もどる

仕事を知る /

UXデザイナーの
仕事について

企図を具体化しユーザー体験を設計する

企画の上流工程から、顧客に提供する「ユーザー体験(User Experience)」全体をデザインし、ユーザーへ提供したい価値を具体化していきます。

INTERVIEW UXデザイナー / 秋月 民子

企画上流から「ユーザ体験」を軸に
新しいサービスの価値を創造する

入社してから様々なジャンルのサービスやアプリのデザインにUXデザイナーとして携わってきました。現在はBONNE(女性向けセレクトECショップ)に携わり、サービス全体のUX・UIをデザインしています。ジャストシステムのUXデザイナーは、プロジェクトの上流から参加し「ユーザー体験」を軸に、企図を具体化することから携わっていけることが特徴で、依頼された部品の作成や、見た目のデザインを整えるだけではなく、サービス全体の体験をデザインすることが求められます。

また、ジャストシステムの商品・サービスは、個人、学校、官公庁、企業向けなどあらゆる市場に展開しており、ユーザーの年齢層も幼児から高齢者までと幅広いので、多様性のあるデザインスキルが磨かれていくのも特徴です。そして、メーカーということもあり、お客様との距離が近く、たくさんの反応を得ながらサービスの成長に関われることが醍醐味だと感じています。
すべての商品を自社で手がけており、こだわりのある商品を社員一丸となり作りあげていきます。

開発を始める前に商品コンセプトを
1枚のシートにまとめて徹底的に議論する

プロジェクトの初期段階では、仮説を立て、対象のユーザーへのインタビューを重ねながら、商品のコンセプトを具体化させていきます。ある程度コンセプトが固まると、商品コンセプトを1枚のシートの形にまとめ「本当にお客様に響く内容となっているのか?」をチーム内で徹底的に議論します。この時、チームから出る様々なアイデアを素早くカタチにできるUXデザイナーの技術は非常に重要であり、プロジェクトを推進する役割を担います。

デザインの正解は、
ユーザーが知っている

BONNEは、過去に複数回のリニューアルを経て現在の形になりました。ユーザーの心の機微を読み取ることは非常に難しく、いざリリースされてみると想定したユーザーと実際のユーザーにしばしばギャップがありました。そうした場合は、なぜ想定と異なっていたか多角的に分析を行い、アプリの機能からデザインテイストまで幅広い領域にわたって改善を続けてきました。レイアウトのわずかな変更でもアクセス数が飛躍的に伸びたこともありました。画面設計をする際は、どうすれば情報を分かりやすく提示できるか、どのようなグラフィックにすると好ましい印象になるかなど、細部にまで気を配ってデザインしています。こうした小さな積み重ねが非常に大切であり、商品力アップにつながると確信しています。

他の職種について知る