外部とのファイル共有を柔軟かつ安全に実現するクラウドサービス InternetDisk ASP(インターネットディスク エーエスピー)

 alt=プライバシーマーク  
サービスの詳細について 無料トライアル オンラインお見積もり お申し込み お問い合わせ
TOPへ
InternetDisk ASPとは
サービスの詳細について
管理者機能
Webビュー
アップロード・ダウンロードと通知機能
ディスクマネージャ
英語環境でのご利用について
IPアドレス制限/ログイン制御
パスワードのロック機能・変更強制機能
ログインアグリゲータ
導入ご担当者様へ
個人向けサービスとの違い
InternetDisk ASP セキュアシール
オプションサービス
InternetDisk ASPのセキュリティ
ご利用料金
導入事例
オンラインデモ
ご導入検討のための詳細情報
よくあるお問い合わせ
動作環境
 

管理者機能

共有環境の構築・変更・追加が自在できる

管理者ログイン画面
管理者ログイン画面

大量のデータを共有・蓄積したいお客様へ。100GBパックなら83%OFF!
管理者といっても専門の知識が必要なわけではありません。メンバー(利用者)を登録することでID、パスワードといったアカウントを発行します。情報を共有する領域である共有ディスク・共有フォルダを作り、メンバーのアクセス権を設定するだけです。操作は専用の管理者用のツールから簡単に行えます。

共有ディスク・フォルダ一覧

共有ディスク・フォルダ一覧画面解説図

取引先ごとに共有環境を分ける

実務における情報の共有には安全性と柔軟性が求められます。InternetDisk ASPでは、共有ディスク・共有フォルダを作成して、同じデータを全員に配信したり、データを1箇所に集結させたりすることが可能です。また複数の共有ディスク・共有フォルダを用意して、個々の相手先ごとにデータの共有や受け渡しをすることもできます。
取引先ごとに共有環境が分かれている図

ASPならではの即応性

契約した容量の範囲で、複数のディスクに容量を割り振ったり(クォーター管理)、アクセス権を柔軟に追加・変更・削除することが可能です。ご導入時の環境設計はもちろんのこと、ご利用途中における共有環境の設計の変更も、リアルタイムに行っていただけます。

共有環境設定のプロセス

1.メンバー登録とアカウントの発行

メンバー登録画面
メンバー登録画面

管理者アカウントでログインし管理者メニューからメンバー登録を選択。メンバーを登録するとID、仮パスワードが発行通知されます。

※CSVファイルからメンバーを一括登録・削除する機能などもご用意しています。

オンラインデモを見る

2.共有ディスクを作成し、共有するメンバーを設定

共有ディスク作成画面
共有ディスク作成画面

データを共有するスペースである共有ディスクを作成。共有ディスクに対してどのメンバーが共有するか設定します。

※共有するメンバーに選択されないメンバーは、このディスクにアクセスできません。またディスクの存在そのものもわかりません。 ※共有ディスクは10MBを最小単位とし複数作成することができます。

オンラインデモを見る

3.共有ディスク内に共有フォルダを作成し、アクセス権を設定

共有フォルダ作成画面
共有フォルダ作成画面

作成した共有ディスク内に共有フォルダを作成。共有フォルダに対する共有メンバーのアクセス権を「Read/Write」「Read Only」「Blind Read」「なし」から選択し設定します。

※共有フォルダは共有ディスク内に任意の数作成できます。共有フォルダごとにアクセス権を変えることでさらに柔軟な共有環境の構築ができます。

オンラインデモを見る

サブメンバー管理者

メンバー管理者の管理負担を軽減するため、サブメンバー管理者を19名まで設定することができます。サブメンバー管理者は、メンバー管理者によりすでに設定されている共有ディスクに対して、新たな共有フォルダを作成したり、アクセス権を変更したりすることができます。また、サブメンバー管理者の管理権限を特定の共有ディスクに限定することも可能なため、プロジェクトごとに管理業務を分散させることも可能です。InternetDisk ASPの運用規模が大きい場合でも、スムーズな運用が可能となります。
InternetDisk ASPを今すぐ使って、その効果をお試しいただける無料トライアルをご用意しています。是非お試しください。 無料トライアルへ
 
    ▲ページ先頭へ  
   
update:2010.10.8