ホワイトペーパー

BIツールの導入をご検討中の方に役立つ「ホワイトペーパー」を無料で提供しております。
成功事例や失敗事例、活用方法などをわかりやすく紹介しています。ぜひ参考にしてください。
さまざまなBIツールの機能比較はこちらもぜひご覧ください。

「集計作業実態調査」
全国の集計作業者が感じる課題とは?

今や、スピーディな企業活動を行ううえで、切っても切れない集計・分析業務。組織の意思決定はもちろん、個々人の仕事を円滑に進めるためにも避けては通れない業務となっている。

しかし、実際の現場を見てみると、各々が独自に進めてしまう業務という側面もあり、その知見やセオリーはなかなか伺い知ることができない。

今回、全国552名の集計作業者にアンケートをとることで、その実態を明らかにすることを狙った。

※本ホワイトペーパーは、ジャストシステムが2017年8月に行った調査をもとに、詳細や考察を追記して再構成したものです。

BIの乱立がもたらすのは…
データの散在と莫大なコストのみ

全社的にBIツールを導入しているのにもかかわらず、業務部門が新たにBIツールを導入するケースが増えているという。

業務部門では、多くの専門知識を必要とする従来型のBIツールをあきらめ比較的容易に操作可能なセルフサービスBIの導入を着々と進めているのだ。

しかし、社内に多くのBIツールが乱立していくことは、結果的に大きな問題を生じさせてしまうことを忘れてはならない。

本稿では、 BI乱立により実際に多くの企業で起こっている問題を掘り下げ、ジャストシステムが考える解決策を紹介していこう。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

BIを導入しても残り続ける...
そのExcel作業を一掃する方法とは?

BIツールを導入したのに…なぜ、未だにExcelでグラフ化しなきゃならないの?

これは、BIツール導入企業の、特に業務部門の担当者から数多く聞かれる声。

売上データや生産データなど、ビジネスにまつわるさまざまなデータを超高速に集計、分析するために導入されたはずの待望のBIツール。

しかし、その多くはツールに精通した専門の担当者でなければ使いこなすことができず、さらに、分析結果を自由にビジュアライズ(グラフ化)することも難しい…

結局、多くの業務部門の担当者は、BIツール導入後もExcelでの二次加工を強いられているという。

本稿では、この業務部門のExcel作業を一掃し、データ集計、分析にかかる負担を大きく削減する方法を紹介していこう。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

こんなはずじゃ...
安易なセルフサービスBI導入に潜む罠とは?

売上データや生産データなど、ビジネスにまつわるさまざまなデータを超高速に集計、分析、可視化するために活用されるのがBIツール。

組織の意思決定、さらには個人の意思決定を迅速かつ正確に行いたいと願う企業にとって、非常に有効なツールなのだが、従来のBIツールの多くは、ツールに精通した専門の担当者でなければ使いこなせないという弱点が存在している。

そこで登場したのが「セルフサービスBI」。従来のBIより、簡単な操作でデータ取り込み、集計、分析、可視化ができることから、安易に導入する企業も少なくないが…

本稿では、安易なセルフサービスBI導入に潜む「罠」を明らかにし、その対処法を紹介していこう。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

BI導入に成功した企業と
失敗した企業は何が違った?

企業のデータ集計・分析・レポーティングを効率化するために、BIツールの導入を検討する企業は少なくない。多くの企業で使われているExcelでは「大量のデータ集計に時間がかかる」「毎回手動でデータ取り込みを行うため手間がかかる」といった課題が噴出。それを一掃してくれるのがBIツールだ。

しかし実際にBIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった…」「BI導入で、かえって負担が増えた…」という情シスの声も少なからず聞かれている。

一方で、BIツールを導入することによって情シスの負担を大幅削減。
業務部門からの要望に対応する受け身の情シスから、提案型の情シスへ転換を図ろうとしている企業もある。

BI導入に成功した企業と、失敗してしまった企業では、何が違ったのか?
成功企業が導入したBIツールと、失敗企業が導入したBIツールの決定的な違いとは…?BI導入における典型的な失敗パターンをいくつか取り上げ、その違いを探っていこう。

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

Excelをやめれば、
こんなに業務が楽になる!

システム化から取り残されがちな営業部門では、各担当者が商談や案件の情報をExcelに自由気ままに入力し、さらに部門長が時間をかけて情報を集約した上で、上層部へ報告書を提出しているケースは多いのではないだろうか。

現場はシステムいらずで自由に感じているかもしれないが、いざ冷静に経営視点に立って考えてみると、人手を介して消費している膨大なコストは大きな問題であると捉えるべきであるし、常に遅れる意思決定により重要なビジネスチャンスを逃す可能性があることは、まさに企業に取っての大きな危機と考えるべきである。

本資料では、具体的に総合エレクトロニクス商社の営業部門が、Excelで案件管理をしていることにより、どのような問題に直面しているかを洗い出し、ジャストシステムが考える解決策もあわせて紹介する。

経営会議で分析レポートがベタぼめ!
その部門が用いた秘策とは?

本来、経営会議では、あらかじめ立てられた経営計画や販売目標などに対して、達成度や実績を対比させることで、的確な経営判断を下し、ビジネスの活性化や企業体質の改善を図るのが主な目的だ。そのため、それぞれの業務部門では、迅速に分析レポートをまとめて、“最新の情報を、より分かりやすいかたち”で提出することが求められる。
しかし、実際には、漫然とExcelで通り一遍の集計を行うだけで精一杯で、コメントなどは毎回ほとんどコピペというケースも多々あるのでは?

A社もかつてはそうだった。しかし、ビジネス状況が厳しくなる中で、ついに定例報告のレポートに対する社長の不満が爆発!各部門ともに改善策を求められ、ほとんどの部門ではやむなく残業を増やすなどして対応したものの、かんじんのレポートの品質は一朝一夕に変わるはずもなく…。しかし、第2営業部だけは「分かりやすい!早い!しかも、新たな分析要求にもその場で素早く対応してくれるとは!」と社長がベタぼめ。なぜ、そこまで差がついたのか。その秘策とは?

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

分析スキルがほとんどない記者でも
使いこなせるか?簡単BIを検証

「簡単に使えるとのことだったが、全く簡単じゃなかった…」これは、BIツールを導入した企業からかなり多く聞かれる声。Excelでのデータ分析作業に限界を感じ、「簡単に使えるなら…」とBIツールへ移行を実施、あるいは検討してみたものの、実際に操作してみて「操作が難しく、分析結果を自由に再分析できない!」「高度な機能も、分析スキルが低いと使いこなせない!」と、本格導入や継続利用を断念するケースが、実は少なくない。

そこで、今回は"簡単BI"と銘打ったBIツールが、本当に簡単かどうか、キーマンズネット記者が検証してみた。果たして、分析スキルがほとんどないと言ってもいい記者は、"簡単BI"を使いこなすことができるのだろうか?

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

BIセミナーに潜入!導入企業が語る
「脱Excelで業務が変わる!」

基幹システムや業務システムに蓄積された膨大なデータを、当たり前のようにExcelに取り込み、膨大な時間をかけて集計して、経営層、マネジメント層へ報告している企業はまだまだ多い。

しかし、データ集計に多大な時間とコストをかけているのは大きなムダと言え、それ以上に重要な意思決定が遅れていくことは、企業にとって大きな損失。毎月、毎週と繰り返されるExcelでのデータ分析作業に限界を感じ、BIツールへの移行を検討する企業も多いが…「BIツールで本当にExcelからの脱却が図れるのか?」「BIツールって業務部門でも使いこなせるのか?」と疑心暗鬼な企業も少なくないだろう。

そこで、キーマンズネット記者が、あるBIセミナーへ潜入。実際に、BIツールによって脱Excelを図った企業のナマの声を聞いてきた。BI導入企業が本音で語る「脱Excelでこんなに業務が変わった!」とは…?

※本ホワイトペーパーは、キーマンズネットに掲載された記事を再構成したものです。

Actionista!をさらに詳しく
無料カタログダウンロード!

Actionista!の魅力的な機能をたっぷりご紹介。
使用感が伝わってくる親切なビジュアルを実感ください。

ページトップ