ATOK 2016 for Windows日本語入力システム

ページヘッダーイメージ

以心伝心の入力を実現
素早く正確な入力を支える、推測変換や入力補正機能がさらに進化

さまざまななことばを使い分けることが求められる昨今。ATOKは、そのときどきに応じた文章を「素早く」「正確に」入力するための機能を強化しました。

シーンにあったことばが
変換できる
「ATOKインサイト」

受信したメールや他の人の書いた文書を参照しながら文章を作成することはよくあります。
「ATOKインサイト」はブラウザーやアプリケーションなど、そのとき参照している文書に含まれる単語をそのときだけ優先して候補に表示することで、素早く正確な入力を可能にします。

ATOKインサイトの機能が
オフの場合

様々な利用シーンでもオールマイティに役立つ言葉やフレーズを表示します。

ATOKインサイトの機能がオフの場合でも、役立つ言葉やフレーズを表示している画面サンプル:たいしゃ
ATOKインサイトの機能がオフの場合でも、役立つ言葉やフレーズを表示している画面サンプル:たいけ

ATOKインサイトの機能が
オンの場合

さらにそのとき参照しているブラウザーやアプリケーションなどの文書中(*1)に含まれる語句を、そのときだけ優先して推測候補に表示(*2)します。
事前の準備などは一切不要。手間をかけることなく「素早く」そして「正確に」見ている語句を入力することができます。

ATOKインサイトの機能がオンの場合はさらに、そのとき参照しているブラウザーやアプリケーションによって適切な「語句」を推測候補に表示する説明がなされているイラスト

*1Internet Explorer、Microsoft Edgeなど主要なブラウザー、Word、一太郎2016、Shuriken 2016などで動作します。

*2一時的に推測変換・変換の候補に単語やフレーズを優先して表示します。

手の位置がズレても修正できる
「ATOKタイプコレクト」

好評な入力補正機能の提示率が従来比2倍*1にパワーアップしました。
急いでいるときほど、ついついやってしまう入力ミス。そんな入力ミスをATOKタイプコレクトが訂正することで、入力し直しにかけていた時間を大幅に削減できます。ちょっとした打鍵ミスに心を乱されずに、文章を作成するという本来の目的に集中できる日本語入力システムを目指しました。

*1ATOK 2015 for Windowsとの比較。当社調べ。

両手がズレて意味不明な入力になってしまった場合も驚きの訂正!

両手がズレて意味不明な入力になってしまった場合のイラスト

さまざまな手のズレに対応

手のズレ以外の押し間違いに対する訂正率も大幅アップ

手のズレ以外の押し間違いに対する訂正のサンプル画面「天気に恵まれた連休」
手のズレ以外の押し間違いに対する訂正のサンプル画面「観光列車を利用」

推測候補での表示だけでなく、「スペースキー」を押して変換したときも有効

「スペースキー」を押して変換したときのサンプルと「打鍵」間違いの例のイラスト

キーボードからの入力だけでなく、タッチキーボードの場合も訂正可能

タッチキーボードの場合も訂正可能な例を説明するイラスト

「じ→ぢ」「ず→づ」の入力支援

ATOK 2016では、入力支援機能の対象を広げ、間違えがちな「じ→ぢ」「ず→づ」の入力誤りも変換できるようになりました。

以前のATOK ATOK 2016
さんげんぢゃや → 三軒茶屋 さんげんぢゃや → 三軒茶屋
さんげんじゃや → 三軒茶屋
やいづ → 焼津 やいづ → 焼津
やいず → 焼津

日本語オフで入力してしまった文字列も変換OK。ムダな作業をなくして時間短縮!

日本語入力がオフのまま入力して、気がつくと画面にアルファベットが入力されてしまった経験はありませんか?そんなときも入力し直すことなく変換できます。

jikamasumasu

Ctrl+Backspaceキー

「じかますます」→「時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
senjituhaarigatugozaimasita

Ctrl+Backspaceキー

「せんじつはありがとうございました」→「先日はありがとうございました。」

モード切替不要で、つぶやき・会話もスムーズに入力。

さっきの見たぁ?,おもしろいわぁ,言っちゃいなよ~

TwitterやFacebook、LINEなど、ソーシャルメディアの普及とともに、話すように気軽に言葉を入力する場面が増えています。

モード切替不要で、普段使いの言葉もスムーズに入力できます。

英語入力支援機能で、長い単語もミスなく楽々入力

ATOKの「英語入力モード」を使えば、英単語や英文の入力も楽々スムーズです。

英数キーを押すだけで、英語もスラスラ「英語入力モード」

「英数」キーを押すと出てくるダイアログのサンプル

長い単語も、少ないキータッチで入力できる

長い単語も「conveni」から推測される単語を表示しているサンプル画面

数文字の入力で、英単語の候補を推測して提示。

文字入力するたびに候補が絞り込まれていくので、 長い単語も少ないキータッチで入力できます。

次の入力を推測して、
候補を次々提示

次の入力を推測して「He」からつながる単語を次々提示するサンプル画面

品詞や表記の連接情報を統計的に処理して、次の入力を推測。候補を先回りして提示します。

入力しながら、スペルチェック

入力中の単語やフレーズ(複数の単語)にスペルチェックを行います。
訂正候補を選べば、ATOKが指摘した理由を確認できます。

入力しながら、スペルチェックできる画面サンプル

思い出せない英単語も日本語から変換できる

うっかり忘れた英単語は、日本語でローマ字入力

日本語でローマ字入力からもATOKが英単語に変換してくれる例のサンプル画面

英語のスペルが出てこない・・・そんなときでも、日本語をローマ字入力すれば、ATOKが英単語に変換してくれます。

日本語から英語への変換も

日本語から英語への変換もできるサンプル画面

日本語入力中でも、「スペースキー」を押せば、日本語から英単語に変換できます。

誤用や誤読、敬語もチェック。充実の校正支援機能

間違いやすい言葉や慣用句も
チェック

間違いやすい言葉や慣用句もチェックしているサンプル画面

読みの誤りもチェック

読みの誤りもチェックしているサンプル画面

「後から後悔」を未然に防ぐ!
「重ね言葉」チェック

「間違っている」とまでは言えないけれど、冗長な印象を与えてしまう「重ね言葉」。
ATOKを使えば、重ね言葉をチェックして、より簡潔で適切な表現に変えられます。

「重ね言葉」チェックをしているサンプル画面

敬語の使い方をチェックして、使い方もしっかり解説

目上の方や、取引先へのメールは気を遣うもの。
ATOKは、より適切な表現になるよう訂正案を候補として表示し、さらに使い方の解説を例文付きで表示するので、敬語の理解が深まります。

敬語の使い方をチェックしてより適切な表現になるよう訂正案を候補として表示する例のサンプル画面

名称変更アシストで変更後の名称を提示

市町村名や外国の都市名、官公庁名、企業名など変更された名称を指摘して、新しい名称を表示します。

名称変更アシストで変更後の名称までナビゲートしているサンプル画面:田無市「西東京市」
称変更アシストで変更後の名称までナビゲートしているサンプル画面:大蔵省「財務省」

カタカナ語の言い換えを提案

なじみのうすいカタカナ語を、誰にでも伝わる表現への言い方を提案します。

「ディスクロージャー」

Spaceキー

「情報公開」候補のサンプル画面
TOP