もどる

仕事を知る /

企画開発エンジニアの仕事企画開発エンジニア
の仕事について

“提案型自社商品”を創る

アプリケーションやWebサービスなどの企画・開発を行います。最新の開発環境で最適な技術を駆使し、ユーザーの課題解決を意識したものづくりを行います。

INTERVIEW 企画開発エンジニア / 山崎 弘毅

突き動かしたのは、
タブレット教育の可能性を
拡げていきたいという気持ち

「不足しているプログラミングのスキルは入社までに必ず身につけます。スマイルゼミの開発がやりたいんです。」これは、ジャストシステムの面接官に言い切った私の言葉。学生時代は教員を目指しており、塾講師や家庭教師のアルバイトを行っていました。そのころに「スマイルゼミ」を知り、タブレット学習の将来性を実感した経緯があり、どうしてもその開発に携わりたかったのです。正直、プログラミングのスキルが同期より足りない自分は別の部署に配属になるかと思っていたので、希望通りに配属された時は本当に嬉しかったです。

不安がないわけではありませんでしたが、入社前にメンターが行ってくれる基礎研修があったので技術のキャッチアップは問題ありませんでした。それでも同期の中ではダントツの初心者。はじめは他の人よりも作業に時間がかかっていましたが、先輩やベテラン社員の方が親身に指導してくれたおかげで着実に技術を身につけることができました。

夢中になれる環境と任される喜び
そして失敗を成長に変えていく

入社から半年後には、スマイルゼミに新しく搭載する「マイキャラ」というアバター機能の開発を任され、設計から実装までを経験。自分が思い描いたイメージがだんだん形になっていく過程が面白くて、夢中で取り組んでいました。ただ、リリース前は、期待と不安で心臓はバクバク。リリース後に想定できていなかった不具合を発見した時には「全責任が自分にある」と思い込み、とても落ち込みました。その時は上司の冷静かつ的確な判断で、すぐに不具合を改修することができ、改めて、自分が「チームの一員である」ことを良い意味で実感しました。しかし、同じ過ちを繰り返さないためにも、それ以降は「チームワークを意識しながら開発を進める」「プログラムや作業に漏れがないか、念には念を入れて確認する」などを徹底して行っています。

誰よりも技術の習得に貪欲になる
まだ世の中にない
新しいサービスを生み出すために

現在は、「スマイルゼミ」に加わったプログラミング講座の開発に携わっています。こちらも企画から実装までトータルに担当し、教材プロデューサーやUXデザイナーとともに意見を出し合いながら検討を進めています。開発に関しては一任されているので、自由度も高くやりがいがあります。たとえば、もっと画面に動きをつけるためにと、Unityの導入を決めたのも私の発案。これまでジャストシステムではあまり使われていなかった技術ですが、成果を出してこれから社内に広めていきたいです。

研修制度

プログラミングの基礎から、新規サービスの創出まで、ジャストシステムのものづくりを支える価値創造力と技術力を磨きます。

1. オンライン研修

WEBサービス開発を中心としながら,アルゴリズムとデータ構造から,テストの仕方、データベース/SQLまで,基礎をひととおり学びます。実務に近い実践課題で構成されており、先輩社員からのコードレビューもみっちり受けることができます。

2. 技術研修(4月上旬〜中旬)

技術研修では、業務に必要となる基礎技術を一通り学びます。先輩社員の方からのコードレビューでは、個人で書くプログラミングとは異なり効率的な書き方や他人が見て理解できるかなど自分のコードをさらに高いレベルにするための知見を得られます。ここで学んだ技術は、商品開発研修や配属後も含めて基礎になります。

3. 商品開発研修(4月下旬〜6月下旬)

商品開発研修では、「企画→開発→改善」の開発工程を経験できます。自分たちで考えた企画を0から開発していく中で、チーム開発や仕事としての開発の難しさがわかります。使う技術やスケジュールから自分たちで立てるので、ほとんどが初めての体験で戸惑いますが、この経験は配属後にも活きてくると思います。

他の職種について知る