ホーム製品・サービス日本語表計算ソフト 三四郎2010 > 視覚化による、快適な入力をサポート

特長
視覚化による、快適な入力をサポート

ワークシート上の数式や属性などの条件ごとに、設定範囲を視覚化

ワークシート上に設定されている数式、表示形式、セルの属性、条件付き書式、名前などの設定されている範囲を色付きで表示し、容易にチェックできるようになりました。また、数式のエラーチェックや参照関係の確認も可能になっています。

チェックしたい種別を選択すると、編集中のブック内で設定されている該当箇所の一覧が表示されます。

チェックしたい種別を選択すると、編集中のブック内で設定されている該当箇所の一覧が表示されます。

●ワークシートチェック【すべて】で[数式]を選択した場合

ワークシートチェック【すべて】で[数式]を選択した場合

数式、表示形式、セルの属性、条件付き書式、名前の設定されている範囲を、それぞれ別々の色で表示します。

●ワークシートチェック【エラー】を選択した場合

ワークシートチェック【エラー】を選択した場合

編集中のブック内で発生している、数式のエラーの場所と内容が一覧表示され、該当箇所にジャンプができるので迅速な修正が可能です。

●ワークシートチェック【参照】を選択した場合

ワークシートチェック【参照】を選択した場合

編集中のブック内で、セル参照を含む数式が入力されているセルの一覧がツリー形式で表示されます。ワークシート上には、参照関係が矢印で表示されます。

さらに「表示形式/セルの属性/条件付き書式/名前」についてはその中で色付き表示したい項目の設定も可能です。

セル入力や編集により、参照先で値が変更されるセルをハイライト表示

セルの入力や編集時に、そのセルを直接または間接的に参照しているセルが、数秒間色付け表示されます。そのため意図しないセルの変更などに気がつけるので、ミスのない表作成に役立ちます。なお、「ハイライト」の色や表示を残すなどの各種設定が可能です。

セル入力や編集により、参照先で値が変更されるセルをハイライト表示

セル編集後に黄色の部分が値変更されました

条件付き書式を機能強化し、新規作成・確認・修正時の効率が向上

条件付き書式を機能強化し、新規作成、確認、修正時の効率が向上しました。

  • 新規追加時にアクティブセルの値をダイアログの初期値として設定
  • 一覧ダイアログで選択している条件付き書式の設定範囲をワークシート上で表示
  • 設定済みの条件付き書式の範囲を修正可能

設定した条件に合ったセルの書式を自動的に設定できる

あらかじめ設定しておいた条件に合致する文字列や数値が入力されたセルに、自動的に書式を設定する「条件付き書式」機能が搭載。特定の条件に一致するセルに色をつけて強調したり、想定する範囲から外れた数値や重複する文字列を検知したりなど、データの視覚化、シートの分析に役立ちます。

設定した条件に合ったセルの書式を自動的に設定できる

条件付き書式機能を搭載

数式入力パレットを搭載!マウスだけで数式の入力が可能に

演算子やワークシート関数名を配置した「数式入力パレット」を搭載。数式がマウスだけで簡単に入力できます。あらかじめ割り付けられた関数は文字列、関数ともにカスタマイズが可能なため、自分がよく使う関数を割り付けることができます。「数式入力パレット」はセルの右下に表示されるハンドル上にマウスカーソルをかざすと表示され、[ツール−数式入力パレット]で非表示にしたり、設定を変更したりすることも可能です。

数式入力パレットを搭載!マウスだけで数式の入力が可能に
数式入力パレットを搭載!マウスだけで数式の入力が可能に
数式入力パレットを搭載!マウスだけで数式の入力が可能に

数式入力をサポートする「数式入力パレット」

指定範囲やシート全体の参照関係を一括して表示

セルに入力された計算式がどのセルを参照していたかを確認できる参照トレース機能で、範囲を指定しての実行や一括表示が可能です。セルの参照先が更新されたら参照トレースは自動で更新されます。