ホーム製品・サービス日本語入力システム ATOK 2014 for Windows > うっかりミスも自動修正

日本語入力システム ATOK 2014 for Windows

かしこい日本語 ATOK2WAYインストール

うっかりミスも自動修正
入力支援・校正支援の強化で、日本語入力がさらに効率的に

「ミスを気にせず入力に集中できる!」と好評の入力支援・校正支援がさらに進化。

変換しなかったところも、確定済みのところも、ATOKが入力ミスをチェックして、うっかりミスを防止します。

入力ミスでも訂正済みで先読み

強力な先読みで入力が格段にラクになる「推測変換」。そのエンジンをブラッシュアップし、入力ミスも訂正して適切な推測候補を提示します。

名称変更アシストで変更後の名称を提示

市町村名や外国の都市名、官公庁名なども変更された名称を指摘し、新しい名称を表示する「名称変更アシスト」がさらに機能アップ!ATOK 2014では、企業名もアシストします。

日本語オフで入力してしまった文字列も変換OK
ムダな作業をなくして時間短縮!

日本語入力がオフのまま入力して、気がつくと画面にアルファベットが入力されてしまった経験はありませんか?ATOK 2014ではそんなときも入力し直すことなく変換できます。

  • ※アプリケーションによっては、あらかじめ範囲指定が必要な場合があります。

誤用や誤読、敬語もチェック。充実の校正支援機能

間違って覚えてしまっている言葉や慣用句があっても、ATOKを使っていれば、校正支援機能での指摘によって自然と正しい日本語が身についていきます。

●間違いやすい言葉や慣用句もチェック

●読みの誤りもチェック

●「後から後悔」を未然に防ぐ!「重ね言葉」チェック

「間違っている」とまでは言えないけれど、冗長な印象を与えてしまう「重ね言葉」。

ATOKを使えば、重ね言葉をチェックして、より簡潔で適切な表現に変えられます。

  • ※本機能のご使用には設定が必要です。「校正支援モード」を「指摘する(強)」にするか、ATOKプロパティの[校正支援-表現の洗練]で「重ね言葉を指摘する」をオンにしてご利用ください。

●敬語の使い方をチェックして、使い方もしっかり解説

目上の方や、取引先へのメールは気を遣うもの。

ATOKは、より適切な表現になるよう訂正案を候補として表示し、さらに使い方の解説を例文付きで表示するので、敬語の理解が深まります。