22.02.17 PDFの作成・編集・データ変換を1つに集約した
「JUST PDF 5」を、個人向けに
3月17日(木)発売



株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:関灘 恭太郎)は、現在企業向けに提供している「JUST PDF 5」シリーズを、個人ユーザー向けに2022年3月17日(木)より発売します。希望小売価格は、「JUST PDF 5」が6,790円(税込)、「JUST PDF 5 Pro」が16,310円(税込)です。

オフィスでも自宅でも、文書のデジタル化やペーパーレス化が進み、PDFファイルを扱う機会も増加しています。「JUST PDF 5」シリーズは、PDFファイルを手軽に扱えるよう、一太郎やMicrosoft® Office などの文書をPDFに変換できる[作成]、PDFから他の文書形式に変換できる[データ変換]、PDFを自在に編集できる[編集]を1つに集約しました。さらに、ユーザーインターフェースを一新し、直感的に操作できるよう使い勝手を向上させたほか、電子印鑑やセキュリティ機能を強化しました。

「JUST PDF 5 Pro」は、PDFの[作成]・[データ変換]に加え、PDFの統合や入れ替えといった基本的な編集から、PDF内の文字や画像の直接編集など、高度な機能が特徴の[編集Pro]を搭載したプロフェッショナルモデルです。「JUST PDF 5」は[作成]・[編集]・[データ変換]の基本機能を搭載したモデルで、目的や用途に応じて2ラインナップからお選びいただけます。

【JUST PDF 5 Pro】

使いやすさを極めた「スタートメニュー」を新搭載

 PDFでよく利用される機能を一覧にし、目的の機能を選んで操作を始められる「スタートメニュー」を新搭載しています。初めてPDFソフトを使う場合でも、どのアプリケーションを起動すればよいか迷うことなく操作できます。また、利用頻度が高く、PDFで一括自動処理したい作業を「タスク」として登録しておけば、スタートメニューからすぐに呼び出して実行でき、処理時間の大幅な短縮や人的ミスの削減が期待できます。

脱ハンコでペーパーレス化を促進。電子印鑑の運用も簡単に

電子印鑑テンプレートの種類を追加し、作成できる印鑑の種類が増えました。サイズを指定して電子印鑑を作成できるため、今まで使っていたハンコと同じサイズで直感的に押印できます。電子印鑑と、改ざんを防ぐ電子署名用証明書*1の関連付けも可能になり、これまで「紙・ハンコ」で行っていた業務を「PDF・電子印鑑」へスムーズに置き換えます。

  • *1電子署名用証明書は別途取得が必要です。自己署名証明書は「JUST PDF 5 Pro」で作成が可能です。

高度なセキュリティ機能で、情報漏洩や改ざんを防止

PDFファイルの信頼性を高めるセキュリティ機能を強化しました。ICカードによる署名付与と検証では、「GPKI 官職証明書」、「LGPKI 職責証明書」に加えて、新たに「マイナンバーカード」にも対応しました。また、個人情報やマイナンバーを抽出して消去する墨消し機能などにより、文書の改ざんや情報漏洩を防止し、文書を安全に管理・保存できます。

文字や画像編集機能がさらに充実し、作業効率を向上

PDF内のテキストや画像を直接編集できます。テキストの入力や削除に加え、フォントや文字間隔の変更にも対応しました。画像などのオブジェクトは、移動や削除、拡大縮小、回転が簡単に行え、元の文書が手元にない時や、一部のテキストを急いで修正したい時に便利です。また、ページの分割・結合、フォームの作成など、ハイグレードな機能で手軽にPDFファイルを編集できます。

【JUST PDF 5】

[作成]・[編集]・[データ変換]の3機能を搭載し、ページの挿入・削除といった基本操作が可能です。注釈・フォーム入力・テキストの読み上げ機能の強化、「スタートメニュー」の新搭載、一新したユーザーインターフェースなどは「JUST PDF 5 Pro」と共通です。

商品概要

希望小売価格

「JUST PDF 5 Pro」 16,310円(税込)/14,827円(税別)
「JUST PDF 5 」 6,790円(税込)/6,173円(税別)

発売日

2022年3月17日(木)

  • オンラインショッピングサイト「Just MyShop」ではパッケージ版とダウンロード版、ECサイトではダウンロード版、全国の家電量販店では、パッケージ版を販売します。

動作環境

OS Windows® 11 /10 各日本語版
CPU / メモリ お使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク
必要容量
JUST PDF 5 Pro        1.2GB以上
JUST PDF 5           1GB以上

  • お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

[作成]連携アプリケーション

一太郎Pro 4/ Pro 3、一太郎Government 9/ 8、一太郎2022/ 2021/ 2020
Microsoft Word 2021/ 2019/ 2016/ 2013
Microsoft Excel 2021/ 2019/ 2016/ 2013
Microsoft PowerPoint 2021/ 2019/ 2016/ 2013

  • 作成元アプリケーションの描画方法によっては、期待通りのPDFファイルを作成できない場合があります。

[データ変換]対応ファイル形式

≪変換元対応ファイル形式≫

PDFファイル、画像ファイル (JPEG,BMP,TIFF,PNG,GIF)

≪変換先対応ファイル形式≫

一太郎 (JTD)、Microsoft Word (DOCX)、Microsoft Excel (XLSX)、Microsoft PowerPoint (PPTX)、テキストファイル (TXT)、画像ファイル (JPEG,BMP)

  • データの内容により一部制限があります。


  • 記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

問い合わせ先

関連情報