動作環境

児童機・先生機

OS Windows® 10 / 8.1 各日本語版

名簿管理ツールは以下の環境にもインストールできます。

  • Windows Server® 2016 / 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 Service Pack 1(64ビット)各Standard 日本語版
ブラウザー Internet Explorer 11
  • ※JavaScriptとCookieを有効にする必要があります。
CPU Intel® Atom™ Z3795 1.60GHz相当以上

Intel Atom® x5-Z8300™、Intel® Atom x5-Z8350™は、製品が動作保証しているCPUよりも性能が低く、以下の点が実用上の制限になる場合があります。当CPUを採用する際は、該当する機能の利用頻度を考慮の上、ご判断ください。

  • ・シナリオカードについて、多点タッチで複数のカードを同時に動かそうとすると、反応が鈍くなります。1枚のカードを操作するときは問題ありません。
  • ・動画ツールは、読み込み・保存をはじめ編集操作に時間がかかります。
  • ・先生機または管理者機として授業サポーターおよび端末メンテナンスツールを使用したときに、動作が重くなる場合があります。
メモリ 2GB以上
画面 解像度1024×768ピクセル以上、True Color
ディスク必要容量 2GB以上
  • ※お使いのハードディスク/SSD等のフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。
注意事項
  • 対応入力機器
    • パソコンに接続して画像を取り込めるデジタルカメラ (パソコンに接続したときにドライブに見える機種)、またはTWAIN32ドライバ対応のデジタルカメラ、スキャナーに対応しています。
    • Webカメラの機能をご利用の場合は、WDMに準拠したUSBインターフェイスのPCカメラ、および DirectX® 9以上のランタイムがインストールされている環境が必要です。
      • ※動作状況によっては映像のコマ落ちが生じる場合があります。 Webカメラ、タブレットのカメラなど市販されているすべての機器で利用できるわけではありません。
    • タッチ操作には、Windows 8.1以降の認定マーク取得のタッチ対応タブレット、もしくはタッチパネルが必要です。
  • タブレットでご利用いただく場合は、画面を横向きにしてご利用ください。縦向きにした場合、一部の機能で正常に表示されないことがあります。
  • シミュレーション教材を使用するためには、音声再生デバイスが1つ以上有効になっている必要があります。
  • 日本語入力システムは、ATOKスマイルを搭載しています。
    お使いのOSに対応した他の日本語入力システムも利用可能です。
  • 動画ツールは、Direct X9以降をサポートするH.264動画再生支援機能を備えた端末で動作します。
    《入力》
    動画:AVI(MotionJPEG)/MOV*/WMV/MP4
    静止画:JPEG/PNG/BMP/GIF
    音声:MP3/WAV(PCMのみ)/WMA/M4A
    《出力》
    動画:MP4
  • *iPhoneおよびiPadで撮影されたmovファイルのみ対応しています。

  • ろくおんツール
    《出力》
    音声:M4A

【授業サポーター】

授業サポーターを利用する場合は、ブロードキャスト通信が行える環境を推奨します。

  • リモート電源ON/OFF
    • リモート電源ONを利用する場合には、「Wake on LAN」などネットワーク経由で電源を入れられるクライアントパソコンと設定が必要です。
    • リモート電源OFF を利用する場合には、Windows 上から正常に電源が切れるクライアントパソコンと設定が必要です。
  • 一斉ログオンについて
    • セキュリティで保護されたログオンが有効な場合、グループポリシーの設定変更が必要です。
  • WindowsUpdateスケジュール支援
    • 指定日時に電源を入れられる仕組みが必要です。
  • Windowsのチャームや一部のWindowsのメッセージは授業サポーターで操作禁止にできません。
  • 授業サポーターの環境復元を利用する場合は、下記「授業サポーター環境復元 動作環境」もあわせて参照ください。
  • ※対応しているワイヤレスディスプレイアダプタについてはお問い合わせください。

サーバー

OS Windows Server® 2016 / 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 Service Pack 1 (64ビット) 各Standard 日本語版
  • ※Server Core インストールオプションは動作対象外です。
  • ※R2ではない Windows Server 2008(32ビット、64ビット)は動作対象外です。
  • ※別途CALが必要になります。
ブラウザー Internet Explorer 11
  • ※JavaScriptを有効にする必要があります。
CPU Intel Xeon® E3プロセッサー 相当以上
メモリ 本サービスを動かすためにメモリの占有領域3GBが必要です
ハードディスク
必要容量
4.5GB以上
  • ※お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

ネットワーク

無線LANは、構築設定や周辺環境などによる影響を受けます。導入環境で十分に検証の上ご利用ください。

  • 通信速度は54Mbps以上のLAN環境が必要です。
    • 無線LANの場合:IEEE802.11(a /g /n /ac)
    • 有線LANの場合:100BASE-TX / 1000BASE-T
  • PC 40台を一斉操作する前提で、主要な機能を実用上問題なく利用するには、授業サポーターの一斉操作では80Mbps以上、動画ツールの読込・保存では300Mbps以上の回線速度を推奨します。利用頻度によりご検討ください。
  • ネットワーク上に児童のデータを置いて管理する場合は、Microsoft ネットワークでファイル共有が可能な環境が必要です。

授業サポーター 環境復元

メモリ 復元の対象となるディスク容量10GBあたり、20MB以上のメモリが必要です。
ディスク必要量 15GB
ディスク
  • シリアルATA / IDE /eMMC / NVMeで接続された、起動用の 2.2TB以下のハードディスクまたはSSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ) (1台目)のみ対応しています。
  • Windowsからドライブとしてアクセス可能なパーティションが復元対象になります。(最大2つのパーティションまで確認済み)
  • ファイルシステムはNTFSのみに対応しています。 (FAT/FAT32/exFATなどは対応していません)
  • ダイナミックディスク、RAID構成のディスク、リムーバブルディスク(ローカルディスクとして認識されるものを含む)、 仮想ドライブ、ネットワークドライブ、ボリュームマウント、記憶域プール、シン・プロビジョニングの環境はサポートしていません。
  • パソコン独自のリカバリー領域など、特殊なパーティション構成はサポートしていません。
  • 「Windows BitLocker (TM)」などの暗号化されたドライブはサポートしていません。
注意・制限事項
  • 授業サポーターの環境復元は、Windowsのファイルシステムフィルタードライバー機構を利用して、 対象のディスクへの書き込みをあらかじめ設定した保持ファイルに行い、再起動時にこの保持ファイルを破棄することで実現しています。
  • 環境復元では、ハードディスクの物理的な障害は復元できません。
  • Windowsが含まれるディスクの全てのドライブが復元対象です。任意のドライブやフォルダーだけを復元対象には設定出来ません。
  • 復元対象から除外できるのはフォルダーのみです。ファイル単位の除外指定は出来ません。
  • 復元対象の除外フォルダーは児童が作成したドキュメントや動画・画像データを残す目的でご利用いただく機能です。それ以外のデータは復元対象から除外されないことがあります。
  • ウイルス対策ソフト連携
    • 次のウイルス対策ソフトの最新バージョンとパターンファイルの連携が可能です。
      • トレンドマイクロ「ウイルスバスター コーポレートエディション」
      • F-Secure「クライアント セキュリティ」
      • Symantec「Symantec Endpoint Protection」
      • ESET「ESET Endpoint アンチウイルス」
    • 注意事項
      • ウイルス対策ソフトウエアのプログラムのアップデートは連携の対象外です。ソフトウェアを更新する場合は必ず復元を停止にした状態で実行してください。
      • 連携する上で設定の変更が必要な場合があります。
      • Windowsのアップグレードを行った場合、再設定が必要です。
  • 注意が必要なソフトウェア
    • 次の機能や動作をするソフトウェアを同時に使用した場合、OSが起動しなくなるなどの異常が発生することがあります。環境復元をご使用になる前に必ず、対象HDD/SSDのエラーチェック、ディスク最適化(デフラグ)を行ってください。
      • 休止状態/スリープ/ハイブリッドスリープ
      • ディスクの最適化(デフラグ)
      • ディスクのエラー修復
      • パーティション操作
      • 環境の復元(システムの復元を含む)
      • ディスク・データの暗号化
      • 特殊なファイルアクセスをするソフトウェア
      • 「Windows デスクトップサーチ」「Windows Search」などインデックスの作成
  • 注意が必要な作業
    • 復元対象のパーティションに対して次の作業を行う場合は、必ず環境復元を停止した状態で行ってください。
      • ソフトウェアのインストール・変更・アンインストール、ライセンシング(アクティベーション)
      • Windowsまたはソフトウェアの設定変更(Windows Updateなど)・パスワードの変更
      • ディスクの最適化(デフラグ)
      • チェックディスクまたはスキャンディスク
      • ディスクのクリーンアップ
      • ハードディスク全体のバックアップ
      • ディスクのイメージング(※1)
      • パーティションの操作
      • ファイルシステムのコンバート
      • Windows Updateの「アップグレードまたは機能の更新」を行った場合、改めて環境復元の設定が必要です。
      • ※1 コピーしたイメージをリストアした環境で問題が発生する恐れがあります。

  • • 「ジャストスマイル クラス2」は、株式会社ジャストシステムの著作物であり、「ジャストスマイル クラス2」にかかる著作権、その他の権利は株式会社ジャストシステムおよび各権利者に帰属します。
  • • 「一太郎スマイル」「一太郎」「はっぴょう名人」「ATOKスマイル」「スマイルペイント」「文字スタジオ」「地図スタジオ」は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
  • • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • • 「漢検」「漢字検定」は財団法人日本漢字能力検定協会の登録商標です。
  • • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • • その他記載された会社名、製品名等は、各社の登録商標もしくは商標、または弊社の商標です。

資料請求・お問い合わせ

小学校向けタブレット活用総合ソフト「ジャストスマイル クラス2 /R.2」のお問い合わせや資料請求はこちらからご利用ください。

資料ダウンロードはこちら

ページトップ