ホーム体験版・ビューShuriken 2016 体験版 > 体験版セットアップ手順 (旧バージョンをお持ちの方)

Shuriken 2016 体験版

体験版セットアップ手順 (旧バージョンをお持ちの方)

お客様の環境により、セットアップ手順が異なります。こちらのフローチャートでお客様に対応するパターンの手順をご確認のうえ、体験版をご利用ください。

Shuriken 2016 体験版をセットアップする方法

1. 旧バージョンのデータをバックアップする

  1. 起動しているShurikenや着信監視などはすべて終了します。
  2. ユーザー管理ツールを起動します。
    • Shuriken 2014の場合
      Windows 8.1のアプリ一覧画面で[JustSystems ツール&ユーティリティ]をクリックし、[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ-JustSystems ツール&ユーティリティ-JustSystems ツール&ユーティリティ]を選択し、[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windows の[スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します
    • Shuriken 2012以前の場合
      Windows 8.1のアプリ一覧画面で[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windows の[スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します。
  3. [バックアップ]をクリックします。
  4. バックアップ先フォルダとバックアップする項目を設定し、[開始]をクリックします。

2. 旧バージョンのShurikenをアンインストールする

  1. 起動しているShurikenや着信監視などはすべて終了します。
  2. Windowsのチャームバーを表示して[設定]、[コントロールパネル]を順にクリックし、[プログラムのアンインストール]を選択します。
    • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンを右クリックし、[コントロールパネル-プログラムのアンインストール]を選択します。
    • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル-プログラムのアンインストール]を選択します。
  3. [Shuriken □□]を選択して、[アンインストール]をクリックします。

あとは、画面に表示されるメッセージに従って操作を進めます。

3. Shuriken 2016 体験版をインストールする

Shuriken 2016 体験版の試用期間終了後、旧バージョンのShurikenに戻す方法

Shuriken 2016 体験版の試用期間終了後に旧バージョンのShurikenに戻すには、次の操作を実行します。体験版のインストール前の状態に戻すことができます。

試用期間中に送受信したメールデータやアドレス帳のデータ、設定値、Sasukeのスケジュールデータはすべて失われますのでご注意ください。
引き続き同じユーザーをShuriken 2016 製品版で使用する場合は「(2)Shuriken 2016 体験版をアンインストールする」から実行してください。

1. Shuriken 2016 体験版で使用したユーザーを削除する

  • ※引き続き同じユーザーをShuriken 2016 製品版で使用する場合は「(2)Shuriken 2016 体験版をアンインストールする」から実行してください。
  1. 起動しているShurikenや着信監視などはすべて終了します。
  2. ユーザー管理ツールを起動します。
    • Windows 8.1のアプリ一覧画面で[JustSystems ツール&ユーティリティ]をクリックし、[Shuriken 2016]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ-JustSystems ツール&ユーティリティ-JustSystems ツール&ユーティリティ]を選択し、[Shuriken 2016]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windows の[スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム-Shuriken 2016-ユーザー管理ツール]を選択します。
    • ユーザー一覧でShuriken 2016 体験版で起動したユーザーを選択し、[削除]をクリックします。
    • 削除が完了したら[終了]をクリックし、ユーザー管理ツールを終了します。

2. Shuriken 2016 体験版をアンインストールする

  1. 起動しているShurikenや着信監視などはすべて終了します。
  2. Windowsのチャームバーを表示して[設定]、[コントロールパネル]を順にクリックし、[プログラムのアンインストール]を選択します。
    • Windows 8.1のアプリ一覧画面で[JustSystems ツール&ユーティリティ]をクリックし、[Shuriken 2016]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンを右クリックし、[コントロールパネル-プログラムのアンインストール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル-プログラムのアンインストール]を選択します。
    • [Shuriken 2016 体験版]を選択して、[アンインストール]をクリックします。
あとは、画面に表示されるメッセージに従って操作を進めます。

3. 旧バージョンのShurikenをインストールする

旧バージョンのShurikenのディスクからインストールします。

4. バックアップしておいた旧バージョンのShurikenのデータを書き戻す

  1. 起動しているShurikenや着信監視などはすべて終了します。
  2. Shuriken 2.1以下の場合、そのままでは Shuriken ユーザー管理ツールをアップデートできません。Shurikenアップデートモジュールの導入後、Shurikenユーザー管理ツールをアップデートします。
    • Shuriken 2014の場合
      Windows 8.1のアプリ一覧画面で[JustSystems ツール&ユーティリティ]をクリックし、[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ-JustSystems ツール&ユーティリティ-JustSystems ツール&ユーティリティ]を選択し、[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windows の[スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します。
    • Shuriken 2012以前の場合
      Windows 8.1のアプリ一覧画面で[Shuriken □□]から[ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 10の場合は、Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのアプリ-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します。
      • ※Windows 7/Windows Vistaの場合は、Windows の[スタート]ボタンをクリックして、[すべてのプログラム-Shuriken □□-ユーザー管理ツール]を選択します。
  3. [登録]をクリックし、ユーザー名を入力して[OK]をクリックします。
  4. ユーザー一覧で新たに登録したユーザーを選択し、[リストア]をクリックします。
  5. リストア元フォルダとリストアする項目を設定し、[開始]をクリックします。