国内大手通信事業者のKDDIでは、250カ所以上の全拠点で利用する、社内情報共有基盤の整備を進 めてきた。それらの情報を横断的に検索するシステムとして、同社はジャストシステムの「ConceptBase Enterprise Search」(以下、CBES)を採用。5,000万以上の社内ドキュメントや、社員情報などを即座 に探し出せる検索システムを構築した。

KDDI株式会社

KDDI株式会社

本 社 東京都千代田区飯田橋3-10-10
設 立 1984年6月
資本金 1,418億5,100万円(2011年3月31日現在)
従業員 1万8,418名(連結・2011年3月31日現在)
事業内容 電気通信事業(移動通信事業、固定通信事業)

Introduction 導入の背景

システム個別の検索に限界“最強の検索システム”を導入

KDDIの情報システム本部では、グループ会社・協力会社の社員を含め約3万人が利用する情報共有基盤の整備を
2010年度から進めている。その中でファイルサーバー、ポータル、SNSなどシステム単位で行なっていた検索に
着目した情報システム本部は「最強の検索システムの構築」という目標の下、全情報をまたいだ検索システムの
導入に取り組んだ。

Reason 採用の理由

高精度で検索できたCBES運用面でも高い評価

構築にあたり、国内外の各種検索システムを取り寄せ、実際のデータを利用して評価・検証を実施した。
その中で、7,500以上の共有フォルダに保存されている5,000万以上に及ぶ膨大なファイルから、目的の文書を
高精度で探し出せる検索システムが、ジャストシステムのCBESだった。検索精度などの機能に加え、共有フォルダの
自動検出機能等により運用の手間がかからない点も高く評価し、導入を決定した。

Results 導入の成果

業務生産性が大きく向上 コスト圧縮にもつながる

構築にあたり、国内外の各種検索システムを取り寄せ、実際のデータを利用して評価・検証を実施した。
その中で、7,500以上の共有フォルダに保存されている5,000万以上に及ぶ膨大なファイルから、目的の文書を
高精度で探し出せる検索システムが、ジャストシステムのCBESだった。検索精度などの機能に加え、共有フォルダの
自動検出機能等により運用の手間がかからない点も高く評価し、導入を決定した。

システム構成