ICレコーダー書き起こしガイド
 
Voice一太郎11   ViaVoice  
 
Voice一太郎11とICレコーダー「Voice-Trek DS-1」を連携させれば、ICレコーダーに録音した音声を文字に書き起こすことができます。
うまく使えば、きっと効率的なレポート作成のお役に立つことでしょう。
下記操作手順をよくお読みの上、正しくお使いください。
 
※録音データ書き起こしで使用できる音声ファイルの長さは、パソコンの環境により異なります。
弊社では、VoiceATOK14アップデートモジュールを導入した場合、2時間までの音声ファイルからの書き起こしが正しく動作することを確認しています。
 →Voice ATOK14アップデートモジュール ダウンロードページ

 
 ■用意するもの
 
・パソコン(下記製品が動作するもの)  
・Voice一太郎11 Voice一太郎11
・ICレコーダー「Voice-Trek DS-1」
オリンパス社製
DS-1
・USB接続キット「AS-100W」
オリンパス社製
 
 
 ■書き起こしの流れ
 
準 備
各ソフトのインストール
Voice一太郎や他のソフトをセットアップします。
Voice-Trekを使う準備
ViaVoiceでVoice-Trekを使うための設定をします。
Voice-Trekでエンロール
通常のマイクでの音声入力同様、エンロールを行います。
Voice一太郎を使う準備
Voice一太郎で書き起こしをする設定をします。
録 音
Voice-Trekで声を録音
できるだけ静かなところでのご使用をおすすめします。
書き起こし
Voice-Trekからパソコンへデータを転送
USB接続キットですばやく転送できます。
Voice一太郎で書き起こし
読み上げるよりも高速で音声データが書き起こされます。
 
書き起こし詳細手順へ
 
(C)Copyright IBM Corp. 1993,2000 All Rights Reserved.


Upupdate 2001.07.03