特長 「フェーズタブ」でシーンに応じたスムーズな文書作成が可能に

文書作成における利用シーンを快適にする「フェーズタブ」

文章を書く、練る、編集する、確認する、見る。文書の作成、編集、活用にはさまざまなシーンがあります。一太郎では、シーンごとに必要な要素をまとめ、フェーズというインターフェースを用意。それぞれの段階で活用できる便利な機能がすぐに利用でき、文書におけるさまざまな作業を、より快適に、効率的に行えます。

「フェーズタブ」表示アイコンも一新!

「フェーズタブ」の表示アイコンも一新されました

● 書くことに集中できる「エディタフェーズ」

軽快に書くためのテキストエディタ機能を備えています。白紙から文書を書くときはもちろん、テキストファイルの編集にも便利です。

● 文書構成を練る「アウトラインフェーズ」

テキスト文書から文書全体の構成を組み立てるときに活躍するフェーズです。段落の変更や、見出し・小見出しなどの設定が効率よく行えるフェーズです。

● 図や罫線などを入れて読みやすく編集する「基本編集フェーズ」

図や画像、罫線を挿入したり、体裁を整えながら編集するのに最適です。

● 文書品質チェックに最適「提出確認フェーズ」

文書を提出する前に必要な最終チェックを行うための機能を備えています。誤字脱字のチェックや情報漏えいへの対策など、文書の信頼性を高めるために活用できます。

● 閲覧するのに適した「ビューアフェーズ」

最近は文書を印刷せず、PC画面上で文書を閲覧する機会が増えています。画面上で文書を「見る」「読む」ために、なめらかに表示できる拡大表示やスクロールをスムーズに行う機能を搭載しています。

UPさらに賢くなった「エディタフェーズ」

スピーディに文書を編集できる「エディタフェーズ」では、テキストエディタとして便利な機能や操作性の向上に加え、テキストから見栄えの良い文書を簡単に作成できる機能を強化しました。

● 読み込み時に連番に変換

読み込み時に段落先頭番号の数字が自動的に連番に変換します
拡大表示

「エディタフェーズ」でも連番に変換可能。段落先頭番号の数字が自動的に連番に変換します

テキスト形式のファイルを読み込むとき、段落の先頭にある数字は、自動的に連番に変換して読み込めるようになりました。項目を削除したり挿入しても自動的に番号が調整され、効率的に編集できます

● 折り返し位置の指定もかんたんに

折り返し位置の指定もコマンドバーからかんたんに変更
拡大表示

折り返し位置がコマンドバーからかんたんに変更できます

行の折り返し位置を、コマンドバーで変更できるようになりました。開いたファイルの改行位置に合わせて、折り返し位置をかんたんに変えられます

● 段落番号表示機能を追加

段落番号を確認しながら、文章を書いたり、編集したりできます
拡大表示

段落番号を確認しながら、文章を書いたり、編集したりできます

段落の先頭行だけ番号を表示できるようになりました。段落の数を意識しながら、文章を書きたいときに便利です。

● テキストから整った文書を作成する時の精度がアップ

「見栄えの良い文章に整える」機能が強化され、より見栄えのする文書作成を行うことが可能。行頭のスペース数から文書の構造を判断し、見やすいレイアウトの文書に整えます。

テキストから整った文書を作成できる
拡大表示

行頭のスペースやタブを自動的に判断し、見栄えの良い文書に整えます

UP操作性が向上した「アウトラインフェーズ」

思いついたアイデアを構造化して文章を練っていく時には、「アウトラインフェーズ」が便利です。より表示が見やすくなり、文書全体を確認しながら編集しやすいように、操作性が向上しました。

● 本文の表示位置を切り替え可能に

「一太郎2007」までのように「本文位置:固定」を使った場合は本文はすべて同じ位置から表示されますが、「一太郎2008」で新たに設置された「本文位置:連動」では本文が見出しの下に表示されます。ボタンで簡単に切り替えられます。

本文の表示位置を切り替え可能に
拡大表示

本文の表示位置を、固定または見出しとの連動など、好みの位置に切り替えられます

● 画像枠を表示して確認

「アウトラインフェーズ」でも画像枠やオブジェクト枠が表示可能に
拡大表示

「アウトラインフェーズ」でも画像枠やオブジェクト枠が表示されるようになりました

図やオブジェクトを「アウトラインフェーズ」でも確認したい。このようなご要望にお応えして、「アウトラインフェーズ」でも画像枠やオブジェクト枠を表示できるようになりました。

● 文書タイトルと署名を入力するダイアログ

文書タイトルと署名を入力するダイアログ
拡大表示

文書タイトルと署名を入力するダイアログが出ます

「アウトラインフェーズ」で新規に文書を開いた時に、文書タイトルと署名の設定ができるようになりました。ダイアログボックスに入力すると、段落スタイルが設定された状態で文書に反映されます。

UP見やすさ向上!「ビューアフェーズ」

人が作成した文書を開くときは、編集よりも「閲覧」することが多いのではないでしょうか? 「一太郎2008」では他人が作成した文書は自動的に「ビューアフェーズ」で開かれ、誤操作の心配なく閲覧に集中できます。編集したい場合には編集フェーズへすぐに切り替えでき、文書作業がさらにスムーズに進行します。

● [Esc]キーですばやく直前の編集フェーズに切り替え

文字キーを押すと、フェーズを切り替えるかどうかを確認
拡大表示

文字キーを押すと、フェーズを切り替えるかどうかを確認するメッセージが表示されます

「ビューアフェーズ」で文書を閲覧しながら、編集を行いたいときは[Esc]キーを押すと直前の編集フェーズへ切り替わります。また、文字キーを押した場合はフェーズの切り替えを問うメッセージが表示されます。

● 複数ページを一目で確認

[複数ページ表示]にも対応しました。[1〜2ページ表示]を選択すると画面に収まる場合は2ページに、収まらない場合は1ページに自動的に切り替わるなど、見やすい画面で文書を読むことができます。

BACK あなたの日本語文書作成をパワーアップ。
日本語入力システム「ATOK 2008」も搭載。
罫線表などの再現精度をアップ。
Word文書の読み込みをさらに強化
NEXT

update :2009.02.06