[ Home ] > [ サポートHome ] > [ 新OSへの対応状況 ] > [ ジャストシステム製品の macOS 対応状況 ]

ジャストシステム製品の macOS 対応状況

更新日:2023年9月27日

弊社製品の動作状況、対応等についての情報は随時このページからご案内いたします。

最新版のATOK Macはこちら

「macOS Sonoma」での動作について

●ATOK for Mac(Tech Ver.33)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

動作確認済みです。

以下、現象を確認しています。

  • 入力メニューのショートカットキーが正しく設定されず、設定したキーと別のキーで機能が呼ばれる場合がある
    回避方法については、以下を参照してください
    →macOS 14にバージョンアップ後、キー操作で想定しないATOKの機能が呼び出される
  • 文節の区切り直しを行ったときに、区切りが見えない場合がある
  • 入力時にATOKダイレクトによるカレンダーへのフルアクセスの許可を求められる場合がある
    カレンダー連携機能を使用する場合は、フルアクセスを許可してください
    システム設定の[プライバシーとセキュリティ] - [カレンダー]から設定することも可能です
  • 日付入力パレットの書式設定シートを閉じると、日付入力パレットも閉じる
    書式の変更は反映されているため、再度日付入力パレットを開いて、入力してください

●ATOK Pro 5 for Mac(法人向け)

動作確認済みです。

以下、現象を確認しています。

  • 入力メニューのショートカットキーが正しく設定されず、設定したキーと別のキーで機能が呼ばれる場合がある
    回避方法については、以下を参照してください
    →macOS 14にバージョンアップ後、キー操作で想定しないATOKの機能が呼び出される
  • 文節の区切り直しを行ったときに、区切りが見えない場合がある
  • 入力時にATOKダイレクトによるカレンダーへのフルアクセスの許可を求められる場合がある
    カレンダー連携機能を使用する場合は、フルアクセスを許可してください
    システム設定の[プライバシーとセキュリティ] - [カレンダー]から設定することも可能です
  • 日付入力パレットの書式設定シートを閉じると、日付入力パレットも閉じる
    書式の変更は反映されているため、再度日付入力パレットを開いて、入力してください

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

動作確認済みです。

最新のアップデータを適用して、ご利用ください。

→J-Licenseでご利用のATOK 2017 for Mac(法人向け)のためのアップデータへ

以下、現象を確認しています。

  • 入力メニューのショートカットキーが正しく設定されず、設定したキーと別のキーで機能が呼ばれる場合がある
    回避方法については、以下を参照してください
    →macOS 14にバージョンアップ後、キー操作で想定しないATOKの機能が呼び出される
  • 文節の区切り直しを行ったときに、区切りが見えない場合がある
  • 入力時にATOKダイレクトによるカレンダーへのフルアクセスの許可を求められる場合がある
    カレンダー連携機能を使用する場合は、フルアクセスを許可してください
    システム設定の[プライバシーとセキュリティ] - [カレンダー]から設定することも可能です
  • 日付入力パレットの書式設定シートを閉じると、日付入力パレットも閉じる
    書式の変更は反映されているため、再度日付入力パレットを開いて、入力してください

「macOS Ventura」での動作について

macOS Venturaにバージョンアップ後、「ATOK32.appが壊れている」などのメッセージが表示され、ATOKが使用できなくなるという現象の報告を受けています。
その場合、お手数ですが本欄内でご説明する手順でATOKの削除と再インストールを実施してから、以降の記載内容に進んでください。

●ATOK for Mac(Tech Ver.32)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

  1. ATOKを削除する
    </アプリケーション/JustSystems/ATOK32>にある[ATOK アンインストーラ]をダブルクリックして実行します。
  2. ATOKを再インストールする
    ATOKのインストールプログラム(dmg)をダブルクリックし、[ATOK インストーラ]をダブルクリックして実行します。
    ※インストールプログラムがコンピュータにない場合は こちらからダウンロードできます。

●ATOK Pro 5 for Mac(法人向け)

  1. ATOKを削除する
    </アプリケーション/JustSystems/ATOK32>にある[ATOK アンインストーラ]をダブルクリックして実行します。
  2. ATOKを再インストールする
    ATOK Pro 5インストールディスクの[ATOK インストーラ]をダブルクリックします。

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

  1. ATOKを削除する
    </アプリケーション/JustSystems/ATOK 2017>にある[ATOK アンインストーラ]をダブルクリックして実行します。
  2. ATOKを再インストールする
    ATOK 2017インストールディスクの[ATOK 2017 インストーラ]をダブルクリックします。

●ATOK for Mac(Tech Ver.32)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

Tech Ver.32.3以上
動作確認済みです。
常に最新のアップデータを適用して、ご利用ください。
→ATOK for Mac 定額制アップデータへ

以下、現象を確認しています。

  • システム設定で、JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオフに設定した場合、入力・変換できなくなる
    JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオンにしてください

●ATOK Pro 5 for Mac(法人向け)

動作確認済みです。

以下、現象を確認しています。

  • システム設定で、JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオフに設定した場合、以下の現象が発生する
    • ATOKインサイト(一時文書学習)が動作しない
    • ATOKイミクルがホットキーで起動できない

    JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオンにしてください

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

動作確認済みです。

最新のアップデータを適用して、ご利用ください。

→J-Licenseでご利用のATOK 2017 for Mac(法人向け)のためのアップデータへ

以下、現象を確認しています。

  • システム設定で、JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオフに設定した場合、以下の現象が発生する
    • ATOKインサイト(一時文書学習)が動作しない
    • ATOKイミクルがホットキーで起動できない

    JustSystems Corporationのバックグラウンド実行をオンにしてください

「macOS Monterey」での動作について

●ATOK for Mac(Tech Ver.32)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

Tech Ver.32.1以上
動作確認済みです。
常に最新のアップデータを適用して、ご利用ください。
→ATOK for Mac 定額制アップデータへ

以下、現象を確認しています。

  • OSをmacOS 12にバージョンアップした場合に、入力メニューから外れる
    入力メニューへの追加を行ってください。追加方法については、以下を参照してください
    → macOS 12にアップデートすると、入力メニューの一覧にATOKの入力モードが表示されなくなった
  • ATOKの入力モードを変更しようとすると、フルディスクアクセスの許可を求められる
    ATOK入力モード設定ツールのフルディスクアクセスを許可する必要があります。手順については、以下を参照してください。
    → macOS 12の環境で、入力メニューの一覧のATOKの入力モードを変更する方法
  • 入力メニュー初期化ツールが正常に動作しない
    macOS 12では正常に動作しないため、実行しないでください
  • システム環境設定が起動し、入力プログラムを有効にする許可を求められる
    ATOKをインストールした後のログイン時と、ATOK 環境設定で入力メニューに入力モードを追加したときに、システム環境設定が起動し、以下のようなメッセージが表示されます。[OK]をクリックして、許可してください。
    • ATOKインストール後のログイン時
      “ATOK_Enabler”が他社製の入力プログラム“ATOK”を有効にしようとしています。
    • ATOK 環境設定による入力モードの追加の場合
      “ATOK 環境設定”が他社製の入力プログラム“カタカナ(ATOK)”を有効にしようとしています。

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

動作確認済みです。
最新のアップデータを適用して、ご利用ください。
→ J-Licenseでご利用のATOK 2017 for Mac(法人向け)のためのアップデータへ

以下、現象を確認しています。

  • OSをmacOS 12にバージョンアップした場合に、入力メニューから外れる
    入力メニューへの追加を行ってください。追加方法については、以下を参照してください
    → macOS 12にアップデートすると、入力メニューの一覧にATOKの入力モードが表示されなくなった
  • OSをmacOS ATOKの入力モードを入力メニューから削除しても、ログアウトすると復活する
    ATOK 環境設定のフルディスクアクセスを許可する必要があります。手順については、以下を参照してください
    → macOS 12で、入力メニューから削除したATOKの入力モードが、ログインし直すと入力メニューに表示される
  • 入力メニュー初期化ツールが正常に動作しない
    macOS 12では正常に動作しないため、実行しないでください
  • システム環境設定が起動し、入力プログラムを有効にする許可を求められる
    ATOKをインストールした後のログイン時と、ATOK 環境設定で入力メニューに入力モードを追加したときに、システム環境設定が起動し、以下のようなメッセージが表示されます。[OK]をクリックして、許可してください。
    • ATOKインストール後のログイン時
      “ATOK_Enabler”が他社製の入力プログラム“ATOK 2017”を有効にしようとしています。
    • ATOK 環境設定による入力モードの追加の場合
      “ATOK 環境設定”が他社製の入力プログラム“カタカナ(ATOK)”を有効にしようとしています。

Apple Siliconプロセッサ搭載のMacでは、Rosetta2(ロゼッタ2)* による動作となります。
(*)IntelベースのアプリケーションをApple Siliconプロセッサ搭載のMac用に変換して実行します。
なお、Rosetta2は、初めてIntelベースのアプリケーションをインストールする場合にインストールが必要です。ATOKインストーラー起動時に確認ダイアログが表示される場合があります。

Apple Silicon搭載Macで、macOS をアップデートした場合のご注意

OSのアップデートを行うと、Rosettaが削除され、ATOK 2017 for Mac(法人向け)で入力ができなくなる場合があります。
入力できるようにするには、Rosettaのインストールが必要※となります。 お手数ではございますが、以下の通りの操作をお願い申し上げます。
※他のアプリケーション動作のため、Rosettaのインストールができている場合は不要です。

操作手順

  1. Finderで[アプリケーション]フォルダを開き、[JustSystems]フォルダ - [ATOK 2017]フォルダを開きます
  2. 「ATOK スタートアップツール」をダブルクリックしてください
  3. 「Rosetta」のインストールを求める表示が出るため、画面に従ってインストールしてください
  4. Macを再起動します
  5. ATOKなどRosettaが必要なアプリケーションが利用可能な状態に戻ります

「macOS Big Sur」(Intel版)での動作について

●ATOK for Mac(Tech Ver.32)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

アップデータを導入することにより、以下の現象を回避します。

「macOS Big Sur」(Apple Silicon版)での動作について

●ATOK for Mac(Tech Ver.32)(ATOK for Mac 定額制サービス・ATOK Passport用)

  • Tech Ver.32.1以上
    Apple Siliconプロセッサ搭載Macへの正式な対応しています。
    常に最新のアップデータを適用して、ご利用ください。
    →ATOK for Mac 定額制アップデータへ
  • Tech Ver.32.0
    上記の通り、Tech Ver.32.1で正式な対応となりますので、最新のアップデータを適用して、ご利用ください。

●ATOK 2017 for Mac(法人向け)

現状のプログラムにおいても
Rosetta2(ロゼッタ2)により、基本的な動作に関しては確認済みです。

最新の「macOS Big Sur」(Intel版)のアップデータを適用してください。

→J-Licenseでご利用のATOK 2017 for Mac(法人向け)のためのアップデータへ

Rosetta2(ロゼッタ2)* により、基本的な動作に関しては確認済みです。
(*)IntelベースのアプリケーションをApple Siliconプロセッサ搭載のMac用に変換して実行します。
なお、Rosetta2は、初めてIntelベースのアプリケーションをインストールする場合にインストールが必要です。ATOKインストーラー起動時に確認ダイアログが表示される場合があります。


macOS Big Sur 11.3以前にインストール済みの場合のご注意 (2021/05/25)

macOS Big Sur 11.4へOSアップデートした後、ATOK 2017 for Mac(法人向け)で入力ができなくなる現象を確認しています。 入力できるようにするには、Rosettaのインストールが必要※となります。 お手数ではございますが、以下の通りの操作をお願い申し上げます。
※他のアプリケーション動作のため、Rosettaのインストールができている場合は不要です。

操作手順

  1. Finderで[アプリケーション]フォルダを開き、[JustSystems]フォルダ - [ATOK 2017]フォルダを開きます
  2. 「ATOK スタートアップツール」をダブルクリックしてください
  3. 「Rosetta」のインストールを求める表示が出るため、画面に従ってインストールしてください
  4. Macを再起動します
  5. ATOKなどRosettaが必要なアプリケーションが利用可能な状態に戻ります
本情報の内容は、予告なく変更することがあります。
Apple、Mac、macOS、OS X、Macintosh、Cocoa、Safari、Spotlight、iTunesは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Intelは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
本ページに記載のその他の製品名は、ジャストシステムまたは各社の登録商標です。