株式会社ジャストシステムは、誰でも簡単に本格的なデータ分析が行え、可視化した課題とその要因についてメンバー間で認識を共有し、課題解決に向けたアクションを促す、オールインワンBIツール「Actionista!」(アクショニスタ)を、10月25日(金)より、新発売します。価格は、基本モデルの「Basic Edition」の場合で、500万円(税別)です。

 刻々と変化するビジネス環境への対応には、データに基づいた的確な現状把握とアクションプランの立案による業務へのフィードバックが不可欠です。しかし、従来のBIツールは分析スキルを前提とした専用ツールであり、また分析結果だけを提示しても、メンバー全員で同じようにデータを読み取り、課題について共通認識を持つのは難しいという問題がありました。
 そこで、ジャストシステムは、こういった問題をすべて解決し、全操作をブラウザ上で簡単に行える、クライアントフリーのBIツール「 Actionista!」を新たに開発しました。

 「Actionista!」の特長は、下記のとおりです。


専門的な分析スキルがなくても、誰でも簡単に本格分析

 分析に関する知識がなくても、欲しい情報を見たい視点で俯瞰できるよう支援します。あらかじめ設定されている分析軸や値をドラッグ&ドロップするだけで集計表やチャートを作成でき、自由に分析が行えます。また、対話形式でテンプレートに入力していくだけで、最適なチャートでデータを可視化することができます。集計表やチャートを貼り付けることでダッシュボードを作成でき、マウス操作のみで多角的な分析がすばやく行え、より効率的な課題の発見を実現します。

課題の要因を抽出し、分析視点を共有して、改善アクションの認識を統一

 ダッシュボードの分析結果に対して、注目ポイントにマークを付けたり、コメントを書き込んだりできる「アクションレポート」機能を搭載しています。分析結果をメンバーに提示するだけでなく、分析結果から導いた課題要因とその改善施策の共有まで行えます。データ分析から課題の把握、次のアクションへの意思決定を促進し、業務改善サイクルの精度とスピード向上を支援します。

インメモリ集計による高速集計を実現、ビッグデータにも対応

 集計するデータをメモリ上にすべて展開する「インメモリ型カラム指向集計エンジン」を標準搭載しています。ビッグデータの高速分析を実現し、分析時のストレスを軽減します。

データ取り込み設定はウィザード形式で簡単実行

 RDBやCSVで提供されるユーザーデータの取り込みから、データの型変換・文字列処理などのクレンジング処理、取り込んだデータをどのように分析するかの定義まで、すべてWebUIによるワンストップ処理を実現しています。設定はSQLなどの専門知識がなくても行え、設定後の処理は定期実行ジョブとして登録され、すべて自動化されるので、日々の運用の手間を軽減します。

導入から、運用管理・保守コストまでトータルに低減

 クライアントフリーのサーバーライセンスのため、低コストで全社展開が可能です。また、ビッグデータ分析を可能にしながら、Windowsサーバー1台でシステムを実現できるため、運用管理・保守コストを低減します。管理者から利用者まで、すべて同じサーバー上で作業できるよう設計しているので、別途、開発環境や専用ツールは不要です。属人的な作業を排除し、運用・保守を継続的に支援します。



製品概要

名称

データ集計の次が見えるBIソフト「Actionista!」

発売日

2013年10月25日(金)

価格

「Basic Edition」500万円(税別)から

動作環境

OS Windows Server 2008 Service Pack 2 (64ビット版) Standard / Enterprise /Datacenter※1 
Windows Server 2008 R2 Service Pack1 Standard /Enterprise / Datacenter※1
Windows Server 2012Standard/ Datacenter※2

※1Web/ Itanium/ HPCエディション、Server Coreインストールオプションは動作対象外です。

※2Foundation/ Essentoalsエディションは動作対象外です。

ブラウザ Internet Explorer 10/9(推奨)/8
Firefox(R) ESR 17以上

Web ブラウザーの設定で、JavaScript とCookieを有効にする必要があります。

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

詳細情報
お問い合わせ先
関連情報