特長1:公用文の表記基準に沿った正確な公文書を作成!
特長2:個人情報の漏えいや情報改ざんを防ぐ高いセキュリティ!
特長3:XMLフォーマットを含む、多様なファイル形式に対応!
その他の特長を見る

発売日
123

特長・機能紹介

動作環境・製品構成

価格・購入



関連製品

一太郎2006

ぎょうせい公用文表記辞書

Justsystem PDF Suite

関連サイト

官公庁・自治体向け「Justsystem & Government」

一太郎情報ポータル「一太郎Web」


※本製品は販売終了しました。最新バージョンはこちら。
 (掲載情報は2007年3月時点のものです)

「一太郎ガバメント」とは
「一太郎ガバメント2006」は、行政機関に最適な機能を搭載した中央省庁・地方自治体専用の日本語ワープロです。公用文ルールに基づいた入力支援機能や、情報を安全に取り扱うためのセキュリティ機能、PDF形式保存への対応等により、公文書の「作成」から「チェック」、「公開」までを効率的にサポートします。
さらに2006年夏には、XML形式のファイルフォーマットであるOpenDocument(*1)の読み込み・書き込みができる追加モジュールを、無償で提供予定。これによりXML形式保存にも対応し、文書の保管・再利用がより便利になります。

特長1 公用文の表記基準に沿った正確な公文書を作成!
公文書の作成を支援する専用辞書「ぎょうせい公用文表記辞書」を標準搭載。公用文ルールに基づいた正確な表現で入力できます。また、公用文に特化した文書校正機能により、過去に作成した文書や他の職員から受け取った文書もチェック可能。「スペルミス」「表記ゆれ」などのケアレスミスも、簡単に見つけることができます。

特長2 個人情報の漏えいや情報改ざんを防ぐ高いセキュリティ!
文書中の個人情報や特定固有名詞などを自動抽出し、一つ一つをチェックしながら伏せ字に置き換える「個人情報マスキング機能」を搭載。業務の効率化はもちろん、情報漏えい防止に効果を発揮します。他にも、「極秘」「持ち出し厳禁」などのすかし文字をいれる「すかし保存」や、文書の閲覧・編集を制限する「改ざん禁止保存」など、各種セキュリティに対応した保存方法を選択できます。

特長3 XMLフォーマットを含む、多様なファイル形式に対応!
法令文書や通達、庁内の連絡文書などの公開に用いられる多様なファイル形式に対応!一太郎やWORD形式はもちろん、PDF形式での保存も可能です。また、一太郎 OpenDocument対応モジュールを導入すれば、XML形式のファイルフォーマットであるOpenDocument(*1)の読み込み・書き込みにも対応。XML形式での保存が可能になります。
 >>「一太郎 OpenDocument対応モジュール」のダウンロードはこちら

特長4 誰でも簡単に使える専用メニュー&ヘルプ
公務に便利な機能を厳選、追加した専用メニューをご用意しました。頻繁に使用する機能が一つにまとまっているので、操作に迷うことはありません。また、行政機関での利用シーンを想定したヘルプを新搭載。ITスキルを問わずご利用いただけます。

(*1)OpenDocument:
e-ビジネス標準の開発、統合および採用を推進する非営利国際コンソーシアムであるOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)から標準として認証されたロイヤリティ・フリーのXMLベースのファイル形式です。

123


update : 2007.03.09