製品3Dパッケージ

JUSTSYSTEMS

一太郎2018

ナビゲーションメニューの開閉

一太郎2018日本語ワープロソフト

10年ぶりの大改訂、辞典の最高峰『広辞苑』の最新第七版を初搭載

「国語+百科」辞典の最高峰『広辞苑』の最新第七版をプレミアム/スーパープレミアムに搭載。 「ATOK連携電子辞典」として、今まで使っていた辞典と引き比べることで、表現力と語彙力にさらに磨きがかかります。

入力、変換中にことばの意味を確かめたいときは、Endキーで検索

ENDキー

文章を見ているときにことばの意味を確かめたいときは、範囲選択をしてCtrlキー2回で検索

イミクル

文書の編集中にことばの意味を確かめたいときは、ツールパレットで検索

DM流用

「国語+百科」辞典の最高峰『広辞苑』の最新版を搭載

広辞苑書影

『広辞苑』は、1955年の初版刊行以来60年以上にわたって日本語を使う多くの人々から信頼され、いまや「国語+百科」辞典の最高峰、「国民的辞典」と言われる辞典です。

その『広辞苑』が10年ぶりに大改訂。2018年1月12日発売の『広辞苑 第七版』をATOK連携電子辞典として、いちはやく一太郎2018プレミアム/スーパープレミアムに搭載します。

簡潔かつ的確な語釈の『広辞苑』と、入力中に素早く調べられるATOK連携電子辞典が、文章作成の頼もしい支えとなります。

『広辞苑 第七版』の特長

"今"を映す1万項目を新たに追加

第六版刊行後に収集した言葉や旧版では採用しなかった言葉から、日本語として定着した語、または定着すると考えられる言葉を厳選し、約1万項目を追加。

ジャンル[追加項目例]
現代語可視化、自撮り、立ち位置、万人受け、惚れ直す
カタカナ語エコバッグ、スマホ、ドクターヘリ、ブロガー、リスペクト
人文・社会アラブの春、LCC、健康寿命、ビットコイン、ふるさと納税
科学・自然ゲノム編集、シェールガス、スタチン、ディープラーニング、ニホニウム
人名赤塚不二夫、南部陽一郎、原節子、(ボブ)ディラン
地名美瑛、東京スカイツリー、富岡製糸場、サマワ、ケイマン諸島
ニホニウム
ビットコイン
くにます

各界第一線の専門家が執筆

文学・歴史から物理学・医学、美術・音楽に武芸・茶道、スポーツ・サブカルチャーまで、学問の研究の進展や最新動向を反映。現代生活や各分野の理解に必須の言葉についても新たに選定。

ハルキゲニア
しゅり・じょう
クンマス

言葉の変化、意味の違いをみつめる

新しく生じた意味を、その定着度を吟味しながら過不足なく追加。動詞・形容詞を中心に類義語の意味の違いの分かる語釈を追求しました。

はじける

日本語の基礎を見直す

言葉の根本の意味をきちんととらえた上で、歴史的な意味変化に沿って語釈を与えるという基本に立ち返り、古典から引用した用例を総点検。基礎語の語釈を全面的に書き換え、古語項目もさらに充実させました。

さする
なでる
こする
はじける

「広辞苑 第七版 for ATOK」は部分一致検索機能に対応

部分一致検索機能に対応。ATOKイミクルでは「○○で始まる言葉(前方一致)」、「○○で終わる言葉(後方一致)」が調べられるので、未知の言葉を見つけて語彙を広げたり、クイズやクロスワードパズルに使ったり、利用シーンがさらに広がります。また、季語も探しやすくなりました。

季語のリンクから、別の季語を探せます。理解を助ける図版や写真も多数収録。

例)「法則」で終わる言葉を探す。ATOKイミクルを起動し、「法則」と入力。[後方一致]検索を選んでから、検索を実行します。
後方一致
せんりょう
『広辞苑』編集者特別インタビュー「ことばの変化を実感する10年」
平木 靖成氏

平木 靖成 氏

岩波書店
辞典編集部副部長
『広辞苑 第七版』の編集責任者を務める。

10年ぶりの大改訂となった第七版。この間の大きな変革——インターネットの普及で、ことばの変化は早くなったのだろうか。

「ことばが伝わる速度は確かに速くなっていますが、ことばが生まれる速さや、変化する速さは実はそれほど変わってないんじゃないでしょうか」と『広辞苑』編集責任者の平木氏は言う。第六版から第七版は10年、第五版から六版も10年、その前は7年の時間をあけて改訂しているが、手を入れなければいけない項目や、意味が変わったと感じる項目の数はそれほど変わっていないと言う。流行語や新語には流行りすたりがあるが、辞書に記述するほど定着したり、今後も使われ続けたりすることばの数は、インターネット社会だから増えたとは感じられないのだそうだ。

平木氏は「ことばの変化を実感するには10年くらい必要だ」と言う。それだけの年月をかけて見極められ、世の中に「定着していることば」として厳選されたことばが、第七版に掲載されている。ことばの変化を後追いし、変化の様子を見守っていく「辞書編集者」が感じた10年の変化とは——詳しくはこちら 

img-responsive

日本語ワープロソフト一太郎2018

直営ショップで購入