Shuriken 2016インターネットメールソフト

ページヘッダーイメージ

迷惑メールのシャットアウト&
通信内容の暗号化で万全のセキュリティ

使うほど精度が向上!
学習型迷惑メールフィルター

ジャストシステムの高度な日本語形態素解析エンジンを組み込んだ「学習型迷惑メールフィルター」は、細かな設定は一切不要。迷惑メールを指定してアイコンをクリック、または迷惑メールフォルダにドラッグ&ドロップするだけで迷惑メールの特徴を学習します。次回以降は類似する特徴を持つメールを、自動的に迷惑メールとして判別し、「迷惑メールフォルダ」に振り分けます。Shurikenの学習型迷惑メールフィルターでは、本文内容を学習するので「見出し」や「送信者」が変わっても迷惑メールにだまされず、学習が進めば進むほどフィルターの精度がどんどん向上します。

二重構造でがっちり守る「迷惑メールフィルター ダブルディフェンス」

Shurikenの学習型迷惑メールフィルターは「マスターフィルター」「ユーザーフィルター」の二重構造。多種多様な迷惑メールを事前学習した「マスターフィルター」が一般的な迷惑メールをブロックします。 それをすり抜けた新たな迷惑メールやユーザー固有の迷惑メールは「ユーザーフィルター」がどんどん学習して徹底除去。 「ユーザーフィルター」は「マスターフィルター」が判断できなかったメールだけを学習させればよいので、非常に効率的です。

誤判定を防ぐ「ホワイトワード」機能

任意の文字列をホワイトワードに登録すれば、この文字列が含まれたメールは常に「迷惑メールではない」と判定。大事なメールが誤って迷惑メールに埋もれてしまう心配はありません。

自分のメールアドレスを差出人(From)に偽装した迷惑メールの場合に、うっかりブラックリストに登録すると、自分の送信メールがすべて迷惑メールと誤判定されます。 その場合は、自分の名前や友人同士で決めた合い言葉を登録しておけば、誤判定されなくなります。

迷惑メール内のハイパーリンクを非表示に

迷惑メールに含まれるURLをクリックして、Webページを開くのは大変危険です。そのメールがフィッシングメールで、サイトにアクセスすることで被害に遭う可能性があります。 そこでShurikenでは、迷惑メールフォルダのメールは、ビューアーでURLやメールアドレスをハイパーリンクで表示しないことでそのサイトへのアクセスを抑制し、被害を未然に防ぎます。

HTMLメールの場合は、URLをクリックするとメッセージを表示して、リンクへのジャンプを中止します。

メールからのウイルス感染を防ぐ

Shurikenの独自ビューアーを使用すれば、Outlook Express や Internet Explorerを狙った多くのウイルスに悩まされることはありません。さらにテキスト形式以外のファイルは開かない設定にしておくことで、ウイルスメールをうっかり開いてしまう心配もありません。

上記のようなウイルスメールを「Shuriken」のJS HTMLビューアで表示する限りは安全ですが、IE HTMLビューアで表示したり、ファイルをツール起動したり、ハードディスクに保存後、そのファイルをダブルクリックして起動読み込みをした場合は感染する恐れがあります。

大事なメールを守るセキュリティ技術を採用

インターネットを通じて世界中に送ることができるメール。その経路上で、誰かがあなたの個人情報を狙ってメールを盗み見したり、あなたのメールを偽造し、どこかで悪用されているかもしれません。 Shurikenでは、SSLやS/MIMEといったセキュリティ技術を使うことでこれらのリスクを回避。安全なメール環境を実現します。

SSL通信で安全に送受信

SSLは通信内容を暗号化し、盗み見や改ざんを防止する仕組みで、オンライン決済を行うWebページなどでも広く用いられています。 ShurikenとメールサーバーがやりとりするデータはSSL通信ですべて暗号化されるため、安全にメールを送受信できます。

POP3/IMAP4/SMTP/LDAP over SSLに対応。ご利用にはサーバーもこれらに対応している必要があります。

S/MIMEにも対応

S/MIMEによる送信メールの暗号化や署名、また、暗号化された受信メールの復号や、署名の確認が可能です。暗号化や署名には、WindowsCrypto APIを使用し、 Triple-DES や、128 ビットRC/2 ・RC/4 など、強力なアルゴリズムが利用できます。

S/MIMEとは、PKI(公開鍵暗号を利用した電子署名)を用いて暗号化やデジタル署名を行うための仕組みです。

ご利用には別途電子証明が必要です。

メールフォルダー・アドレス帳を「暗号化」

万が一、Webサイトなどからウイルスに感染してしまった場合でも、Shurikenでメールフォルダーやアドレス帳を暗号化しておくことで、ウイルスによるメールやアドレス帳に含まれるメールアドレスなどの悪用を防ぎ、被害の拡大を抑えることができます。 さらに、レジストリに保存されるメールアドレスや検索履歴など、個人情報が含まれる可能性のあるデータも暗号化。個人情報が漏洩・悪用されるリスクをさらに軽減します。

会社や出先いつでもメールが見える!
~IMAP4、LDAPに対応~

IMAP4サーバーにも対応

メールを受信するプロトコルとしてよく知られるPOP3では、 メールを一旦会社のパソコンにダウンロードしてしまうと、サーバー上のメールは削除されて、 自宅のパソコンや出先にいつも持ち歩くノートパソコンに同じメッセージをダウンロードすることはできなくなります。
ShurikenではIMAP4プロトコルにも対応し、サーバー上にフォルダを作ってメールを管理できるので、 一旦パソコンにダウンロードしても必要なときに、いつでもサーバー上にあるメールを確認できます。

IMAP4を利用するにはプロバイダ(もしくは社内のメールサーバー)がIMAP4に対応している必要があります。

LDAP対応アドレス帳の管理もスマートに!

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)は、ネットワーク上でアドレス情報をやりとりする仕組みです。LDAPを使うと、アドレス情報をサーバー上で集中管理できるため、組織改編や異動などがあってもサーバー上で一括変更できます。

インターネットメールソフト
Shuriken 2016

TOP