ホーム製品・サービス日本語ワープロソフト 一太郎2015 > 驚きの読み上げ精度 詠太

日本語ワープロソフト 一太郎2015

[プレミアム搭載] 驚きの読み上げ精度「詠太5」

人が読んでいるような流ちょうな読み上げ。「詠太5」

音声読み上げソフト「詠太(えいた)」は、電話応答システムなどで実績のある高品質な音声合成技術「VoiceText」(HOYA サービス株式会社)を使っています。一太郎のプレミアム版に登場以来、「自然で滑らかな発音に驚いた」、「本当に人が読んでいるようだ」など、驚きや称賛の声をいただいています。

「詠太5」では、登録語彙が追加されて読み上げ精度がさらに向上しました。
また、読み上げ時間を計測する機能が新しく搭載され、3分間スピーチの原稿なども、文量と読み上げスピードの調整するだけで、実際に発声することなく作成できるようになりました。

自然な音声読み上げを今すぐ体験!

文字入力枠に、読み上げる文章を入力して、[再生する]ボタンをクリックします。より自然な音声読み上げをいまこの場でぜひ体験してみてください。

推奨構成(上記のWebブラウザで試聴する場合)
Microsoft Internet Explorer 5.5以上、Windows Media Player 7.1以上

注意事項
  • ※当サイトは、音声読み上げソフト「詠太」の音声を確認するためのものです。
  • ※当サイトの商業利用、および出力された合成音声の2次利用を禁止いたします。

好評の読み上げ精度がパワーアップ

登録語彙を追加して読み上げ精度がさらに向上。
地名、名前、時事/固有名詞、アルファベット大文字表記など、約370語以上を音声データベースに追加。

分類 追加語の一例
一般 親不知(おやしらず)、先見の明(せんけんのめえ)、御一行(ごいっこう)、棚卸(たなおろし)、国民皆保険(こくみんかいほけん)、手足口病(てあしくちびょう)
地名 苙岡(おろおか)、須ヶ口(すがぐち)、石清水(いわしみず)、笹貫(ささぬき)、吹上(ふきあげ)、筑肥(ちくひ)、白金高輪(しろかねたかなわ)、出雲路(いずもじ)、酸ケ湯(すかゆ)
名前 悠仁(ひさひと)
時事/固有名詞 鹿鳴館(ろくめえかん)、江ノ電(えのでん)、艦これ(かんこれ)、
NISA(ニイサ)、Python(パイソン)、Ivytown(アイビイタウン)、Mashup(マッシュアップ)
アルファベット GK(ゴールキーパー)、MF(ミッドフィルダー)、FW(フォワード)、DF(ディフェンダー)

読み上げ時間の計測

文章の読み上げに必要な時間を、実際に読み上げることなく瞬時に計測できるようになりました。
プレゼンやスピーチは発表時間が決まっていることが多いので、文章量や話すスピードを調整しながら、実際に何度も発声して原稿を作成する必要があります。「詠太5」では、設定している再生スピードで文章を読み上げた場合にかかる時間を瞬時に計測することができるので、発声の手間を省き、原稿作成にかかる時間を短縮できます。

  • ※読み上げ時間計測機能は、読み上げツール「詠太」と「一太郎2015」で読み上げを行う場合だけ利用できます。Shurikenでのメール読み上げやWebブラウザーの読み上げでは利用できません。

好みや用途に合わせた声質の幅が広がる「声のトーン設定」

文章を読み上げる話者は用途や好みに応じて3人(男性:SHOW /女性:MISAKI / SAYAKA)から選択できます。また、声のトーン(高低)も3 段階から選択できるので、同じ話者でも「明るい声」「落ち着いた声」というように声の印象が変わります。

好みや用途に合わせた声質の幅が広がる「声のトーン設定」

一太郎の「文書校正機能」と連携

一太郎の文書校正機能と連携。校正結果の指摘個所だけを順次読み上げたり、指摘個所を含む文章だけをピックアップして読み上げるなど、これまでの全文読み上げに加えて、さらに効果的な校正作業が実現できます。

●文書を読み上げ

カーソル位置から文書末に向かって読み上げを開始します。[アドイン−詠太]を実行して、操作パネルから[再生]を実行したときと同じ動作です。

●指摘個所を含む文章を読み上げ

カーソル位置から文書末に向かって本文の読み上げを開始します。文書校正での指摘がない文章については読み上げをスキップします。指摘個所を含む文章だけを聞き流したいときに便利です。

●指摘個所と理由を読み上げ

指摘個所の文字列と指摘理由だけを順次読み上げていきます。同時に指摘個所にカーソルが移動し、表示内容が切り替わります。

●指摘個所の切り替え時に自動で読み上げ

設定がONの場合は、ツールパレットに表示している指摘内容が変更されたときに、指摘理由を読み上げます。
本文やジャンプパレットで指摘個所を切替ながら、耳で指摘理由を確認することで修正個所の見逃しが減ったり、目が本文から離れずに操作を行えるなど、使い方の幅が広がります。

メール・ブラウザの読み上げも最新の環境に対応

CSVファイルから辞書への一括登録

CSVファイルから一括して辞書へ単語を登録できます。大量の単語登録や専門用語、リスト化している言葉を登録する場合に便利です。

メール・Webブラウザーの読み上げも最新の環境に対応

一太郎はもちろん、他のソフトとの連携にも対応しており、「Shuriken 2014」や、最新Webブラウザーの「Internet Explorer 11」にも対応しています。