リプレースが難しかったシステムからの移行を実現
見積管理のワークフローをUnitBaseで再構築
ダイトロン株式会社 様

導入事例の概要
※導入事例の全文はPDFでご覧いただけます。

商社としての機能を持ちながら、オリジナルの機器・装置も手掛けるダイトロン。案件ごとに必要な部署・必要な担当者がチェックを行えているか管理するために、早期からワークフローの専用システムを導入するなど、ITを積極的に活用してきた。しかし組織の統合に伴いシステムの刷新を計画したところ、旧システムのデータを引き継ぐことができるツールが見つからないという問題が発生。その苦境を救ったのがUnitBaseだった。限られた期日の中、立ち上げの簡単さや柔軟性を活かし、スムーズなワークフローを実現した。

導入前の課題、背景

組織の統合を機に見積管理のリプレースを検討

オリジナル装置の製造においては、見積管理が非常に重要であることから、以前より専用システムを用いて管理していた。しかし、組織の統合タイミングや保守・改修コストの兼ね合いから、新しいシステムへの移行を決定。早速、様々なワークフロー製品を調査するも、現在のシステムのデータを引き継ぐことができないものばかりであった。期日が迫る中、ユニットコム社に相談したところ、紹介されたのがUnitBaseだった。

UnitBase 採用の理由

従来のデータ活用に加え操作性、コストも決め手に

従来のツールからのデータ移行が可能なことに加え、オンプレミスでクローズドに使えることを評価。同時ログインの料金形態も決め手となった。初期のプロトタイプ構築においては、ユニットコム社との打ち合わせの中ですばやく修正をしながら構築することができ、わずか1ヶ月ほどで実稼働できる状態に。現場への導入もスムーズに完了し、目標通り組織の統合にあわせて正式に稼働できた。

導入後の成果

単なる移行にとどまらずデータの効率的な活用を実現

これまでと同様のワークフローをUnitBase上に構築できただけなく、従来のシステムでは使いづらかった点も解消。レコードを一覧形式で見やすく表示でき、検索や絞込、承認者に対するメール通知などの便利な機能が用意できたほか、承認や差し戻し時のコメントもすべて保存されるようになったことで、見積承認までの一連の経緯が誰でも一目で追えるようになった。

ダイトロン株式会社 様 導入事例の全文はこちらから

導入事例の全文をPDFでダウンロード

社内の「やりたい」ことを、
リードタイムなしで実現する。

現場と情報システム部門のチカラを最大限に引き出す
ノンプログラミングでできる業務改革ソリューション