〜コラム〜

お茶を「いれる」の表記

お茶を「いれる」という日本語には、

  1. 「お茶の抽出液を作る(=結果としてお茶ができる、という結果目的語表現)」
    (英語で make (a cup of) tea にあたる)
  2. 「お茶を茶碗や湯飲みに注ぐ」(用例:「お茶が入りました、とお盆に載せて運んでくる」)
    (英語で pour (a cup of) tea にあたる)
  3. 「茶葉を急須や薬缶に入れる」

という合計3種の意味が包含されている。古来、最初の意味には、抽出液の作り方の技法別に、「烹れる」「点れる」「煎れる」「淹れる」といった漢字が当てられてきた。また、2番目と3番目の意味に対しては、主に「入れる」という漢字が当てられてきた。

お茶の作り方の技法を区別する言葉として、「煎/淹」が対になる表現として特に多く使われてきた。「煎」という語は、「薬草を煎(せん)じる」という用法に見られるように、お茶の葉を、火にかけ沸騰させたお湯の中に入れ、煮出してお茶を作ることをいう。 これに対し、「淹(えん)」という語は、現在普通に行われているように、火から降ろし冷ましたお湯で、急須に入れた茶葉を浸してお茶を作ることを指す。この「淹」の漢字は、本来、茶に関するバイブルである唐代の陸羽の
「茶経」という書物に、「」という表記で登場する。


この2つのお茶の作り方の区別は、現在の形の煎茶が嗜まれるようになった、元禄時代から文化文政時代に特に重要であった。煎茶道は、日本において抹茶道が広まる以前の伝統的「煎茶」を復興する、という意味合いがあった。 この場合、古来の「煎茶」は文字通り煮出して作る
「煎茶」であったのに対し、江戸時代に復興した煎茶は、中国の華南地方で行われるようになっていた工夫茶の影響により、現在のスタイルであるお湯を急須に入れて作るやり方であった。 このやり方を当時、陸羽の茶経より表記を借りて「淹茶(えんちゃ)」と呼んだ。「煎れる/淹れる」という表記の区別は、元々この「煎茶/淹茶」という区別に起因する。

現在でも、日本古来の番茶(徳島の阿波番茶や高知の碁石茶など)は、煮出して作る「煎茶法」によって作る。(その意味で、「番茶を淹れる」は、本来誤りである。) しかしながら、一般の煎茶では、
「淹茶法」が採られており、この2つの技法を細かく区別することは、専門家以外にはあまり意味を持たない。また、「煎/淹」の表記は、お茶を作るという以外の2つの意味の「いれる」、 つまり茶碗や湯飲みに注ぐという意味や、茶葉を急須の中に入れる、という意味には使えない。それに対し、「入れる」は以上3つのすべての意味に使って問題がない。ATOKでは従って、「入れる」を第1表記として採用している。 (追記すれば、「淹」は常用漢字表外の漢字であり、この意味でも第1表記とするのは問題が多い。)




(C)1999 JUSTSYSTEM Corporation
update 1999.5.20