BIリサーチ BIリサーチ

BIリサーチ

BIツール利用者に聞く。BIツール利用実態調査

BIツール利用後、経営者の67.7%が「意思決定スピードの向上」を実感
業務上、「BIツールを利用することがある」と答えた人に、BIツールの利用頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日利用する」と答えた人は39.5%でした。
次いで「ほぼ毎週利用する」が31.5%、「ほぼ毎月利用する」が13.7%でした。
また、従事業務別にみると、もっとも「ほぼ毎日利用する」と回答した人が多かったのは営業担当者(49.2%)でした。
※レポート5P参照

  • 購買・物流担当者の22.7%、BIツールを「活用できていない」
  • BIツールで重視すること、約6割が「使いやすさ・操作性」と回答
  • BIツール利用後、経営者の67.7%が「意思決定スピードの向上」を実感
  • BIツールに感じる課題、半数以上が「分析データの整備・連携」と回答

株式会社ジャストシステムEPS事業部は、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『BIツール利用者に聞く。BIツール利用実態調査』結果を発表します。
本調査は、事前調査で「業務上、BIツールを利用することがある」と回答した20〜59歳の男女387名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全13ページの調査結果レポートを以下から無料でダウンロード提供します。

最も利用頻度が高いのは営業担当者、49.2%が「毎日使用」

2017年9月19日(火)〜9月20(水)
調査対象:事前の調査で「業務上、BIツールを利用することがある」と回答した20〜59歳の男女387名
調査方法:セルフ型ネットリサーチFastaskでのアンケート調査

今回調査した設問項目

  • 携わっている業務を教えてください
  • BIツールの利用頻度を教えてください
  • BIツールの活用状況を教えてください
  • BIツールで重視することを教えてください
  • BIツールを利用して変化したことを教えてください
  • BIツールを利用して感じた課題を教えてください

人気記事