社内展開する際に気をつけるべきポイントとともに解説します。

社内のスキマ業務を効率化する
[現場ニーズ対応型 編]

UnitBaseは社内からのスキマ業務を多岐にわたって効率化するシステム開発プラットフォームです。
プログラミングいらずで開発工数を大幅に削減します。
基幹システムではカバーしきれないスキマ業務に対応するため、多くの現場で期間を補完する小規模なシステム(=サブシステム)が用いられています。

「現場ニーズ対応型」とは何か?「現場ニーズ対応型」に見られる3つの課題とは?わかりやすく解説しています。

超高速開発ツールとは?
内製力を高め“攻めの情シス”を生み出すUnitBase

社内情報システムをめぐる課題は超高速開発ツールを活用することで解決できます。超高速開発ツールとは、システム開発において主に基本設計~単体テストのプロセスを省略し、生産性向上やコスト削減に効果を発揮するソフト。
その名の通りシステム開発のスピードを高速化し、内製力を高めます。 情シスは現場の要望に素早く応えることも、事業においてより積極的な役割を担うことも可能になり攻めの情シスへ。
気になる導入効果やさまざまな製品がある、超高速開発ツールを3つのタイプに
分けてそれぞれの特徴をご紹介、ぜひダウンロードしてご覧ください。

「スマート自治体」を
推進するUnitBaseの導入メリット

スマート自治体とは、 総務省が労働者不足を補うべく推進している施策です。
高齢者人口がピークを迎えても、自治体が持続可能なかたちで行政サービスを提供し続け、住民福祉の水準を維持するために提唱されています。具体的には、職員は職員でなければできない業務に注力し、事務作業はAI等に代替して事務処理を行える自治体を指しています。
とはいえ、いきなりAIやRPAを導入しても、すんなりと作業を切り替えられるものではありません。なぜなら基幹システムではカバーしきれないスキマ業務をExcelやAccessで埋めている現場が多く、属人化問題が生じているからです。そんなときは、属人化した業務を標準化 することから始めましょう。

本資料では、スマート自治体の下地をつくるUnitBaseの導入メリットを解説いたします。ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

現場の業務効率を底上げするUBの活用法
「製造業編」

「図面を効率よく管理したい」「在庫状況をリアルタイムに把握したい」などなど、製造業界では、社内各署で業務改善に役立つシステムの導入を求める声があります。
一方で、会社独自のルールや慣習に則った特殊なフローも多く、「自社に適したシステムが見当たらない」「新たにシステム構築する余裕がない」といった事情から、現場部門の求めになかなか応えられない情シス担当者も少なくありません。
まずは、現場部門と情シス部門のそれぞれが抱える悩みや事情をご覧ください。

現場の業務効率を底上げするUBの活用法
「サービス業編」

サービス業といえば、市場に合わせて磨き上げた独自性の強い業務をもつ企業が多く、自社の業務にマッチする既製システムを見つけるのは困難です。
そこでカスタマイズ性に優れたUnitBaseなら、自社に合ったシステムをノンプログラミングで構築可能。本資料では「顧客管理」「多店舗管理」「問い合わせ管理」に着目し、UnitBaseの活用法をご紹介します。

ぜひダウンロードしてご覧ください。

現場の業務効率を底上げするUBの活用法
「建設業編」

昨今、様々な問題から業務効率化と生産性向上が大きな課題となっています。
そんな課題解決の糸口に、今回の資料では情報管理業務を効率化するUnitBaseの活用法をご紹介。また現場の課題と、情シスの懸念点の両方を洗い出し、どちらのお悩みも解決する具体的なUnitBase活用例も掲載しています。
導入後の活用方法が明確にイメージしやすくなるでしょう。

ぜひダウンロードしてご覧ください。

情シス担当者のための
業務効率化・生産性向上システム入門

顧客情報をはじめ、多種多様なデータが蓄積されていく中で、その活用や業務の効率化に課題を抱えている企業も多いことでしょう。

部署や目的に合わせて複数のシステムを導入した結果、データが社内に散在。保守・管理に手間がかかる上、業務が属人化し、担当者の不在時に必要なデータを取り出せなかった、という経験はありませんか?

あるいはデータ管理ツールを導入したものの、扱いが難しく利用者が限定されてしまった、といった悩みを持つ情報システム担当者も少なくないでしょう。

では、どうすればこうした課題を解決できるのでしょうか。ぜひダウンロードしてご覧ください。

5社の成功事例に学ぶ「生産性向上」成功への道

そもそも「生産性」とは、「アウトプット」÷「インプット」のことで、どれだけの従業員・労働時間・費用を投入して、どれほどの成果を得たか、を指します。
つまりこの成果を上げていくことが「生産性向上」になるのです。
「生産性向上に関する実態調査」では、「人材不足」(27.5%)「何から手を付けていいかわからない」(19.7%)、等の取り組みを行えていない回答も多く、どうすれば生産性が向上するのか道筋が見えていないこともわかりました。
そこで今回のWPでは生産性を向上した5社の成功事例をを掲載。

どのようにして生産性を向上したのかぜひダウンロードしてご覧ください。

社内の「やりたい」ことを、
リードタイムなしで実現する。

現場と情報システム部門のチカラを最大限に引き出す
ノンプログラミングでできる業務改革ソリューション