Excelやメールに点在していた営業データを集約
「営業活動の道標」としてUnitBaseを活用
株式会社チャーム・ケア・コーポレーション 様

導入事例の概要
※導入事例の全文はPDFでご覧いただけます。

介護付有料老人ホームをはじめとした高齢者向け住宅を運営し「豊かで実りある高齢社会」づくりに貢献するチャーム・ケア・コーポレーション。これまで関西を中心に展開していたが、介護サービスへのニーズの高まりを受け2014年より関東へその活動を拡大。より多くの入居希望者のニーズに応えるべく、営業体制の強化を図ると同時に、営業活動の効率化を目指しUnitBaseを採用。事業の拡大を推進するツールとして大きな期待が寄せられている。

導入前の課題、背景

関東への事業拡大を図る中で営業活動の効率化が必須に

今後、急増すると思われる介護ニーズに応えるべく関東への事業拡大を図る中で、営業活動の効率化を目的としたデータ活用を推進。しかし、担当者ごとに報告フォーマットや入力基準が異なっており、集計・分析するまでに大きな手間が発生していた。ムダな作業の削減、営業活動のノウハウ共有、ひいては介護サービスの質向上を狙いとして、営業管理ツールの検討を開始した。

UnitBase 採用の理由

長期利用を視野に入れたトータルのコストと機能性

専用の営業管理・SFAツールはいずれも高額であったため、当初はあるクラウドサービスで検討していたが、将来的に利用が拡大することを考えると、ユーザー数×月額の課金体系ではかなりの費用となることが予想された。その点、UnitBaseはトータルで考えた場合にコストを抑制でき、機能面においてもExcel形式のレポート出力機能や、リマインダーメール機能など、営業活動で活用できる機能が揃っていた。

導入後の成果

営業効率化に向け本格運用。成長の駆動力として期待

見込顧客の管理を皮切りに本格運用を開始。営業活動のデータがUnitBaseの中に蓄積されることで、各担当者が必要な情報を瞬時に抽出できるだけでなく、経営判断に必要な報告書の作成や、お客様対応の期限管理なども手間を掛けずに行えるようになる。今後も「営業活動の道標」として営業やマーケティングでの活用をはじめ、事業の拡大に合わせ、同社にとってより重要なシステムに育っていくと期待されている。

株式会社チャーム・ケア・コーポレーション 様 導入事例の全文はこちらから

導入事例の全文をPDFでダウンロード

社内の「やりたい」ことを、
リードタイムなしで実現する。

現場と情報システム部門のチカラを最大限に引き出す
ノンプログラミングでできる業務改革ソリューション