ノンプログラミングWebデータベース『UnitBase』とRPAソリューション『WinActor』がコラボレーション

業務の効率化が
驚くべきスピードで進む

企業内には、多くの業務が存在しますが、システムにより効率化できている業務ばかりではありません。本来効率化すべき定型業務であっても、手作業、紙やメール、ファイルを駆使して、何とか乗りきっている“スキマ業務”が多く存在します。

“スキマ業務”は、やる必要がないムダな業務ではなく、やる必要はあるが効率化が進みにくい業務です。

UnitBaseは、どの企業にも存在する多岐にわたる”スキマ業務”のシステム化・効率化に貢献するツールとして、1,300社超の企業に導入されています。

一方、WinActorは、業務システムの繰り返しの入力作業を簡単に自動化できる、国内シェアNo.1のRPAツールで、1,200社超の企業に導入されています。

この2つの人気ツールが、コラボレーションすることで、企業内の業務効率化を驚くべきスピードで進めることができます。

UnitBase × WinActor
活用事例

用途1:Excel帳票のデータベース化

本当は効率化したいExcel帳票での情報管理・・・

UnitBaseとWinActorを活用することで、過去に遡って蓄積されている
膨大なExcel帳票を元に今すぐシステム化することが可能です。

メリット

➤ 情報共有・検索の利便性が大幅に向上

➤ 機種名・顧客名など特定項目での絞り込み

➤ Excel帳票の原本も合わせて一元管理

例)膨大な不具合報告書から、不具合管理システムを構築
フロー図:例)膨大な不具合報告書から、不具合管理システムを構築

用途2:重要情報、定期レポートの自動配信

メールやExcelを駆使した、手動のレポート作成・配信業務には多くの時間が費やされています・・・

UnitBaseとWinActorを活用することで、レポートや帳票を自動作成し、日次・週次・月次など任意のタイミングで自動配信することが可能です。

メリット

➤ Excelでの時間のかかるレポート作成業務の廃止

➤ 属人的なメール配信作業の廃止

➤ 重要情報を社内の関係者に確実に共有

例)売上・案件レポートを定期的に自動メール配信
フロー図:例)売上・案件レポートを定期的に自動メール配信
例)重要な技術情報を定期的に自動メール配信
フロー図:例)重要な技術情報を定期的に自動メール配信

UnitBase × WinActor 活用ガイド

下記資料では、『UnitBase』と『WinActor』連携による、業務の効率化・自動化の手法についてご紹介しています。

具体的な業務の課題、解決策など、詳しく解説している資料になりますので、ぜひご覧ください。

皆様の会社で、本当は効率化したい業務、自動化したい業務の改善にお役立ていただければ幸いです。

UnitBase × WinActor 活用ガイド
無料で業務効率化のヒントを
ダウンロードする

UnitBaseとは

UnitBaseは、マウスでのドラッグ&ドロップ操作やExcelファイルの取り込みといった簡単な操作で、さまざまな業務システムを構築できるWebデータベースソフトです。

情報システム部門の工数をかけなくても、ユーザー部門だけで業務の効率化につながるシステムを簡単に、迅速に構築できます。

特長

➤ 多彩な業務システムをノンプログラミング&超短期間で構築できます。

➤ データの帳票・レポート出力機能の使いやすさに定評があります。

➤ 同時ログインライセンスのため導入コストを抑制できます。

RPA / WinActorとは

RPA(Robotic Process Automation)は、人が行っているPC上の入出力作業を代替実行することができるソフトウェアです。RPAを活用することで、定型の繰り返し作業や、大量データを扱う単純作業を、すぐにシステム化・効率化することができます。

WinActorは、NTTグループの技術とノウハウが詰まった、業務効率化を支援するRPAソリューションです。Windows上で操作可能なアプリケーション・システムを利用した業務シナリオ(ワークフロー)を学習し、ユーザーのPC業務を自動化します。

特長

➤ 純国産RPAです。日本語でのサポート体制・マニュアルが充実しています。

➤ 大量のデータ投入、転記作業の操作に定評があります。

➤ Windows PC 1台から簡単に導入できます。