2018.06.05

「ATOK Passport」のMac向け日本語入力システムを
本日より、最新プログラムに更新
〜「macOS Mojave」への対応を保証 〜

 株式会社ジャストシステムは、「ATOK Passport」のMac向け日本語入力システムを、最新プログラムである「ATOK for Mac (Tech Ver.31)」に、本日より更新します。
 「ATOK for Mac(Tech Ver.31)」では、入力ミスを自動修復して適切な入力の支援を行う機能にディープラーニングを適用することで強化し、「ATOKディープコレクト」として新搭載しました。

 なお、アップル社より今秋提供予定の「macOS Mojave」に、「ATOK for Mac (Tech Ver.31)」が対応することを保証します※1

「ATOK for Mac (Tech Ver. 31)」の特長

入力支援機能「ATOKディープコレクト」で、入力ミスの修復率が35%向上

 これまで「ATOK」に取り込めなかった日本語の特徴を、最新AI技術であるディープラーニングを使って抽出し、従来の変換アルゴリズムに組み込んだ「ATOKディープコアエンジン」を強化しました。これにより、さらに自然な日本語変換を実現しました。

 今回、入力ミスを自動修復して適切な入力を支援する機能にもディープラーニングを適用し、新機能「ATOKディープコレクト」として搭載しました。過去に誤入力からの訂正を行ったことがない文字列についても、入力ミスをした場合に自動修復して適切な変換が行えるようになり、入力ミスの修復率が35%向上しました※2

自身のミス傾向を把握できる「ATOKマンスリーレポート」を提供※3

入力した文字数や誤入力などを月単位で計測し、自分のミス傾向を把握できる「ATOKマンスリーレポート」を月初に表示します。入力に便利な方法も紹介していきます。




※1「ATOK Passport」「ATOK Passport [プレミアム]」で提供する「ATOK for Mac」に加えて、「ATOK 2017 for Mac」も、「macOS Mojave」への対応を保証します。最新情報は、「ジャストシステム製品のmacOS対応状況ページ」で本日より公開していきます。

▼ジャストシステム製品のmacOS対応状況ページ

https://www.justsystems.com/jp/os/macosx/

※2ディープラーニング技術適用前 (「ATOK 2017 for Mac」) との比較。当社調べ。「shift+deleteキー」で、自動修復した結果は取り消すことができます。打鍵したままの変換結果を提示し、確定した場合は、次回以降、自動修復しなくなります。

※3「ATOK」をその月に初めて使用したときに、レポートが参照可能であることを通知します。「ATOKメニュー」から表示させることも可能です。QWERTYキーボードのどのあたりの文字を入力し直すことが多いのかなどを視覚的に振り返ることができます。


「ATOK for Mac (Tech Ver. 31)」の概要

提供開始日

2018年 6月 5日(火)

価格

「ATOK Passport [ベーシック]」 286円 (税別)

「ATOK Passport [プレミアム]」 476円 (税別)

「ATOK Passport」は、常に最新の「ATOK」を、Windows、Mac、Android搭載のデバイス10台まで利用できるサービスです。プラットフォームを問わず、お手持ちのデバイスをすべて同期して、使い慣れた入力環境に統一することができます。

申し込みは、オンラインショッピングサイト「Just MyShop」で受け付けます。

申し込み月は無償となり、翌月の利用から課金の対象となります。

ユーザーが解約しない限り、契約は自動更新されます。

支払い方法は、クレジットカードのみです。

契約情報の確認のため、14日に一度のインターネット接続が必要です。

動作環境

OS:
macOS High Sierra (10.13)、macOS Sierra (10.12)、OS X El Capitan (10.11)  各日本語版が正しく動作するパソコン
CPU / メモリ:
Intelプロセッサを搭載したMacで、お使いのOSが推奨する環境以上
ハードディスク必要容量:
500MB 以上

お使いのハードディスクのフォーマット形式や確保容量などにより、必要容量は異なります。

* 記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。