ホーム製品・サービス > ATOK Business Solution 辞書配信システム5 /R.3

ATOK Business Solution 辞書配信システム5 /R.3

発売日:2013年2月28日(木)

一度ご登録いただくと、以後はログインのみで各種資料をご利用になれます。

辞書配信を自動化し、用語や表記ルールの共有を支援

ATOKの変換辞書やJust Right!の校正辞書は、「辞書配信システム」を活用すれば常に最新のものを全社や部門単位で共有でき、 用語や表記ルールの徹底をより簡単に実施することができます。

特長1:常に最新の用語や表記ルールを社内で共有

辞書の更新や追加などの状況を定期的にチェックし、利用者へ通知します。 辞書データは、各端末へ自動的に格納されるため、管理者・利用者双方の手間をかけずに、表記ルールの徹底が図れます。

  • ※配信時ポップアップを出さずに配信することも可能です。

特長2:部門やグループごとに、共有する辞書を設定

作成された辞書は、用途に応じて部門やグループごとに配信できます。 「社員名簿は全社員に」「製品コードは営業部だけに」「校正用語はマニュアルライティング担当に」といった細かな配信設定も可能です。

特長3:Webブラウザで設定作業ができる

Webブラウザ上で操作できるため、システムに詳しくない業務担当者でも、自分のPCから簡単に運用・管理が行えます。

  • ※複数の管理者を設定することも可能です。

特長4:利用状況の把握や分析が可能

辞書を「配信」するだけでなく、管理者が各利用者の状況を把握・分析できる機能を実装しています。

●利用状況を簡単に集計

ATOK Pro 3で記録した入力情報(打鍵数、確定文字数、使用時間など)に加えて、他社IMEの入力情報の収集も行えます。

●作業効率を可視化・分析

集計した入力情報を元に、他社IMEとATOKの打鍵効率、組織全体の週次作業時間などをレポートとして表示し、分析に役立てることができます。

  • ※他社IMEの集計については一部制限があります
■外字やATOK・Just Right!の環境設定も配信可能

外字フォントファイルや外字を含む単語の辞書も配信できるほか、ATOKのプロパティ(環境設定)ファイルやJust Right!の校正設定もクライアント端末に配信することができます。