外部とのファイル共有を柔軟かつ安全に実現するクラウドサービス InternetDisk ASP(インターネットディスク エーエスピー)

 alt=プライバシーマーク  
サービスの詳細について 無料トライアル オンラインお見積もり お申し込み お問い合わせ
TOPへ
InternetDisk ASPとは
サービスの詳細について
管理者機能
Webビュー
アップロード・ダウンロードと通知機能
ディスクマネージャ
英語環境でのご利用について
IPアドレス制限/ログイン制御
パスワードのロック機能・変更強制機能
ログインアグリゲータ
導入ご担当者様へ
個人向けサービスとの違い
InternetDisk ASP セキュアシール
オプションサービス
InternetDisk ASPのセキュリティ
ご利用料金
導入事例
オンラインデモ
ご導入検討のための詳細情報
よくあるお問い合わせ
動作環境
 

ディスクマネージャ

専用高速ツール「ディスクマネージャ」

「InternetDisk ASP」では、無料でご利用いただける専用の高速クライアントツール「ディスクマネージャ」をご用意しています。左右のペインに、パソコンとインターネットディスクの領域を表示し、ファイルのドラッグ&ドロップでアップロード・ダウンロードを行うことができます。複数のファイルやフォルダをまとめて操作できるため、一度にたくさんのファイルを扱う際に高い作業効率を実現します。Webビュー同様、共有URL(および通知ID)をメールで自動通知できます。
ディスクマネージャの画面
複数のフォルダやファイルもまとめてアップロード/ダウンロード可能。
アップロード時に共有URLおよび通知IDをメールで通知する事ができます。
ログインページの「ツールのダウンロード」メニューの画面
ディスクマネージャはログインページの「ツールのダウンロード」からダウンロード可能。無料でご提供しています。
 
ディスクマネージャの共有フォルダ切り替えボタンの画面   ディスクマネージャ起動時の認証画面
左右のペインともInternetDisk ASP側の異なるフォルダを表示することも可能。InternetDisk ASPのフォルダ間でのコピー、移動も簡単にできる。表示フォルダの切り替えは「切替」ボタンより行う。   通常のアプリケーションとは異なり、起動時には保安上認証がかかる。またファイルの表示方法を変更することも可能。
オンラインデモを見る
ディスクマネージャをご利用いただく上での注意点
ディスクマネージャはWindows版のみのご提供となります。したがって、Mac環境などではご利用いただくことはできません。
ディスクマネージャのご利用には、メンバーメニューよりプログラムをダウンロードしインストールする必要があります。
また、英語版ディスクマネージャも提供しています。
英語版ディスクマネージャの画面
英語版ログインページの「ツールのダウンロード」メニューの画面
英語版ディスクマネージャは英語版ログインページの「Downloads」からダウンロード可能。無料でご提供しています。
 
英語版ディスクマネージャをご利用いただく上での注意点
英語版ディスクマネージャは日本語環境以外でも利用することが可能です。
英語版ディスクマネージャはサポート対象外となります。あらかじめご了承ください。 英語版の仕組みや操作方法は日本語版と同じです。日本語版と異なるのは、メニューなどのユーザーインターフェースが英語で表示される点と、日本語環境以外でもご利用いただける点のみです。
「InternetDisk ASP」では無料のトライアルをご用意していますので、ご契約前にご利用になる環境でお試しください。無料トライアルはこちら
英語環境でご利用いただく際の注意事項
アップロードするファイルやインターネットディスク上に作成したフォルダに日本語のファイル名・フォルダ名が使用されていると、英語版ディスクマネージャでは正しく表示されません。英語版ディスクマネージャをご利用の場合は、ファイル名・フォルダ名には半角の英数字を使用してください。
日本語環境以外でご利用いただくメンバーをメンバー管理者ツールで登録する際は以下の点をご注意ください。
 
-[メンバー氏名]は英数字で指定してください。
※日本語など全角文字を指定すると、正しくメンバー氏名が表示されません。
 
-[通知メールの言語]は必ず、[英語]を指定してください。
※InternetDisk ASPのシステムから自動的に発信される通知メールは、この指定に基づいて[日本語]と[英語]が切り替わります([英語]を指定すると、「メンバー登録」時およびそれ以降に自動通知されるメールも全て英文となります)。
 
-日本語環境以外でご利用いただくメンバーと共有設定するメンバーは、日本語環境で利用する場合でも、[メンバー氏名]の登録は英数字で指定してください。
共同編集機能について
オプションで提供している「共同編集機能」はディスクマネージャを利用する必要があります。
日本語環境以外で共同編集機能を利用する場合は、英語版ディスクマネージャが必要です。
InternetDisk ASPを今すぐ使って、その効果をお試しいただける無料トライアルをご用意しています。是非お試しください。 無料トライアルへ
 
    ▲ページ先頭へ  
   
update:2010.6.21