特長1:あなたの考えや意見を伝える「ATOK」
特長2:「今日」「明日」から、一発で日付に変換!
特長3:新しい地名やトレンド用語など語彙の拡充
その他の特長を見る

発売日
123

特長・機能紹介

動作環境・製品構成

価格



関連製品

ATOK 2006 for Windows [辞書活用セット]

関連サイト

日本語パワーアップサイト「ATOK.com」


※本製品はすべて販売終了しました。最新バージョンはこちら。
 (掲載情報は2008年2月時点のものです)

特長1 あなたの考えや意見を伝える「ATOK」
メールや企画書、報告書を書くときに、自分の考えていることがそのまま文字入力できれば良いのに、と思ったことはありませんか?
「ATOK」は、文字入力にかかる負担を軽くし、あなたの思考を妨げないようにします。
「ATOK 2006」は、わざわざ単語登録をしなくても、文字を入力し直した手順を学習するので、次回から入力の手間を減らせるようになりました。
ロジ担

(例)社内の「ロジ担(ロジスティックス担当)」にメールを送信したい。
・「ろじたん」を変換したのに「ロジ担」が見つかりませんでした。
「ロジスティックス」と入力・確定後「スティックス」を削除。
 「担当」を確定して「当」を削除。
・ATOK 2006が学習を提案します。
・[Shift]+[Enter]を押すと、次回から「ろじたん」で「ロジ担」を変換できるようになります。

※操作手順によっては、意図通りの学習ができない場合があります。


特長2 「今日」「明日」から、一発で日付に変換!
ビジネスの現場で、日付を入力する機会は意外と多いものです。
「ATOK 2006」なら、日付の間違い・日付と曜日が合っていないというミスを未然に防ぐことができます。
メールで取引先とのアポイントをとるとき、提案書・見積書を発行するときに便利な機能がつきました。
(例)取引先に、「今日 15:00にお伺いします」と伝えたい。
・「きょう」と入力して、変換します。
・和暦と西暦の相互変換にも対応しています。
今日の日付

特長3 新しい地名やトレンド用語など語彙の拡充
過去最多となる市町村合併で、多くの自治体名称が変更されました。
「ATOK 2006」は、旧名称とともに新名称を収録しています。
国内地名だけではなく、スポーツの祭典開催地のイタリア・ドイツなどの地名も補強しています。
時事用語・トレンド用語のほか、Unicode文字対応の表記記号(一太郎などのUnicodeに対応したアプリケーション上で入力可能)、「話し言葉関東」モードの追加を行いました。
□新自治体名   清須市(愛知県)/四万十市(高知県)
□時事用語・トレンド用語   クールビズ/ウォームビズ/デトックス/リンゴ酢

特長4 「ATOK」+「電子辞典」で表現の幅が広がります
定評のある、「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.2」同梱の [電子辞典セット]、2月10日発売の「広辞苑 第五版 for ATOK」では、辞典の検索結果の必要部分をコピーしたり、複数の電子辞典を検索できるようになりました。
ATOKと組み合わせて使うことで、別なアプリケーションを立ち上げることなく言葉の意味を確認でき、文章で表現できることの幅が広がります。

特長5 「ATOK」ならではの快適な使い心地
ATOKの定評ある機能は、謙譲語と尊敬語の混同を指摘したり、先頭の数文字を入力するだけで、先回りして使いたい言葉を推測して提示するなど一度使うともう手放せなくなるほど快適です。

Officeとの連携も強化しました。Excel関数の入力も電子辞典機能でスムーズになります。
例えばExcel上で、「へいきん」や「きりすて」など日本語を入力するだけで、関数とともに「書式」「使用例」などを説明表示します。使い方を確かめながら入力できます。

ATOKならではの快適な使い心地を、ぜひお試しください。


開発者からのメッセージ
「ATOK 2006 for Windows」開発責任者 竹原宗生

「ATOK 2006」では“ネットワークにおけるコミュニケーションを円滑にするための日本語入力環境”とは、というテーマを意識して開発を行ってまいりました。
より正確でスピーディに入力・変換できるATOKに仕上がっていると思います。
ブログやビジネスメールにおいて、「思いが伝わる」文書作成を実感していただきたいです。


123


update : 2005.12.14