学力 - 学力向上・情報活用能力の育成を支援

さまざまな学びのスタイルや授業環境に適応できる学習ソフト・コンテンツを豊富に搭載。
基礎から習熟まで学力向上を総合的に支援し、個別に反復学習できる教材も充実。

自分の意見を持ち、話し合うスキルを身につける デジタルもぞう紙

デジタル作品の共同制作、話し合い活動やワークショップなどの「協働学習」を支援します。
話し合い活動の流れをナビゲートして、授業のスムーズな進行をサポートするとともに、活発に意見を出し合える仕掛けを数多くご用意しています。

基礎から習熟まで、学力向上を総合的に支援 漢検ドリル/計算ドリル/シミュレーション教材/情報活用教材

児童が独自で反復練習を行い、基礎基本の定着から習熟まで使える教材です。
ドリルは、授業進度にかかわらず、自分のペースで取り組むことができ、その場で答え合わせも可能。得点も自動集計されます。

自分の意見を持ち、話し合うスキルを身につける デジタルもぞう紙

話し合いナビ

話し合いの手順を5つのステップでナビゲート。誰でも迷わず話し合いができる!

自分の意見をまとめる

ふせんを選んで意見を書き込み、自分専用の領域「マイねた帳」にためておく。
他人から見えないので、自信のない意見もどんどん書き込める。

意見を出し合う

「マイねた帳」から、自分の意見を順番に発言し合い、お互いの意見を把握する。

話し合い・まとめる

全員で話し合いながら、意見の違いを比較・分類。
線や矢印を引いて視覚化し、考えを整理する。

発表する

話し合った内容を発表する。

振り返る

子供たちは振り返りをレポートし、先生は良かった点やより良くする方法をコメント。

デジタル模造紙のメリット

  • 自分の考えをまとめるところから始められるため、発言が苦手な子どもでも参加がしやすい
  • 文字や画像入りのふせんや「いいねボタン」で話し合いが活性化する
  • 全員で同時に編集できる共有領域があり、話し合いがテンポ良く進められる
  • 名前の表示/非表示が切り替えられるので、特定の発言に左右されずに授業を進行できる
  • 児童別にふせんの数や発言の平均文字数を算出でき、参加状況の把握がスムーズ

基礎から習熟まで、学力向上を総合的に支援
漢検ドリル/計算ドリル/シミュレーション教材/情報活用教材

漢検ドリル

最新の審査基準*に対応した、10級(小学1年生終了程度)から2級(高校卒業・大学、一般程度)までの幅広い問題に取り組めます。
*2016年4 月現在 (「漢検」「漢字検定」は財団法人日本漢字能力検定協会の登録商標です)

計算ドリル

四則演算を確実に定着させ、習熟のレベルに高める反復学習教材です。
6級 (小学1年生程度) から1級 (小学6年生程度)までのレベルがあります。

シミュレーション教材

デジタルならではの音や動きで、より理解を深められる教材です。
1-2年生用は国語・算数、3-6年生用は国語・算数・理科・社会の教材を収録しています。

情報活用教材

子どもたちを取り巻く情報社会の危険性とその回避法を、クイズや漫画形式でわかりやすく学べる情報モラル教材です。

資料請求・お問い合わせ

小学校向けタブレット活用総合ソフト「ジャストスマイル クラス2 /R.2」のお問い合わせや資料請求はこちらからご利用ください。

資料ダウンロードはこちら

ページトップ