ホーム製品・サービス日本語入力システム ATOK 2015 for Windows > 入力を先回り

日本語入力システム ATOK 2015 for Windows

かしこい日本語 ATOK
2WAYインストール

入力を先回り
入力支援・校正支援機能が充実。日本語入力がぐんと効率的に

「ミスを気にせず入力に集中できる!」と好評の入力支援・校正支援機能が充実。
複数文節入力時にも入力を先回りして変換結果が表示されるようになったので、ますます入力に集中できます。

入力を先回りして表示「推測フォロー変換」

数文字入力するだけで、一致することばやフレーズを提示する推測変換が大きく強化されました。
これまでは、入力しはじめに一致する言葉を提示することで、特に何度も入力を繰り返すフレーズをすばやく入力するために力を発揮していました。
これからは、タイピングが早く複数の文節を入力される方にもお使いいただけるよう、入力が進むと同時に変換結果が表示され、単語だけでなく文(=複数文節)を入力するときにも推測変換できます。

日本語オフで入力してしまった文字列も変換OK
ムダな作業をなくして時間短縮!

日本語入力がオフのまま入力して、気がつくと画面にアルファベットが入力されてしまった経験はありませんか?そんなときも入力し直すことなく変換できます。

  • ※アプリケーションによっては、あらかじめ範囲指定が必要な場合があります。

モード切替不要で、つぶやき・会話もスムーズに入力。

TwitterやFacebook、LINEなど、ソーシャルメディアの普及とともに、話すように気軽に言葉を入力する場面が増えています。

モード切替不要で、普段使いの言葉もスムーズに入力できます。

英語入力支援機能で、長い単語もミスなく楽々入力

ATOKの「英語入力モード」を使えば、英単語や英文の入力も楽々スムーズです。

●[英数]キーを押すだけで、英語もスラスラ「英語入力モード」

  • ※[Shift]キー+英字入力でも同様に英語入力モードに切り替わります。

●長い単語も、少ないキータッチで入力できる

数文字の入力で、英単語の候補を推測して提示。

文字入力するたびに候補が絞り込まれていくので、 長い単語も少ないキータッチで入力できます。

●次の入力を推測して、候補を次々提示

品詞や表記の連接情報を統計的に処理して、次の入力を推測。候補を先回りして提示します。

●入力しながら、スペルチェック

入力中の単語やフレーズ(複数の単語)にスペルチェックを行います。

訂正候補を選べば、ATOKが指摘した理由を確認できます。

思い出せない英単語も日本語から変換できる

●うっかり忘れた英単語は、日本語でローマ字入力

英語のスペルが出てこない・・・そんなときでも、日本語をローマ字入力すれば、ATOKが英単語に変換してくれます。

●日本語から英語への変換も

日本語入力中でも、[スペース]キーを押せば、日本語から英単語に変換できます。

誤用や誤読、敬語もチェック。充実の校正支援機能

間違って覚えてしまっている言葉や慣用句があっても、ATOKを使っていれば、校正支援機能での指摘によって自然と正しい日本語が身についていきます。

●間違いやすい言葉や慣用句もチェック

●読みの誤りもチェック

●「後から後悔」を未然に防ぐ!「重ね言葉」チェック

「間違っている」とまでは言えないけれど、冗長な印象を与えてしまう「重ね言葉」。

ATOKを使えば、重ね言葉をチェックして、より簡潔で適切な表現に変えられます。

  • ※本機能のご使用には設定が必要です。「校正支援モード」を「指摘する(強)」にするか、ATOKプロパティの[校正支援-表現の洗練]で「重ね言葉を指摘する」をオンにしてご利用ください。

●敬語の使い方をチェックして、使い方もしっかり解説

目上の方や、取引先へのメールは気を遣うもの。

ATOKは、より適切な表現になるよう訂正案を候補として表示し、さらに使い方の解説を例文付きで表示するので、敬語の理解が深まります。

名称変更アシストで変更後の名称を提示

市町村名や外国の都市名、官公庁名、企業名など変更された名称を指摘して、新しい名称を表示します。

カタカナ語の言い換えを提案

なじみのうすいカタカナ語を、誰にでも伝わる表現への言い方を提案します。