ホーム製品・サービスブログ記事作成・管理ソフト xfy Blog Editor > 効率良くブログを作成、更新!

効率良くブログを作成、更新!

オフライン環境でもブログ作成・編集が可能!

xfy Blog Editorの一番の特長は、ブログ記事をパソコン内に保存できること。インターネットに接続していないオフラインの環境でも、ブログ記事を作成・編集できるブログツールです。

アップロード画面

●「送信エラーでせっかく書いたブログ記事が消えてしまった!」を回避。

ブラウザ上でブログ記事を作成し、送信ボタンを押す。そのあと、画面がしばらく「送信中」のままで、「送信した内容がエラーで消えてしまったのでは?」とヒヤヒヤした経験はありませんか?
xfy Blog Editorなら、作成したブログ記事はパソコン内に保存されているので、せっかく書いたブログ記事が消えてしまうということはありません。

●移動中でもブログ記事を書ける。実際の見た目を確認しながら。

旅先や移動中にブログ記事を書くというのは、よくあるケースです。「ブログ記事を書く」といっても、たいていはテキストエディタやワープロソフトに文字を打つだけではないでしょうか。
xfy Blog Editorなら、実際の見た目のままにブログ作成が可能です。だから、インターネットに接続できる環境になったとき、「更新」ボタンをクリックするだけで、更新作業が完了。xfy Blog Editorは、あなたのブログ制作・運営をよりスマートにします。

よく使うコンテンツを部品化して、カンタン再利用

●ストック機能を搭載

ブログを運営していると、同じような文章や定型フォームを使用することが多く、記事をエントリーするたびに作成していては非常に手間のかかる作業となります。
xfy Blog Editorにはストック機能を搭載しているので、これらのよく使うコンテンツをHTML形式で保存、テンプレート化(部品化)することができます。ドラッグ&ドロップで記事に追加することができるので、ブログ記事の作成・編集が、格段にスピーディになります。

ストック機能:ストック化

ストックしておきたい場所をドラッグして選択して、右クリックから [ストックに追加] を選ぶだけでOK

ストック機能:ドラッグ&ドロップでカンタン再利用

ストックした部品は、ドラッグ&ドロップでカンタンに再利用

●ストック部品のインポート/エクスポート

最新版では、ストック部品のインポート、エクスポートが可能になりました。xfy Blog Editorユーザー同士で、ストック部品の受け渡しも可能です。

●新登場のストック部品

最新版には、“見出し”として使えるストック部品や、“コラム記事”風のストック部品など、あらかじめ23種類の新しいストック部品を収録。
また、xfy コミュニティでは無償でダウンロードして使えるストック部品を順次公開中です。

最新ストック部品の一例

最新バージョンに収録のストック部品の一例

YouTubeも、Google Mapsもカンタン貼り付け

xfy Blog Editorは、xfy コミュニティで公開している拡張機能をダウンロードしてセットアップすることができます。これらの拡張機能は定期的に追加しています。
無償でお使いいただけるので、あなたのブログにマッチする拡張機能をどんどん追加すれば、さらにブログ制作環境が充実。いろいろなサービスとの連携なども、ブログ記事作成時に複雑な操作を必要としません。
ここではその拡張機能の一部をご紹介します。

●各種サービスと連携した拡張機能

YouTube

YouTube

ニコニコ動画

ニコニコ動画

Google Maps

Google Maps

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー

Amazonアフィリエイトリンク

Amazonアフィリエイトリンク

●テンプレートとして使える拡張機能

予定表テンプレート

予定表

カウントダウン

カウントダウン

Linkmakr

Linkmakr

ダウンロード用ファイルもドラッグ&ドロップで一発リンク

ブログの中で、表計算ファイルや、PDFファイルなどをダウンロードさせたいことも多くありますが、その際にもxfy Blog Editorは便利。ダウンロードさせたいファイルがあるフォルダを開き、ドラッグ&ドロップするだけです。作成した記事のアップロードと同時に、ダウンロード用のファイルのアップロード、ファイルへのリンクも完了です。

ドラッグ&ドロップ

ブラウザでプレビューしながら編集できる、だから安心!

今回のバージョンアップでは、ブラウザでのプレビュー機能を新たに新搭載。xfy Blog Editor上での表示に比べて、より実際のイメージに近い状態で確認しながら、ブログ記事を作成できます。