株式会社ジャストシステムは、ファイルサーバーの肥大化原因を可視化し、重要度や利用状況などに応じて情報を整理できる「GDMS(Green Document Management System)」に、大幅に強化したアクセス権の管理機能を搭載した「GDMS 4.0 Enterprise」を、2月27日(金)より発売します。ファイルサーバーの肥大化対策とともに、コンプライアンス対策を同時に実現できます。価格は、230万円(税別)からです。

 「GDMS Enterprise」は、肥大化対策が行えるファイルサーバー統合管理システムです。何ヶ月もアクセスされていないファイルや内容が重複しているファイル、ファイル名が類似しているバージョン違いのファイルなどを可視化し、削除や移動などの整理が行えます。不要ファイルの整理を定期的に自動実行することで、効率的なファイルサーバーの運用と情報の品質向上が可能になります。

 「GDMS 4.0 Enterprise」では、ファイルサーバーの肥大化対策とともに、アクセス権管理まで一元的に行えるよう強化しました。ユーザー部門におけるファイルサーバーの利用効率化とコンプライアンス対策を両立でき、情報システム部門の作業負担を大幅に軽減できます。
 「GDMS 4.0 Enterprise」の主な特長は、下記のとおりです。


ファイルやフォルダーのアクセス権管理機能を大幅に強化

 ファイルサーバーに存在するファイルやフォルダーのアクセス権を、「GDMS Enterprise」から簡単に追加や変更、削除できます。アクセス権設定の変更履歴を保持でき、特定のユーザーやグループを指定してアクセス権を一覧できるので、変更漏れなどをすばやく発見できます。また、アクセス権に有効期限を設定して、人事異動や組織変更のスケジュールに合わせて一括変更が可能です。定期的なアクセス権の棚卸しや監査を支援し、情報漏えいのリスクを低減します。

「共有フォルダー作成」「クォータ設定」「Active Directoryグループ管理」機能を標準搭載

 ファイルサーバーへの共有フォルダー作成や、クォータによるファイル容量の制限を「GDMS Enterprise」から設定できます。また、Active Directoryグループの作成や、メンバーの追加や変更、削除が行えるので、フォルダーに対するアクセス権をActive Directoryグループ単位で設定している場合でも、「GDMS Enterprise」だけでアクセス権の管理が可能です。

「セルフサービスポータル」機能で、アクセス権の変更申請や承認フローを簡単に構築

 各フォルダーやActive Directoryグループの管理者に対して「GDMS Enterprise」上でアクセス権設定の変更申請を行い、承認された内容をファイルサーバーに自動反映する「セルフサービスポータル」機能を搭載しています。従来、ユーザー部門からメールなどで申請された内容を情報システム部門が確認し、手作業で設定した後、作業完了の連絡をしていたプロセスをシステム化できるため、情報システム部門の作業負担を大きく軽減します。



製品概要

名称

ファイルサーバー統合管理システム「GDMS 4.0 Enterprise」

発売日

2015年2月27日(金)

価格

「GDMS 4.0 Enterprise(1TB)」230万円(税別)から

動作環境

GDMSサーバー

OSWindows Server(R) 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server(R) 2008 R2
Windows Server 2008
CPUXeon 5000シリーズ相当以上を推奨
メモリ8GB以上
ブラウザInternet Explorer 8以上
ハードディスク必要容量ソフトウェア容量として2GB

分析情報分の容量が別途必要です。


スキャン対象となるファイルサーバー

-NTFS、ReFSまたは互換性のあるファイルシステム (FATは対象外)
-SMBまたはCIFSプロトコルでアクセス可能であること

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

詳細情報
お問い合わせ先
関連情報