Ark SiteCommunication Arkアーキテクチャ
TOP 聞かせてArk 21世紀のJava/XML


20世紀の終わりに、Arkサイトでは、Arkプロダクトのあゆみを振り返り、「どうなる?21世紀のJava/XML」と題してみなさんからの予測を募集しました。たくさんの方からいただいた21世紀の予測の中からいくつかをご紹介。やはりみなさんXMLの未来に注目しているもよう。Arkプロダクトへの期待も大きく、気を引き締めてかからねば!と強く感じています。今年の終わり頃には、予測の中のいくつかは現実になっているかもしれませんね。

たくさんの応募、ありがとうございました。予測をお送りいただいたみなさまの中から、抽選の結果5名の方には、ジャストシステム特製・2001年スケジュールノート当選のお知らせをお送りしています。

 CPU・OSなどのハードウェア構成の壁に全く依存しない低価格受信機の実現・普及を目指しています。低価格でありながら、放送波やネットからのダウンロードソフトウェアで高級機能の実現も自由自在。
 現在の(DOS/V)PCとLINUXのように、オープンアーキテクチャーでみんなが受信提示用機能ソフトウェアをJava/XMLを使用して開発・競争できる環境の実現を夢見ています。
藤原正雄さん
 携帯電話用、PDA用、家電用にまで進化してJava/XMLの恩恵を意識せずに受けられる。
KARISさん
 ホームページやワープロを書くみたいに誰でも簡単に使うことができるようになり、家電などにも導入されてる。
kazuさん
 2000年初めはJava/XMLについて多くを必要としなかったが、現在の仕事先に於いても、XMLは避けて通れない必須要件となり業務APとして稼動しています。 現在、JREの安定性がまだ十分でないこと(Windowsの安定性、親和性か?)もありホスト上での稼動は行っていません。
 XMLについても技術的に固まっていないところも多いようで、本腰を入れて取り組んでいません。ここ数年のような技術革新はあまり期待しませんが”熟成”を期待したいです。
 Java/XMLの将来性については非常に興味のあるところですが、ブラウザを媒介するよりRMIなどのAPIを使ったものが伸びるように思います。
oineさん
 XMLに関しては、これからどんどん採用が進んでいくと思います。が、Javaはどうでしょうか?XML関連の商品が山のように出てきつつあります。また、XMLとデータベースを関連づけた、ソリューションなど今まさに注目の的となっています。しかし、Javaは、C#との競争に打ち勝てるのでしょうか。まだ、C#はスタートラインにも立っていませんが、どうなるのでしょう。
倉橋徹さん
 XML--アップデートされる書籍(専門書など)のフォーマットになって欲しい。
 Java--いろいろな通信用クライアントのインターフェースになってほしい
しずくさん
 Javaが、組み込み用途やサーバーサイド技術で進化するかどうかはわからない。しかしXMLは、その可能性、利用用途を見ても、利用頻度が高いだろう。
Posterさん
 もしも、このままXML関連の規格が乱立する事になれば、SGMLと同じ道をたどっていくのではないか。
 Javaは、C++並みに使われていくと思いますが、そのためにはもっと高速な環境にならないと無理ですね。
imksooさん
 Java/XMLはまだそれほど一般化していない技術なので、急変することはないと思います。が、技術的なものは確実に進化しているのでこの進化に対応できるか、できないかにかかっているものと考えます。
 たとえば、JUSTSYSTEMがJavaアプリケーションでデータベースソフトを開発して Ark、Muffin、Choco、???といったようにユーザーに新しい技術を提供してくれる企業がこれから成長する企業だとおもいます。
 結論として、これらを中心とした技術は一部の技術者の注目になっていますが、一般化には時間がかかると思います。
加納正英さん
 まずネットワークに接続されている端末であれば機種、メーカーを問わず世界共通のプラットフォームになると思う。そしてあらゆるオブジェクトは電子化されて物理的なでこぼこが無くなる(たとえば鍵がカードになるように)。
ばるさん
 Javaはもはやモバイル系の主流、XMLに至っては企業の文書管理の標準ですね。この両者をつなぐArkファミリ(?)の存在にもっと注目が集まってもいいのに、って思う。そうそう、予測でしたね、やっぱりジャストの努力でJavaの日本語環境が相当良くなってくるのでは、・・・と期待しています。
Alfalfaさん
 もう完全な標準プラットフォーム。今後、SVG等、様々な技術がハイブリッドな形で実現されていくのは明らか。ユーザが企業、個人の表現を如何にリアルタイムで実現できるかがポイントであると考えている。
TJJさん
 主要技術になっていることを望みます。ガンバッてArkシリーズ完成させてください。
MototakeSatさん
 現在の状況からすると、Javaはサーバサイドの技術しか残らないような感じがする。ただ、Javaはまだ出現から数年しかたっていない言語である。数年先はわからない。もし、Javaがプラットフォームに完全に依存しなくなり、もっとメモリを食わず、立ち上がりが早くなれば(ちょっと注文が多いかも?)クライアントアプリケーションとして十分に実用に耐えるどころか、アプリケーション作成の標準になれるかもしれない。XMLについては、現在でもその隆盛はよく知られているが、ほぼすべてのアプリケーションがXML形式で保存できるようになり、データ形式の標準となると思う。しかし、そのためにはいろいろなアプリケーション(特にブラウザ)でのXMLはもちろん、css、XSL、XHTML等の対応や、どのメーカーも標準というものを意識したアプリケーション作りが必要となってくると思う。なんにせよ、Javaでプログラムを書くのは面白いので、なんとかアプリケーションの分野でもこれだけできるんだぞというのをJustsystemさん(Sunも?)にがんばってもらいたい。
荒田真一さん

TOP 聞かせてArk 21世紀のJava/XML