特長1:23万語収録、1,100万部の実績のある『広辞苑』。
特長2:「日本語の規範」となる辞典。
特長3:ATOK+広辞苑で表現の幅が広がります。

1234

特長・機能紹介

動作環境・製品構成

ご購入前のお問い合わせ

価格・購入



関連製品

ATOK 2007 for Windows

関連サイト

日本語パワーアップサイト「ATOK.com」


※本製品は販売終了しました。最新バージョンはこちら。
 (掲載情報は2008年2月時点のものです)

特長1 23万語収録、1,100万部の実績のある『広辞苑』。
『広辞苑』は1955(昭和30)年5月25日に誕生しました。
以来、「国語+百科」辞典の定番として、多くの方から信頼されている辞典です。 仏教用語や歴史用語、漢詩にある言葉など歴史のある語から最新の用語まで、23万語を収録。
今までに1,100万部の実績を持ち、川端康成ほか文豪も愛した辞典です。
広辞苑




特長2 「日本語の規範」となる辞典。
言葉の意味や使い方は不変ではありません。
『広辞苑』は、言葉の移り変わりをきちんと反映し、その中でよりどころとなる本来の言葉の意味・用法を示しています。
言葉は世相を映す鏡です。第五版では、このような言葉も収録されています。

カプチーノ【cappuccinoイタリア】
エスプレッソ−コーヒーに、蒸気で温めて泡立てた牛乳を加え混ぜたもの。

日本語の最も大きな変化はカタカナ語のいちじるしい増加です。
第四版に新しく収録した項目の25%、第五版では35%を占め、全収録項目数23万の約10%になっています。
とくに情報・通信やスポーツ、食生活の語彙でカタカナ語が多く盛り込まれています。




特長3 ATOK+広辞苑で表現の幅が広がります。
ATOKと組み合わせて使うことで、他のアプリケーションを立ち上げることなく、言葉の意味を確認することができます。例えば、手書きで文章を書くときに、辞書をそばに置いて辞書引きをするような感覚です。パソコンで文字を入力するときに意味を確認できるので、あなたの文章で表現できることの幅が広がります。


■辞書引きした内容を範囲選択して、部分コピーができます!

※「一太郎2006」以降、もしくは「ATOK 2006 for Windows」以降が必要です。


■インターネット上で分からない言葉に出会っても安心!
範囲選択すると「広辞苑 第五版 for ATOK」で意味を調べることができます。

※対応ブラウザはInternet Explorerのみです。
※「Office連携ツール」のセットアップが必要です。「Office連携ツール」は、「ATOK 2007 for Windows [プレミアム]」、「ATOK 2007 for Windows」にはあらかじめ含まれますが、「一太郎2007」のみお使いの場合には、ユーザー登録後ダウンロードしていただく必要があります。


※使用している画面は、「ATOK 2007 for Windows」上での変換例です。  



1234


update : 2008.02.08