WORK

仕事を知る

INTERVIEW
企画開発エンジニア
今野 裕太
2019年入社

商品力向上に大きく貢献
卓越した技術力と迅速な実現で「新人王」に

入社を決めた理由

学生時代、所属する研究室で「スマホアプリを利用した大学生の予習・復習状況を教員に可視化するツール」を研究していた私は、IT×〇〇といった、ITを取り入れることでさらなる発展が見込める分野、ITを活用し商品を開発していく仕事に興味がありました。
ジャストシステムはITを活用したものづくりを通して、世の中を便利にしようと取り組んでいると感じ、入社を決めました。

入社して驚いたこと

私が配属されたのは、成長型営業支援クラウドサービス「JUST.SFA」のチームでした。そこでSFAの主要訴求機能の拡充について担当。事前に仮説検証を徹底し、その都度関係者に共有しながら、実現可能かどうかの調査や仕様検討、試験までを一貫して進めました。
結果、想定開発期間の3か月より、約1か月半早く全ての工程を成し遂げることができました。その点を「商品力向上に大きく貢献できた」と評価していただき、その年の企画開発エンジニアにおける「新人王」を受賞できました。
このように新人という立場に関係なく早い段階でさまざまな経験を積むことができた点にはとても驚きました。

どう創るかの"技術力"と
何を創るかの"価値創造力"を大切にした開発

企画開発エンジニアの仕事

ジャストシステムの企画開発エンジニアは、若いメンバーも新機能の具体化に携わることが求められます。
処理フローの見直しから内部設計、ミドルウェアの選定やデータ量の試算をはじめ、実装からテストまで一貫して取り組むことができる環境なので、総合的なスキルアップにつながります。
ユーザーに商品を提供するプロのエンジニアとして、その取り組み姿勢はもちろんのこと、どう創るかの「技術力」と、ユーザーにとってのサービスの価値を自ら考え提案していける「価値創造力」両方の視点を大切にしています。

実装前の事前検証を徹底
失敗を糧に学び、成長していく

仕事を進める上で、意識していること

配属後初めて担当した機能実装で動作確認を行ったところ、次々と不具合が発生してしまい、自身の見通しの甘さを痛感した苦い経験があります。
はじめにもらった仕様が全てだと思い込み、その通りにコードを書いていったのですが、実は別の仕様と関係していたり、仕様の抜けがあったりなどして不具合へとつながってしまいました。
この失敗を経て、私はまず「自分がやろうとしていることがどのくらい周囲に影響をもたらすのか確認すること」を業務で徹底するようになりました。
コードを書き始める前に、まずはじっくり仕様を読みます。そしてさまざまな場面でどんな挙動をさせたらいいのか、実装後はどんな動作確認をすべきなのか、あらかじめすり合わせてから実装に入ることで、手戻りを減らせるように意識しています。

技術や知識を深め
より「お客様に響く商品」を開発したい

今後のキャリアについて

入社当初は、とにかくひたすらコードを書いていくビジョンを思い描いていました。
しかし二年ほど働いてきて商品開発に携わるうちに、機能の仕様検討といった、ユーザーの体験を考える方向に惹かれるようになりました。
今後は、より上流から商品開発に関われるよう、「商品開発責任者」になることを目標としています。そのためにも、まずは、土台となる技術力を固め、幅広い知識を身につけていきたいと考えています。

MESSAGE

ジャストシステムは製販一体の会社です。
だからこそ、「自分ごと」として物事を考える力が求められます。
ただ振られたタスクをこなすのではなく、自身の仕事を商品に反映した時、顧客にどんなプラスの価値が生まれるのか。
このことを考え開発していける方と、ぜひ一緒に働きたいです。

他のインタビューを見る