ホーム製品・サービス > 小学校向け学習・授業支援ソフト ジャストスマイル5 /R.2

小学校向け学習・授業支援ソフト ジャストスマイル5 /R.2

発売日:2013年06月21日(金)

一度ご登録いただくと、以後はログインのみで各種資料をご利用になれます。

全国の小学校8割への導入実績!
子どもたちの「伝えたい」をカタチにできる体験を
サポートし、 「学びあう授業」ができるソフト

全国の小学校の約8割、17,000校以上で導入されている「ジャストスマイル」。
「互いに学びあうことができる」という学校教育ならではの授業を手助けできるよう、新たな機能を搭載しました。さらに、教えあい・学びあう協働的な学習を支援するソフトも新登場。
これまでも、これからも。ジャストスマイルは子どもたちや先生の笑顔をサポートし続けます。

子どもたちが協働して「話しあう」授業に

●「ジャストスマイル5/R.2」に協働学習を支援する新ソフト「話しあい名人」を搭載した、「ジャストスマイル5 /R.2 協働学習モデル」が新ラインナップとして登場!

文部科学省が掲げる「思考力の育成」や「言語活動の充実」など、これからの教育には話しあい考えを深める活動は必要不可欠です。ジャストシステムでは、先生方の要望をもとに「話しあい活動」ができる協働学習支援ソフトを新たに開発しました。考えるスキルが身に付き、他者を思いやる気持ちを育みます。

子どもたちが協働して「話しあう」授業に

●5ステップで話しあいをナビゲート

「話しあいナビ」が話しあい考えを深める手順やコツをアドバイス。考えるスキルを習得できます。

●活発な話しあいを促進する機能

数人で同時編集できる「模造紙」機能をベースに、「話しあい活動」を促進する機能を加えました。活動前に学ぶ基本事項から、活動中のアドバイスや活動後の評価まで、話しあい活動全般をアシストします。

●授業に使える豊富なテンプレート

新聞や白地図、思考ツールなどのテンプレートを用意。そのまま読み込んで様々な授業で活用できます。

子どもたち一人ひとりが「学びあう」授業に

●互いの意見を生かし、活気あふれる授業ができる

子どもたちそれぞれが自分の意見をすぐ提出できるデジタルノート「学びあいノート」を新しく搭載。書き込まれた内容は先生が回収して整理・共有できるので、みんなの意見を参考にしながら、さらに自分の考えを練り上げるのに効果を発揮します。

一人ひとりが「学びあう」授業を実現

●子どもをひきつけ、集中できる環境をサポート

パソコンを使った授業の開始から終了まで、スムーズな運営をサポートするツール「授業サポーター」で、子どもたちがより興味を持ち集中して参加できる授業に。使用するソフトを問わず、操作も簡単です。

パソコンを使った授業をスムーズに

子どもの伝えたい気持ちや学びたい気持ちに応える

●目的に合わせて動画で表現

素材を選んで並べ、効果をつけるだけで簡単に動画作成。誰に何を伝えるか目的に応じて構成を考え、映像やテロップ・アフレコの言葉などを選ぶ中で表現力を磨きます。体育や家庭科などの実技、実験観察、校外学習のインタビュー、行事の振り返りなど幅広い場面で活用できます。

伝えたい内容を映像や言葉で表現

●楽しみながらいつでも漢字が学べる

2012年度からの新しい審査基準の漢検に対応したドリル「チャレンジ!漢検」を搭載。進度や苦手な問題を確認しながら、自分のペースで漢字学習に取り組めます。

自分のペースで取り組める漢字ドリル

●使えるテンプレート・イラストがさらに充実

新聞作成や考えをまとめるのに便利なテンプレートに加え、算数・理科・外国語活動などの教科や防災・情報モラルなど、幅広く役立つイラストが勢揃い。テンプレートはそのまま印刷して手書きで使ったり自由に書き換えて加工したり、イラストはプレゼンテーション資料やポスターを作ったりと場面に応じて使えます。

幅広く役立つテンプレート・イラスト

●カラー印刷もためらわない

作品をカラーで試し刷りするときは、「JUST InkCutter」でトナー・インクの使用量を節約する設定にして印刷コストを削減。完成したらしっかり印刷して、子どもたちの「できた!」をバックアップします。

タブレットPC対応で使える場面がさらに広がる

タッチペンでも手書きですいすい入力できるATOKスマイル、Webカメラで撮った画像がすぐ貼れるボタンや左利きでもタッチペンが使いやすい操作シート切り替えなどが追加されたはっぴょう名人、コピー&ペーストやソフトウェアキーボード呼び出しといった基本的な操作がアイコンから手軽に行えるアシストボタン。タブレットPCでも使いやすいきめ細かい配慮で、これからの学びをサポートします。


※開発中の製品のため、製品の仕様、画面、デザインなどは変更になる可能性があります。