JUST PDF 5 [編集] [編集Pro] JUST PDF 5 [編集] [編集Pro]

JUST PDF 5 [編集] [編集Pro]

PDFの作成やページの差し替えなどの編集に対応。

JUST PDF 5 [編集Pro]とは

JUST PDF 5 [編集Pro]は、「JUST PDF 5 Pro」に搭載されているアプリケーションです。
JUST PDF 5 [編集Pro]には、JUST PDF 5 [編集]のすべての機能が搭載されており、さらにPDF内のテキストや画像の直接編集、フォームの作成や非公開にしたい情報を消去する墨消しなどのハイグレードな機能が多数備わっています。

「JUST PDF 5」 と 「JUST PDF 5 Pro」の機能比較については、ラインナップページをご確認ください。

ページの移動・挿入・抽出・置換など、あらゆるページ編集に対応

ページの統合・分割、抽出、移動などのPDF編集が思いのまま。別のPDFファイルの必要なページだけを抜き出して挿入したり、縦横の向きを回転したりすることもできます。

ページの一部だけを切り出す「トリミング」にも対応。
PDFファイルをページ単位で自由自在に変更し、ページ構成の変更にも柔軟に対応できます。

ドラッグ&ドロップでカンタンにページ編集

ページサイズの変更

用紙のサイズを変更できます。変更したサイズに合わせてページの内容を拡大・縮小したり、
用紙のサイズだけ変更したりすることも可能です。

ページの分割や統合も自由自在

見開きページを1ページずつに分割したり、複数ページを1ページに統合したりするなど、
ページの分割・統合が自由自在にできます。

文書の最適化でファイルサイズを削減

PDFの最適化を行うことで、ファイルサイズを削減できます。

 ・画像のサイズを縮小
 ・フォントの埋め込みを解除、フォントデータを削除
 ・表示に不要なPDF情報を削除

表示に不要な情報には、個人情報などが含まれる場合があります。外部とやりとりする場合には、最適化をお勧めします。

ユーザーインターフェースを改良、直感的な操作が可能

アイコンデザインを刷新しました。
アプリケーションのデータからPDFを作成するのではなく、最初からPDFファイルとして文書を簡単に作成できます。
テキスト文書より表現力のある文書を作りたい時に便利です。

タッチ操作がより便利に

タブレットなどでPDFを閲覧する機会が増えており、タッチ操作での閲覧、編集がしやすくなっています。
リボンのコマンドを操作するためにタッチレイアウトに対応しています。操作時のハンドルが大きくなっています。

タブブラウザと同じ操作で扱えるタブUI

タブブラウザと同じ操作性でPDFを扱えます。「タブUI」は、1つの編集アプリケーション内で、
複数のPDFをタブで切り替えて扱えます。オプション設定で従来のインターフェースも選択できます。

背景色の変更

ダークモードに対応しています。背景色はホワイト、グレー、ダークの3色から選択できます。ハイコントラストモードにも対応しています。

高解像度対応

高精細ディスプレイ環境でもテキストやアイコンが鮮明に表示されます。

ルーラーとグリッド

ルーラーやグリッド、ガイドを表示し、オブジェクトのレイアウトをしやすくします。

全画面表示

ディスプレイの全画面にPDFを表示します。表示タブの[全画面表示] またはショートカットキーで簡単に操作できます。

便利な注釈機能

自由な位置に注釈を追加

PDFの自由な位置にテキストや図形、スタンプの注釈を追加できます。テキスト注釈では、タイプライター(枠なし)や、枠付きのテキストボックス、引き出し線付きテキストボックスと、5種類のテキスト注釈が使えます。

紙感覚で使えるノートやスタンプ

気になる箇所にアンダーラインを引いたり、付箋を貼るように「ノート」を残すことができます。「重要」や「回覧」などのスタンプが押せる「スタンプ」機能や、見たいページにすぐジャンプできる「しおり」機能など、PDFを紙感覚で扱える便利な機能も搭載しています。

注釈を一覧表示

PDF内のすべての注釈を一覧表示します。絞り込みや並べ替え、ページごとに表示/非表示を切り替えたりできます。

PDFニーズへの適用度を高めた電子印鑑

「紙・はんこ」で行っていた業務を「PDF・電子印鑑」に置き換えて運用できます。「紙」を「PDF」に、使っていた「はんこ」を「電子印鑑」に置き換えるだけで、すぐに始められます。

電子印鑑の種類が増加。実サイズの押印にも対応

電子印鑑テンプレートの種類を追加し、作成できる電子印鑑の種類が増えました。
今まで使っていた「はんこ」のサイズを指定して作成でき、実サイズで押印できます。

押印を直感的に操作

電子印鑑の押印が直感的にできるようになりました。押したい印鑑を選択し、マウスをPDF上に移動すると、マウス形状が選択した電子印鑑の形状に変わります。指定したサイズで押印されるため、枠サイズの調整も不要です。

電子印鑑と電子署名を関連付けて改ざんを防止

電子文書は紙文書と比較して改ざんが容易なため、「PDF・電子印鑑」の運用においては、原本性保証が必要となるケースがあります。
PDFでは、電子署名機能を利用することで、改ざんされていないことを保証できます。
JUST PDF 5では、電子印鑑に電子署名を関連付ける機能を搭載しています。
電子印鑑押印後に電子署名が自動的に付与されるため、電子印鑑での処理時間を短縮できます。

電子署名の付与時に、署名以降のPDFファイルの変更を許可するかどうか設定できます。
稟議書の担当印・承認印のような運用をする場合は、変更を許可する設定にして、あとから複数人の電子印鑑・電子署名を付与できるようにします。

充実した電子印鑑テンプレート

電子印鑑テンプレートの種類が増えました。

印鑑種類

[編集]に搭載

[編集Pro]に搭載

個人印鑑
個人2行印鑑
資格印鑑
データネーム印
法人角印
ビジネススタンプ
(横書き)
ビジネススタンプ
(縦書き)
ビジネススタンプ
(枠なし)
日付入りビジネススタンプ (デザイン限定)
ファイルから作成

お気に入りに登録

よく利用する電子印鑑やスタンプを「お気に入り」に登録できます。
「お気に入り」に登録した電子印鑑は、スタンプ一覧の最上部に表示されるため、一覧から探す手間が省けます。

連続追加を利用してデジタル化された書類をチェック

電子印鑑の連続追加を利用して、デジタル化した書類を、紙の書類の時のようにチェックできます。

文字も画像も自由自在

文字を直接編集

PDF内の言葉や表現を今すぐ修正したい時でも安心です。
元の文書が手元にない時や、ちょっとした文字の修正が必要な時、急な変更に対応できる、便利な機能です。

画像の移動や削除もカンタン

PDF中の画像もドラッグ&ドロップで簡単編集。
画像の削除、移動、拡大縮小、回転、前面/背面の入れ替えなどの編集に対応しています。

テキストと図の編集モードを追加

テキストと図の編集モードでは、テキストボックスの結合や分割を最適化して、一続きの文章としてテキストの編集をしやすくしています。

テキストボックスの最適化

Wordなどで出力されたPDFでは、1行ごとにテキストボックスが分割されていたり、大きな1つのテキストボックスになっていて、テキスト編集がしづらいPDFもあります。
オプション設定で「テキストボックスの最適化」すると、PDFのテキストボックスの情報から自動的に結合や分割を行い、テキストボックスの単位を最適化します。

透明テキスト編集、表示切替え

紙文書からPDF化する場合など、透明テキスト付き画像PDFを作成することがあります。
透明テキストに誤字などがあった場合にも簡単に編集することができます。

タグで編集

文書構造を指定するタグの追加・編集ができます。

PDFのデータを活用する便利な機能

検索可能なPDFに変換

JUST PDF 5 [データ変換]のOCR機能を利用してテキスト認識を行い、テキスト付きのPDFを作成します。
変換形式は「テキストと画像PDF」と「透明テキスト付き画像PDF」の2通りから選べます。

任意の場所を選択し画像として利用「スナップショット」

PDFファイルの範囲を選択してクリップボードにコピーします。別のアプリケーションに画像として貼り付けて利用できます。

読み上げ機能

PDF内の文字(テキスト)を読み上げることができます。選択した範囲だけ読み上げたり、読み上げ中にクリックして、読み上げる位置を変更したりすることもできます。読み上げているテキストは強調表示されるので、一目でわかります。
テキストの読み上げ順も設定できるようになりました。タグ情報を順番に読み上げたり、表のセルを行方向(横方向)、または列方向(縦方向)に切り替えて読み上げることができます。

クリップボードにコピーしたデータから、PDFを作成

クリップボードにコピーしたデータからPDFを作成できます。例えば、PrintScreenキーを押して画面キャプチャーしたデータから、簡単にPDFを作成できます。また、クリップボードにコピーしたテキストデータをPDFにすることも可能です。

業務効率を上げる高機能PDF操作

2つのPDFファイルの差異を比較

2つのPDFファイルを比較し、変更点をすばやく特定できます。
文書間の違いは、レポートとして表示されます。また、変更のある箇所には、下線や取消線、網掛けなどの文字飾りが付けられます。

テキストのコピーに特化したモードを搭載

PDFのテキスト文字列をコピーする際に、テキストから改行やスペースなどを取り除くことができます。
PDFの内容を見ながらデータ入力するような業務において、入力業務を軽減、時短だけでなく、入力ミスを省くことができます。

一連のタスクを一括で自動処理

PDFに対する処理コマンドを一連のタスクとして登録しておき、複数のPDFファイルに対して一括処理できます。

PDFの信頼性を高めるさまざまな電子署名・電子証明書に対応

電子署名用証明書*1を使用し、PDFファイルに電子署名を付与ことができます。PDFファイルを開いた人は文書が改ざんされていないかを検証することができ、PDFファイルの信頼性を高めることができます。

ICカードによる署名付与と検証は、GPKI官職証明書、LGPKI職責カードに加えて、新たにマイナンバーカード*2にも対応しました。

  • *1電子署名用証明書はお客様にてあらかじめ認証機関等からご自身の電子証明書の発行を受けてください。
    自己署名証明書(SelfSign)は「JUST PDF 5 Pro」で作成が可能です。
  • *2インターネット非接続環境でも署名付与が可能です。
    署名付与には、ICカードリーダーが必要です。

長期署名の付与と検証

電子契約ニーズの高まりを受け、通常の電子署名よりも有効期限が長い「長期署名」に対応しています。長期署名に適した署名形式で電子署名を付与することができ、契約書など長期間保存する書類で、証明書の有効期限を超えても署名の検証が可能です。

電子契約や電子取引データに必要なドキュメントタイムスタンプの付与

PDFファイルにタイムスタンプ*1を付与することで、その時間にそのファイルが存在したことを証明することができます。
JUST PDF 5 では、ドキュメントタイムスタンプの付与*2に対応しています。

  • *1ご利用には、お客様にてあらかじめタイムスタンプサービスのご契約が必要です。
  • *2タイムスタンプの付与には、インターネット接続が必要です。

充実のセキュリティ機能で文書を管理

さまざまなセキュリティ機能に対応。文書の用途や内容に応じたセキュリティ対策を施すことができます。

墨消し

非公開にしたい一部の情報を墨消しして隠すことができます。内部データも削除されるのでセキュリティ面でも安全です。

証明書セキュリティ

デジタルIDファイルを使用して、特定の人のみが閲覧できるPDFファイルを作成できる「証明書セキュリティ」機能も備えています。

セキュリティ定義を登録して作業時間を短縮

頻繁に利用するセキュリティ設定をセキュリティ定義として登録しておき、再利用することで、セキュリティ設定を適用するたびに、パスワードの再入力や受信者を再追加する必要がなくなります。
同じセキュリティ設定を数多くのPDFに適用する場合は、セキュリティ定義を利用することで時間を短縮できます。

不要な機密情報をまとめて削除

文書を検査し、メタデータなど機密性の高い情報を削除できます。

手書き署名を実装

PDFに直筆のサインを入力できるようになりました。枠内に入力した手書き署名を、指定した署名サイズで挿入します。

アンケートや申し込みフォームをPDFで作成

アンケートや申込書のフォームをPDFで作成することができます。アンケートをPDF文書で作成することにより、紙での配布や回収、管理にかかる手間やコストを削減できます。

画像解析から、テキストなどが挿入できるボックスを自動検出

PDFの矩形や水平線を画像解析により自動検出し、その形状や領域を元にテキスト/チェックボックス/ラジオボタンを自動作成します。

テキストの数値を計算

フォーム内のテキストの数値を計算して、値を表示するように設定できます。

機能一覧 一覧