ATOK 2016 for Mac日本語入力システム

素早く正確に、間違いのない入力。推測変換・入力補正機能が進化。

日常生活のあらゆる場面で使うATOKが、さまざまなことばの使い分けを実現しました。入力するとき別のアプリやウインドウ内の文章など「何か別のもの」を見ていることが多いことに着目した「ATOKインサイト」は、使ってみるとその便利さに驚くはずです。また、ミスをどこまでも徹底的に補正し、間違いのない入力を強力にサポート。「ATOKタイプコレクト」による補正の強力さは、これまで以上の快適さを感じられます。

ATOKインサイト

入力したいことばを、ブラウザーや隣のアプリから探し出します。

受信したメールや他の人の書いた文書を参照しながら、文章を作成することはありませんか? 「ATOKインサイト」はブラウザーやアプリケーションなど、そのとき参照している文書に含まれる単語をそのときだけ優先して候補に表示します。事前の準備などは一切不要。手間をかけることなく「素早く」そして「正確に」見ている語句を入力することができます。

  • メールの作成画面と受信メールが同時に開かれた状態
  • 受信メール内の「対応機器一覧」という単語をピックアップ
  • メールの作成画面で「たい」と入力し始めると推測変換候補に「対応機器一覧」が追加される
メール作成中に受信メールの内容をピックアップ

メールの作成画面で「たい」と入力し始めると、同時に開いているアプリケーションから、ATOKがことばをピックアップ。ここでは受信メールの内容から「対応機器一覧」を推測候補に追加しました。このときだけの「一時学習候補」として、推測変換・変換の候補のなかで優先して表示します。

  • メールの作成画面とSNSの画面が同時に開かれた状態
  • SNSの画面内の「体験レッスン」という単語をピックアップ
  • メールの作成画面で「たい」と入力し始めると推測変換候補に「体験レッスン」が追加される
見ている内容が変わると、出てくることばも変わる

同じ「たい」でも、SNSでのやりとりでは、過去のメッセージから「体験レッスン」をピックアップ。「いま見ていることば」が場面ごとに変わるのに合わせて、ATOKが表示する候補も最適なものに変わります。
ATOKインサイトの機能がOFFの場合は、さまざまな利用シーンでオールマイティに役立つことばやフレーズを表示します。

ATOKタイプコレクト

手がずれた状態で入力を始めても、正しいことばを予測します。

急いでいるときほど、ついついやってしまう入力ミス。そんなミスをATOKタイプコレクトが訂正することで、入力し直しにかけていた時間を大幅に削減できます。ちょっとした打鍵ミスに心を乱されず、文章を作成するという本来の目的に集中できます。好評な入力補正機能の提示率を従来比2倍*1に強化しています。

両手がズレて意味不明な入力。ATOKなら訂正します

aの隣のs、rの隣のt……とズレたままキーを押し続けると、手のズレによるミスとATOKが推測。「arigatou」と入力したかったのでは?と推測候補に提示します。

  • 両手がズレて意味不明な入力になってしまった場合のイラスト
  • タイプコレクトで訂正された推測候補

単なる手のズレに加え、さまざまな押し間違いに対応

右手だけがズレた「arigatou」→「arogatpi」、手が上にズレた「osewa」→「9w32q」のほか、いろいろなズレに対する訂正率が大幅にアップしました。

スペースバーで変換してしまっても大丈夫

右手だけがズレて「kuma」が「jyna」に。ここでスペースバーで変換してしまうと取り返しがつかない、そんなことはもうありません。

  • 手がずれた状態でスペースキーで変換
  • 修復候補を表示

「じ→ぢ」「ず→づ」の入力支援

口に出しても分からなければそのまま変換してください。

ちょっとした打ち間違いに対しての「入力支援機能」の対象を拡大。間違えがちな「じ→ぢ」「ず→づ」の入力誤りも変換できるようになりました。

以前のATOK ATOK 2016
さんげんぢゃや → 三軒茶屋 さんげんぢゃや → 三軒茶屋
さんげんじゃや → 三軒茶屋
やいづ → 焼津 やいづ → 焼津
やいず → 焼津
地名の「ぢ」や「づ」を取り違えてもOK

「さんげんじゃや」? それとも「さんげんぢゃや」? 迷ったらそのまま変換。
ATOKが「三軒茶屋」を表示します。「おじやし」→「小千谷市」(おぢやし、新潟県)や「おおずまち」→「大津町」(おおづまち、熊本県)なども、どちらだったか考え込む必要はありません。

日本語OFF時に文字列から変換候補を表示

「日本語入力がオフのまま」そんなときも、あわてない。

日本語入力がオフのまま入力して、気がつくと画面にアルファベットが入力されてしまった経験はありませんか?
ATOKはそんなときも、入力し直すことなく変換できます。

  • 「senjituhaarigatugozaimasita」と入力
  • かなキーを2回押す
  • 変換候補を表示
日本語OFFで入力した文字をそのまま変換候補に

急いでいるとうっかり日本語入力がOFFのまま打ち始めてしまいがち。そんなときはかなキーを2回押すと、ATOKがそれまでに入力した文字をもとに変換候補を表示します。消して日本語ON、また入力…という時間のロスにイライラしている方に、ぜひ覚えておいてほしい操作です。

そのほかの校正支援機能

つまらないミスは卒業、信頼される文章作りをサポート。

大切なお客様あての文書や、取引先へのメール文面に誤字脱字が目立っていたら、それだけで信頼を失いかねません。ATOKのかしこい入力・変換、文章校正機能がパワフルに支援します。

基本的なことばのミスをしっかり指摘

「白羽の矢が当たる」のような間違いやすいことばや慣用句をチェックして、誤りを指摘。読み間違いを知らずに「みをこなにして」と入力しても「みをこにして」の誤読ということが変換中にわかるので、そのまま確定できるだけにとどまらず、次から間違えることもありません。「日本に来日」「後から後悔」のような「重ね言葉」もチェックします。

  • 間違いやすい言葉や慣用句もチェックしているサンプル画面
  • 読みの誤りもチェックしているサンプル画面
  • 「重ね言葉」チェックをしているサンプル画面

敬語の使い方をチェックして、使い方もしっかり解説

敬語の難しさは、動作の主体が誰であるかによって、使うべき表現が変わること。ATOKは「申しました」の主語として「私」は適切だが「社長」であるときは誤り、というような使い分けにも対応しています。細かい使い方はcontrol+Wで表示される「校正支援解説」で確認できます。

  • 敬語の使い方をチェックしてより適切な表現になるよう訂正案を候補として表示する例のサンプル画面
  • 敬語の使い方をチェックしてより適切な表現になるよう訂正案を候補として表示する例のサンプル画面

名称変更の指摘、カタカナ語の言い換え例も

合併が行われた市町村の名前など、固有名詞の変更に対しては、旧名称の入力時に変更を指摘。また「ディスクロージャー」(情報公開)、「インキュベーター」(起業家支援者)などの通じにくいカタカナ語の言いかえ例も提示します。

  • 名称変更アシストで変更後の名称までナビゲートしているサンプル画面:田無市「西東京市」
  • 「ディスクロージャー」
  • 「情報公開」候補のサンプル画面
ATOK 2016 for Macの左に赤いプレミアムパッケージと右に青いベーシックパッケージが二つ並ぶ

ATOK 2016 for Mac

その「スピードと正確さ」を手に入れよう。

直営ショップで購入する 
TOP