株式会社ジャストシステムは、小中学生向けのタブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」で、藤木直人さんを起用した新TV-CM『紙よりいいかも。スマイルゼミ』の第2弾『続く篇』『英語篇』を、1月22日(月)より全国で順次放送開始します。

 「スマイルゼミ」は、すべての学習がタブレットで完結する、クラウド型通信教育です。「小学生コース」は楽しく続けられる仕組みにより自立的な学習習慣が身につき、「中学生コース」は理解度や進捗に合わせた教材を個別配信するので、無理なく学力を向上させることができます。

 本TV-CMは、2017年11月から放映した第1弾と同様、藤木さんと親子との会話を通して、「スマイルゼミを使えば、家庭学習の悩みを解決できる」ことをテーマにしています。
 『続く篇』『英語篇』では、「体感しながら学ぶから分かりやすい。自ら学びたくなる仕掛けが満載だから、毎日の学習を続けられる」「英語の発音練習を一人で行うタブレット学習なら、恥ずかしさを感じずに積極的に練習できる。ネイティブな発音が身につく」をメッセージにしています。
 「スマイルゼミ」で学ぶ、子どもたちの勉強が分かった瞬間の輝く笑顔や息づかいといったリアルな表情の変化からも、「スマイルゼミなら楽しく学べる」ことを訴求する内容となっています。

 なお、第1弾に引き続き、5人組ポップスバンド「wacci」(ワッチ)が、2017年1月の「スマイルゼミ」TV-CMのために書き下ろした曲『スマイル』のスペシャルバージョンを採用しています。本TV-CMのイメージに合わせてストリングスなどを加え、エモーショナルなアレンジに仕上がっています。



TV-CMの概要

タイトル

『紙よりいいかも。スマイルゼミ 続く篇』
『紙よりいいかも。スマイルゼミ 英語篇』

放送開始日・エリア

2018年1月22日(月)より、全国主要地域で順次オンエア

『紙よりいいかも。スマイルゼミ 続く篇』(15秒バージョン)

2017年11月、12月に放映した『紙よりいいかも。スマイルゼミ 国語篇』『紙よりいいかも。スマイルゼミ 算数篇』(ともに、15秒バージョン)もあわせてオンエアします。

2018年2月21日(水)より、全国主要地域で順次オンエア

『紙よりいいかも。スマイルゼミ 英語篇』(15秒バージョン、30秒バージョン)

『紙よりいいかも。スマイルゼミ 国語篇』『紙よりいいかも。スマイルゼミ 算数篇』『紙よりいいかも。スマイルゼミ 続く篇』の15秒バージョン、30秒バージョンもオンエアします。

主演

 藤木直人さん

ストーリー

【続く篇】
母親の「勉強しなさいって言わないと、なかなか家ではやらなくて」という言葉に、うなずく藤木さん。「ママ友に言ったら、スマイルゼミなら続くよって。勉強しなさいって子どもに言わなくなりました。」問題が分かり、「できたー」と叫ぶ少年と藤木さんがうれしそうにハイタッチします。

【英語篇】
「英語の発音練習も一人でやるから恥ずかしくないみたいで」と言う母親に、藤木さんは「人の目も気にならないし」と続けます。「英語も本格的な授業科目になりますしね。大丈夫?」と問いかける藤木さんに、少女は「No problem!!」と笑顔で答えます。


撮影エピソード

  • TV-CMs撮影当日は、「スマイルゼミ」のWebページで公開するスペシャルメッセージ(動画)もあわせて撮影を行いました。お話ししてほしいことをまとめたメモを用意していましたが、藤木さんは小学校時代にご自宅でプログラミングをされていたとのことで、ご自身の体験を踏まえて自分の言葉ですべてお話ししてくださいました。短い間に、自分の意見を適切な言葉と長さでまとめ上げた、藤木さんの高い知性に、スタッフからは感嘆の声が上がりました。
  • 急遽、予定にはなかったインタビューを藤木さんにお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。結構な時間を割いてくださり、また、質問者の意図をくみ取って的確に、誠実に答えてくださる姿に、藤木さんの高い知性と誠実なお人柄を感じました。

    インタビューの内容については、2017年11月21日発表のニュースリリース「藤木直人さんを起用した、小中学生向け通信教育「スマイルゼミ」の新TV-CM『紙よりいいかも。スマイルゼミ』【第1弾】を本日より、オンエア開始」をご覧ください。

  • 『英語篇』撮影時、今野后梨ちゃんが「No problem!!」と発音よく笑顔で言って終わるシーンでは、后梨ちゃんのあまりのかわいらしさに、監督は「カット!」と言うのではなく、思わず「かわいい」と漏らしてしまいました。撮影を見守っていたスタッフからも、后梨ちゃんの引き込まれるような笑顔にどよめきが起きました。
  • 『国語篇』『続く篇』に出演した恩田光翼(おんだ こうすけ)くんは、本格的なムービー撮影は初めてでしたが、そんなことを微塵も感じさせない落ち着いた演技を披露しました。学習シーンを演じるときの光翼くんの真剣なまなざしは、スタッフを引き込むほどの強さがあり、周囲の視線をくぎ付けにしていました。

プロフィール

藤木直人(ふじき なおひと)さん

1972年7月19日生まれ。千葉県出身。
早稲田大学理工学部情報工学科卒。  

在学中に東映映画「花より男子」花沢類役に抜擢され、95年デビュー。その後も、NHK朝の連続テレビ小説「あすか」やフジテレビ系「ナースのお仕事」シリーズなど、数多くの話題作へ出演。2008年には舞台「冬の絵空」で初舞台も踏み、その活動の幅を広げる。また、役者活動と並行して音楽活動を本格的に開始し、99年7月7日「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビュー。その後も精力的に活動し、全国ツアーでのライブ本数は200本以上を数える。
NHK2018年大河ドラマ「西郷どん」に出演中。

「wacci」(ワッチ)

橋口洋平さん(Vo.Gt)、因幡始さん(Key)、村中慧慈さん(Gt)、小野裕基さん(Ba) 、横山祐介さん(Dr)による5人組ポップスバンド。聞く人すべての「暮らし」の中にそっと入り込んでいけるようなPopsを作るべく2009年12月に結成。バンド名の由来は「私たち」の略。私たちの歌を聞いて、泣いていたあなたがちょっと笑えるような、笑っていたあなたがもっと笑えるような歌を届けます。5枚目のシングル「大丈夫」では、YouTube再生回数が420万回を超え、ファーストフルアルバム「日常ドラマチック」はオリコンデイリーチャート2位を記録するなど、まさに「今聴くべきバンド」の1つに数えられる。




(ご参考)「スマイルゼミ」の概要

 「スマイルゼミ」は、ジャストシステムが開発・提供する、小中学生向けの通信教育教材です。クラウド型で、すべての学習が専用タブレット上で完結するのが大きな特長です。現場の先生とともに開発し、全国の小学校の85%が導入している学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」で培ったノウハウを元に開発しています。

「スマイルゼミ 小学生コース」(会費:月額2,980円〜5,920円(税別))

 タブレットの特性をいかし、教材を「触る・見る・聞く・話す」ことで、紙教材では難しかった内容もより深く理解できます。紙のように書いて学べ、解いた問題は自動採点し、間違えた箇所にはその場で解説を表示するので、学力の向上に役立ちます。保護者には、メールと専用サイトで毎日の学習状況やつまずいている点などの情報を提供するので、適切なフォローが可能になります。子どもが夢中になって取り組める仕組みで、自立的な学習習慣が身につきます。

「スマイルゼミ 中学生コース」(会費:月額5,980円〜12,800円(税別))

 クラウド上に蓄積した学習履歴から一人ひとりの理解度や学習進捗を分析し、優先度や取り組むべき問題のレベルを判断して、“自分専用のカリキュラム”をリアルタイムに生成し、個別配信します。やるべきことを具体的に提示し、成績アップのために必要な教材だけを配信するので、効率的に無駄なく学習が行え、定期テストでの成績アップ、志望校合格が狙えます。

会費は、12ヶ月分一括払いした場合の月あたりの価格です。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

詳細情報
お問い合わせ先
関連情報