WORK

仕事を知る

INTERVIEW
教材プロデューサー
川村 美南
2019年入社

「教材」という視点から企画を変化させ
履修率を昨対比2倍に向上させる

入社を決めた理由

学生時代、理科教育を学んでいた私は教材開発に携わりたいと考え、教員ではなく民間企業で教育に関われる企業に絞って就職活動をしていました。
ジャストシステムの説明会に参加し、「さまざまなコンテンツを企画し制作していること」や「製販一体で商品を開発できる環境」に魅力を感じて入社を決めました

入社して驚いたこと

入社前は、問題を作問し解説を起稿する「執筆者」というイメージがありました。
しかし実際は、履修率や学習時間といったデータの分析、教材のブラッシュアップや販促物の制作、入会の促進など、サービス全般に関わる仕事です。
入社後に私が担当した「スマイルゼミ 中学生コース」の模擬テストは、当初の想定よりも履修が伸び悩んでいました。原因は「認知不足」と「受講に対するモチベーション不足」にあるとデータから分析し、受講促進のイベントを企画しました。
その結果、履修率を昨対比2倍に引き上げることができました。このように、データからお客様の動向を分析し、サービスを変化・成長させていけることは挑戦しがいがあると感じています。

データからお客様の心を汲み取り
次世代の学習教材をプロデュース

教材プロデューサーの仕事

ジャストシステムの教材プロデューサーは、IT技術を活用し、楽しく、効率的に学べる次世代の学習教材の企画、開発を担当します。子供たちの学びを継続させ、成績向上を図るために、ユーザーインタビューや受講データの分析結果から課題を抽出し、課題解決に向けた企画をスピード感をもって進めていきます。エンジニアやデザイナー、マーケティング担当者と議論を交わしながら、さらなる商品力の向上を目指しているので、お客様から「成績が上がりました!」「志望校に合格できました!」と報告をいただいたときはとても嬉しく、日々やりがいを感じています。

ユーザーの声を取り入れた
「教材」としてのコンテンツ企画

仕事を進める上で、意識していること

アンケートやインタビューでいただくお客様のリアルな声をコンテンツに反映し、時代や状況の変化に即した企画ができるように意識しています。
たとえば「理科での困りごと」について調査したところ、コロナ禍の影響で「学校での実験ができなかった」という声が多く集まりました。教科書に実験手順などは載っていますが、実際に操作を目にして学ぶことも多くあるため、学校で実験ができない影響は非常に大きいと感じました。
そこで、実験の手順から結果・考察までの流れやテストに出やすいポイントなどをまとめた、動画付き講座を作成し、定期テスト対策用として配信を実施しました。
結果、履修率もよく、テストの点数に影響したというお声もいただき、お客様の求めているものをピンポイントで制作することができたと思っています。

「学ぶ楽しさ」を
より多くのユーザーに伝えたい

今後のキャリアについて

ジャストシステムでは、家庭向けや学校教育向けなどの教育系サービスを展開してきていますが、「学ぶ楽しさ」を感じることに場所や年齢は関係ないと思います。
今後、スマイルゼミの訴求ポイントである「タブレット1台で完結する教材」をベースにしながら、自身の制作経験を活かして「学ぶ楽しさ」をより幅広いユーザー層に感じてもらえるようなサービスを企画していきたいです。

MESSAGE

教材プロデューサーは、教材開発の中心メンバーとして、さまざまなコンテンツを企画します。
「楽しく学べて、力がつく」コンテンツを企画するためには、より柔軟な発想力が求められると感じています。自身の経験に関係なく「教育に対する情熱」や「学ぶ楽しさを伝えたい」という強い想いがある方と、ぜひ一緒に働きたいです。

他のインタビューを見る

RECRUIT MESSAGE

RECRUIT INFO
採用情報