UnitBase ホワイトペーパー

UnitBase5.1のご紹介
~他システムとの差異・移行について~

これまで他のツールを使って情報共有されていたお客様向けに、UnitBaseの概要や特長、リプレースに使える機能などをご紹介した資料です。
UnitBaseはオンプレミス/同時ログインで利用できるため、全社の情報共有や多くの社員で行う業務にも、安全・安価にご活用いただけます。

ぜひダウンロードしてご覧ください。

ITの不備で海外展開を失敗させない!
新たな現地調達のかたちとは

海外進出をする日本企業が多くなった現在、大きな問題として表面化してくるのが、現地でのITシステム構築です。

本社との連携のため、ITシステムの採用基準を日本国内に合わせる必要がある反面、現地のスタッフが使いづらい、あるいは全く使えないという問題が生じます。

こうした問題をクリアするためには、どのような考え方や取り組みが必要なのでしょうか?

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

時間外労働を減らせ!の大号令
結局頼られるのはIT部門...有効な打開策は?

少子化や高齢化により、今後も加速していく人材不足を受け、企業の継続的な存続という意味でも業務効率化は最優先事項です。

売上やサービスの品質を維持・向上させつつ、社員の労働時間を削減するため、「業務プロセス」を振り返ってみてはいかがでしょう。
改善の余地はまだまだあるはずです。

そんな「業務プロセスのムダ」が蓄積しやすい具体的なケースを例示し、IT部門がその解決の“きっかけ”を与えるための考え方をお教えします。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

忙しい情シスに「こっそり」教えたい...ムダなく必要なものだけ開発できる手法

情報システム部門にはユーザー部門から様々な要求・要望が寄せられますが、システム開発に費やせるリソースは限られています。
要件があいまいなことも多く、たとえシステムを開発したとしても、「機能不足で実際の業務に役立たない」「せっかく作ったのに使われていない!」といったすれ違いが発生しがち。

そんなムダや不満を徹底的に排除するために、ひそかに注目を集めている開発手法をこっそりお教えします。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

IT人材不足が深刻化...情シス部門の「選択と集中」に必要なもの

情報システム部門にはユーザー部門から様々なシステム化の要望が寄せられる。コストさえ掛ければ難しくないことが多いが、同時に費やせるリソースは限られているため、いわゆる“優先度”付けが重要となります。

せっかくリソースをやりくりして要望どおりにシステムを開発したはずが、実際に運用段階に入ってから、ユーザー部門から不要な部分や、逆に不足している機能などを指摘されてしまったこともあるのでは?

そんなムダや不満を「徹底的に排除するために有効」とひそかに注目を集めている手法をこっそりお教えます。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

あえてユーザーに自由なシステム構築を許すIT管理術とは

ユーザー部門が勝手にクラウドサービスを導入したり、マクロやスクリプトを使ってちょっとしたシステムを作ってしまう「シャドーIT」と呼ばれる問題が増えています。

これらはシステム導入の際に本来は不可欠となる、“起こりうるすべてのリスクの評価”が行われることなく、場当たり的に使われているケースも少なくないのが実情です。

今回は、セキュリティなどの課題を解決しながら、「情シスの目が届く範囲」で「ユーザー部門が素早く柔軟に」ITを活用するための方法について考察します。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

情シス依存を解消せよ!業務部門で完結できるITインフラを考える

案件管理、顧客管理、問い合わせ管理など、業務部門の依頼で開発・運用してきたシステムが徐々に増え、負担に感じている情シス担当者は多いはずです。

ExcelやAccessのような、情シスでなくともある程度の開発が可能なツールを使った個別システムも、現場だけで運用が回っている限りは有効な解決策だったとも言えますが、将来的なメンテナンスまで考えると…。

今回は、ExcelやAccessのように業務部門でも扱える上に、メンテナンスも含めて情報システム部門の対応コストが削減できるITインフラについて考察します。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

ノンプログラミング開発ツール選びの必須条件とは?(2016年6月)

最近、ノンプログラミング開発ツールの導入で情シス部門の負担が削減されるケースが増えています。

しかしそうしたツールは数多くの種類があり、どのツールを選べばいいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ノンプログラミング開発ツールの特長をタイプ別に整理し、導入検討の際にチェックすべきポイントを挙げます。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

重宝してきたAccess... そろそろ、脱却しておかないとマズいかも?(2016年5月)

Accessは、情報システム部門だけでなく業務部門でも作り込みが可能なところが大きな特長。

しかし一方では、作成した人に依存してしまい、異動や退職などのタイミングでブラックボックス化してしまうリスクも。

今後、Windows 10やOffice 2016といった新しいOS、新しいバージョンへの移行を進めていく中で、社内に点在するAccessのシステムをどうしていくべきか、検討するよいタイミングではないでしょうか。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

記者が挑戦!専門知識がなくても本当に業務システムは作れるか?(2015年10月)

案件管理問い合わせ管理など、ExcelやAccessを駆使して業務を続けていると、情報の集約や同時作業のやりづらさなど、運用・管理面での問題が表面化してきます。
もしプログラムや専門知識の必要もなく、誰にでも簡単にそうした問題を解決できる業務システムが構築できるとしたら?
早速、キーマンズネット記者がそんな夢のようなITツールを検証してみました。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

従来のワークフローでは解決できない?社内申請のシステム化が進まない理由とは(2015年7月)

業務処理の効率化やコスト削減などを目指し、社内申請にワークフローシステムを導入するも、結果的に失敗してしまうケースも多いようです。
一般的なワークフローでつまずきがちな課題、あるいは導入以前に躊躇してしまう理由を1つずつ確認してみると、そこには意外な答えが...。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

Notes移行の理想の地はあるか?カギは業務アプリとワークフロー(2015年6月)

Notesから他の情報共有ツールへの乗り換えを検討する際、大きなハードルとなるのが「業務アプリ」と「ワークフロー」の移行。

「メール」や「スケジューラ」は安価なサービスが増えてきている昨今、「業務アプリ」と「ワークフロー」をオールインワンで実現する「UnitBase」で、もう一度Notesからの移行を検討してみませんか?

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

Excelの共有利用についての調査(2015年3月)

企業でもっとも使われているオフィスソフトであるExcel。その汎用性の高さによりさまざまな業務に使われていますが、共有して利用するときに使いにくさを感じたことはありませんか?

本ホワイトペーパーでは、Excelの共有での利用状況や課題、その対策方法について、当社が行った調査結果を公開します。