株式会社ジャストシステムは、タブレット端末で取り組む、小学校向けドリル学習ソフト「ジャストスマイル ドリル」(オンプレミス版 / クラウド版) の教材を、2020年4月からの新学習指導要領の全面実施を受け、新しく採用される教科書に対応した内容に改訂し、4月2日 (木) より提供します。なお、価格は、オンプレミス版、クラウド版ともに、オープン価格です。
 また、今回、Windows PCとiPadに加えて、Chromebookに対応しました。これにより、2019年12月に、文部科学省より『GIGAスクール構想』で示された「1人1台の情報端末」「クラウド化」に対応した授業や家庭学習を、標準仕様とされる「3OS」のいずれを採用した場合でも、「ジャストスマイル ドリル」を活用してすぐに実践できるようになりました。

 「ジャストスマイル ドリル」は、児童、先生双方のニーズを満たす、デジタルドリル学習システムです。児童は、自分のペースで教科書対応の体系的な問題を手書きで解き進めていけるので、しっかりとした学力を身につけることができます。また、先生は、児童の学習状況をリアルタイムに把握できるので、支援が必要な児童への個別指導が行え、指導負担を軽減できます。

 『GIGAスクール構想』により、全国の小学校では、今後、1人1台の情報端末を十分活用できるICT環境を整備し、個別最適化された学びを実現していくことになりました。
 「ジャストスマイル ドリル」を導入すれば、1人1台の情報端末を有効活用した授業がすぐに実践できます。クラウドにも対応しているので、学校、家庭など学ぶ場所を選ばず、学習履歴を一元化でき、効率的な学習や管理が可能になります*1。実際、当社が行った実証研究では、「ジャストスマイル ドリル」に取り組んだ学級は、取り組まなかった学級に比べて、平均点が大きく上がったという効果が得られています*2
 今後、ジャストシステムは、多様な子どもたち一人ひとりがICTを活用して、自身の個性や能力を十二分に引き出し、効果的に伸ばしていける教育ICT整備を、強力に支援していきます。

今回の強化点

2020年4月から採用される新教科書に合わせて、教材をリニューアル

 主要4教科の全教科書に合わせて、教材を改訂しました。効果的に基礎学力の向上がはかれる良問や類題を大量に収録しています。

5、6年生の英語教科化にも対応する、「英語」ドリル教材を追加収録*3

 英単語やフレーズのネイティブ音声収録に加え、今回、5、6年生の英語教科化に対応し、お手本を見ながら英単語や英文を書く問題、音声を聞いて文字を選ぶ問題を収録しました。ネイティブの音声に慣れ親しむだけでなく、英単語や英文を書く力も身につけることができます。

Windows PC、iPad、Chromebookの3OSに対応

 3OSに対応したことで、OSを問わず、使い続けることができます。



*1オンプレミス版、クラウド版ともに、タブレット端末に問題データをダウンロードすれば、ネットワークにつながっていない環境でもドリル学習に取り組めます。学習結果は、ネットワークへの接続時、サーバーに同期されます。

*22018年1月から3月の2ヶ月半、埼玉県草加市の公立小学校において実証研究を行いました。具体的には、4年生4クラスのうち、テストの平均点が最も低い学級 (36人。以下、「A群」)に「ジャストスマイル ドリル」に取り組んでもらい、取り組まなかった3学級 (以下、「B群」) と、テストの平均点を比較しました。実証研究前の二学期単元末テストにおける平均点は、A群が69.6点に対し、B群は78.1点でした。その後、A群の児童は、毎週2回、朝学習で「ジャストスマイル ドリル」を使って、算数の問題に15分間取り組みました。結果、「ジャストスマイル ドリル」での学習が終了した直後の学年末振り返りテストでは、A群の平均点は86.7点、B群は83.7点でした。A群の平均点が大きく伸び、B群の平均点を上回る結果となりました。

*3「英語」教材は、2020年夏に提供予定です。



動作環境

オンプレミス版

●サーバー

ネットワーク環境に合わせて、学校内に専用サーバーを設置するか、自治体イントラ内に専用サーバーを設置するかを選びます。

▼専用サーバーの動作環境

OS Windows Server® 2019 / 2016 / 2012 R2の各Standard Edition 日本語版
CPU 4コア以上
メモリ 占有領域8GB以上

「ジャストスマイル」と同じサーバーにインストールする場合は、追加で4GBが必要です。

ディスク
必要容量
10GB以上

データの容量 (バックアップを含む) は別途必要です。

●クライアント【WindowsPC】

ブラウザと専用アプリケーションから利用できます。専用アプリケーションでは、持ち帰り学習、ジャストスマイルログイン連携、Windowsログイン連携が可能です。

▼ブラウザ

OS Windows® 10 / 8.1 各日本語版
画面サイズ 9.7インチ以上
画面解像度 1024×768ピクセル以上
ブラウザ Internet Explorer 11 / Microsoft Edge / Google Chrome

▼専用アプリケーション

OS Windows® 10 / 8.1 各日本語版
CPU / メモリ OS推奨
画面解像度 1024×768以上
ディスク
必要容量
200MB

JavaScriptとCookieを有効にする必要があります。

インターネットオプションでローカルストレージ (DOMストレージ) を有効にする必要があります。

●クライアント【iPad】

ブラウザで利用可能です。

▼ブラウザ

機種 2017年以降に発売されたiPad/ iPad Pro/ iPad Air

iPad miniとiPhoneは対象外です。

OS iOS11 / iOS12 / iPad OS13.3以上
ブラウザ Safari

JavaScriptとCookieを有効にする必要があります。

プライベートブラウザベースでは利用できません。

●クライアント【Chromebook】

OS Google Chrome OS 72以降
画面サイズ 9.7インチ以上
画面解像度 1024×768以上
ブラウザ Google Chrome

JavaScriptとCookieを有効にする必要があります。

クラウド版

●サーバー

クラウド版では、サーバーの用意は不要です。

●クライアント

オンプレミス版のWindowsPC、iPad、Chromebookの動作環境と同じです。


(ご参考)機能特長

体系的なカリキュラムと教科書準拠の豊富な良問で、効果的に基礎学力を向上

 教材品質に定評がある文溪堂が「ジャストスマイル ドリル」向けに開発した、基礎学力を効果的に向上できる体系的なカリキュラムと、良質な問題を豊富に収録しています。主要4教科の全教科書に対応しているので、学習進度に合わせた利用が可能です。

5、6年生の英語教科化にも対応した「英語」教材

 英単語・フレーズのネイティブ音声を収録しているので、よく聴くことで話す能力を育成できます。また、お手本を見ながら英単語や英文を書く問題、音声を聞いて英単語を選ぶ問題を収録し、英語教科化後の5、6年生の「英語」学習にも対応します。ネイティブの音声に慣れ親しめることに加え、英単語や英文を書く力も身につけることができます。

一人ひとりを最適な学習に導く、アダプティブ・ラーニングを可能にする学習管理システム

 算数は、基礎からの積み重ねが重要であり、理解不足の単元があるままでは他単元の理解が厳しくなります。そのため、算数教材については、問題の解答状況から個々の理解度を分析し、次に取り組むべき問題を判断して、一人ひとりに最適な出題を次々と行うアダプティブ・ラーニング方式を採用しています。間違えた時には解説を提示するとともに、基礎となる単元までさかのぼって出題や、反復学習となるように類題を出題します。算数で間違えた場合には、基礎となる単元までさかのぼって出題します。正解時には、応用力が身につくように類題や発展問題を出題するので、無理なく効果的に基礎学力の定着をはかれます。

紙での手書き学習と、デジタル教材の長所を両立し、児童が学習に集中できる設計

 従来のデジタル教材特有のメニューから何度も画面選択を繰り返す作業や、テンキーボタンでの解答入力といった面倒な手間をなくし、児童が迷わず使える画面インターフェースとスムーズな操作性を実現しました。ストレスなく、学習に集中することができます。
 起動すると、トップ画面に先生が指定した問題やまだ取り組んでいない問題など解くべき教材を一覧表示するので、学習をすぐに開始できます。漢字の書き取りはもちろん、立式や筆算、メモも手書きでき、学習データとして残せるので、学習の振り返りも容易です。解答した時点で自動採点されるので、なぜ間違えたかに気付くことができ、理解度が向上します。

児童1人でも、楽しく意欲的に学習できる仕掛けを搭載

正解率や取り組み状況に応じてスターや賞状がもらえる仕組みを搭載しています。頑張りを可視化して評価するので、児童の自発的なやる気を喚起し、楽しく学習を進められます。

自動採点やつまずきの可視化で、クラス全体の学力を底上げする先生向け機能

 手書きでの解答を文字認識し、自動採点して間違えた問題には解説を提示するので、先生の採点負担を軽減します。先生向け画面では、問題の取り組み状況や解答内容に応じてリアルタイムに児童を分類し、個別指導すべき児童を自動検出します。先生は、タイミングを逃さずに、支援を必要としている児童への個別指導に注力できます。
 さらに、先生向け画面ではクラス間の成績比較結果なども表示するので、習熟度が低いクラスを見つけて、該当単元を取り組み直すための指標としても活用できます。
 また、そのまま印刷して児童に配布できるプリント教材を標準搭載しています。

パソコン教室はもちろん、普通教室や家庭への持ち帰り学習にも対応

 タブレット端末に問題データをダウンロードすれば、ネットワークにつながっていない環境でもドリル学習に取り組める設計なので、パソコン教室や普通教室での活用はもちろん、家庭に持ち帰って復習に利用することも可能です。学習結果は、ネットワークに接続した際に同期され、サーバーに学習履歴として合わせて蓄積されていきます。

「ジャストスマイル ドリル クラウド」なら、すぐに利用開始が可能

 多くの小学校が導入している「ジャストスマイル」シリーズと操作性を統一しているので、ICTに不慣れな先生でも迷うことなく、すぐに使い始められます。
 「ジャストスマイル ドリル クラウド」ではサーバーを学校内ではなく、クラウド上に置くことで、導入がより容易になり、すぐに利用を開始できます。サーバーの導入や管理といった費用と手間の負担も軽減できます。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。